メインメニューを開く

三浦 龍輝(みうら りゅうき、1992年5月17日 - )は、東京都町田市出身のサッカー選手Jリーグジュビロ磐田所属。ポジションはゴールキーパー(GK)明治大学商学部[3]卒。

三浦 龍輝 Football pictogram.svg
名前
愛称 リューキ[1]
カタカナ ミウラ リュウキ
ラテン文字 MIURA Ryuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-05-17) 1992年5月17日(27歳)
出身地 東京都町田市[2]
身長 181cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション GK
背番号 36
利き足 右足[1]
ユース

2008-2010
2011-2014
町田JFC
FC東京U-18
明治大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015 柏レイソル 0 (0)
2016 AC長野パルセイロ 15 (0)
2017- ジュビロ磐田 2 (0)
代表歴
2007-2008  日本 U-15/16
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

スキー一家で育ち、小学1年生時からサッカーを始める[3]。小学6年生時にGKに転向し[4]、中学生の頃からGKに専念[3]

2008年にFC東京U-18に加入し2010年にはトップチーム2種登録されている[5]。同期には松藤正伸武藤嘉紀江口貴俊佐々木陽次廣木雄磨[2]2009年のU-17ワールドカップを目指す日本代表の候補でもあったが、2008年9月に肩の脱臼により[3]AFC U-16選手権出場を辞退[6]。以後、同代表に復帰することは叶わなかった。

2011年、松藤と共に明治大学へ進学し、サッカー部に所属。3期上の高木駿が卒業した2年時から正GKの座を掴んだ。2014年は自ら立候補して主将を務め[7][8]リーグ戦での最少失点を記録。足元の技術に長け[7]スウィーパーさながらの高い位置取りから[9]多様なキックで[10]ビルドアップにも貢献[9]。体格の小ささを補って余りあるプレーぶりから[8]、同世代のGKの中でNo.1と評価されていた[11]

2015年、Jリーグ柏レイソルに加入するも[12]出場機会の無いまま1年限りで契約満了[13]

2016年、AC長野パルセイロへ移籍[14][15]。同年のJ3開幕節大分戦でJリーグ初出場を果たした。

2017シーズンよりジュビロ磐田に完全移籍することが発表された[16]。6月21日、天皇杯2回戦のHonda FC戦で移籍後初先発し、PK戦でHondaのキッカー4人のPKをストップし、磐田の3回戦進出に貢献した[17]

2018年はカミンスキーがJ1第2節・対名古屋グランパス戦の前日に負傷したことから、同試合に急遽スタメンとしてフル出場し、J1リーグデビューを果たした[18]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 明治大 1 - - - 2 0 2 0
2015 35 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2016 長野 31 J3 15 0 - 2 0 17 0
2017 磐田 36 J1 0 0 0 0 4 0 4 0
2018 2 0 4 0 3 0 9 0
2019
通算 日本 J1 2 0 4 0 7 0 13 0
日本 J3 15 0 - 2 0 17 0
日本 - - - 2 0 2 0
総通算 17 0 4 0 11 0 32 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2015 35 0 0
通算 AFC 0 0

代表歴編集

タイトル編集

脚注編集

  1. ^ a b 『Jリーグ選手名鑑2016 J1・J2・J3 (エルゴラッソ特別編集)』三栄書房、2016年、263頁。
  2. ^ a b FC東京U-18 選手紹介”. 2010年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月18日閲覧。 FC東京
  3. ^ a b c d 大学蹴球 注目! この人 三浦龍輝/明大・GK 前編 日刊スポーツ (2014年4月2日)
  4. ^ AC長野の新戦力・GK三浦龍輝 守備範囲と足元の技術強み 信濃毎日新聞 (2016年2月14日)
  5. ^ 登録選手追加・変更・抹消のお知らせ Jリーグ (2010年9月3日)
  6. ^ U-16日本代表(AFC U-16選手権 ウズベキスタン2008)選手入れ替え 日本サッカー協会 (2008年9月16日)
  7. ^ a b 大学蹴球 注目! この人 三浦龍輝/明大・GK 後編 日刊スポーツ (2014年4月3日)
  8. ^ a b <首都スポ>三浦主将 明大Vだ 最後のリーグ戦&全日本選手権 東京中日スポーツ (2014年6月11日)
  9. ^ a b 守護神にしてドリブラー。利き手は右だが左投げという新加入選手・三浦龍輝の謎 blogola (2015年2月15日)
  10. ^ 大学サッカー 早稲田大・近藤貴司 『とにかくキックの種類が豊富です。』 blogola (2014年5月16日)
  11. ^ 2015年の君たちは――。東京ヴェルディユース、花の92年組を追って:第9回 松澤香輝 (7/7) フットボールチャンネル (2014年8月21日)
  12. ^ a b c d 明治大学 三浦龍輝選手 新加入のお知らせ 柏レイソル (2015年2月13日)
  13. ^ 契約満了選手のお知らせ 柏レイソル (2015年12月5日)
  14. ^ 三浦龍輝選手 AC長野パルセイロへ移籍 柏レイソル (2016年1月6日)
  15. ^ 新加入選手のお知らせ AC長野パルセイロ (2016年1月6日)
  16. ^ “三浦 龍輝選手が完全移籍加入” (プレスリリース), ジュビロ磐田, (2017年12月21日), http://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=5225&year=2016&month=12 2018年11月4日閲覧。 
  17. ^ 磐田3回戦進出 PK戦GK三浦が好セーブ勝利呼ぶ”. 日刊スポーツ (2017年6月21日). 2018年11月4日閲覧。
  18. ^ 【磐田 vs FC東京】 ウォーミングアップコラム:チャンスを掴み飛躍を遂げる三浦龍輝J's GOAL(2018年3月9日)
  19. ^ 【AFC U-16選手権予選】U-15日本代表チームメンバー 日本サッカー協会 (2007年10月10日)
  20. ^ U-16日本代表チーム (2008サニックス杯国際ユースサッカー大会 3/18-23) 日本サッカー協会 (2008年3月10日)
  21. ^ U-16日本代表チームメンバー (AFC U-16選手権 ウズベキスタン2008) 日本サッカー協会 (2008年9月12日)
  22. ^ 「アミノバイタル」カップ2013 第2回関東大学サッカートーナメント大会 最終結果”. 2013年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月10日閲覧。 関東大学サッカー連盟 (2013年6月9日)

関連項目編集

外部リンク編集