三輪 寿壮(みわ じゅそう、1894年明治27年)12月15日[1]1956年昭和31年)11月14日[2])は日本弁護士法律家政治家労働農民党書記長、日本労農党書記長、第二東京弁護士会会長、衆議院議員

三輪 寿壮
みわ じゅそう
Juso miwa.jpg
三輪寿壮の肖像写真
生年月日 1894年12月15日
出生地 福岡県糟屋郡蓆内村
没年月日 1956年11月14日
死没地 東京都文京区
出身校 東京帝国大学法学部独法科 卒業
第一高等学校 卒業
前職 弁護士
所属政党労働農民党→)
日本労農党→)
日本大衆党→)
全国大衆党→)
(全国労農大衆党→)
社会大衆党→)
(無所属→)
日本社会党→)
社会党右派→)
日本社会党
称号 従四位
勲三等旭日章

日本の旗 衆議院議員(2-4期)
選挙区 旧東京3区
当選回数 3回
在任期間 1952年10月2日 - 1956年11月14日

日本の旗 衆議院議員(1期)
選挙区 東京府第5区
当選回数 1回
在任期間 1937年5月1日 - 1942年4月30日
テンプレートを表示

来歴・人物編集

福岡県糟屋郡蓆内村(現・古賀市)に、蓆内村村長などを務めた三輪健太郎の長男として生まれる。大正3年(1914年)福岡県立中学修猷館[3]、大正6年(1917年)第一高等学校独法科[4]を経て、大正9年(1920年東京帝国大学法学部卒業。一高・東大の同期であり、首席を争った岸信介我妻栄蠟山政道とは生涯の親友であった[5]。東大在学中に吉野作造民本主義の影響を受け、大正8年(1919年)には、麻生久赤松克麿らと新人会の創設期に参加している[6]

東京帝大卒業後、弁護士となり、細野三千雄らとともに、日本労働総同盟日本農民組合の法律顧問として、労働争議小作争議で闘い、その過程で賀川豊彦松岡駒吉と出会う[7]。大正10年(1921年)、ナプボルツ時計工場同盟罷業の前後より社会主義に強く傾倒し、日本社会主義同盟に加盟。これにより、内務省警保局は大正11年(1922年)頃に三輪を「思想要注意人」に指定している。

大正15年(1926年労働農民党書記長となり、同年末、同党中間派が集まった日本労農党が発足するとその書記長に就任。中間派無産政党の離合集散の後、昭和7年(1932年)、無産政党の統一体である社会大衆党の創設に参加する。弁護士・法律家の立場を生かして労働組合法案、小作法案・小作組合法案、健康保険法案の策定、工場法の改正などに尽力[5]。昭和12年(1937年)、第20回衆議院議員総選挙に東京で社会大衆党から立候補し、反ファッショ社会民主主義的公約をかかげ、衆議院議員に初当選。その後は広義国防を中心とする政治活動に加え[8]河合栄治郎公判の弁護を側面から支援し[9]ゾルゲ事件では尾崎秀実の親族の依頼を受け、官選弁護人の選任を務めている[10]

昭和15年(1940年)、日中戦争の激化で社会大衆党が解体後、近衛文麿新体制運動に協力し、太平洋戦争中は大政翼賛会連絡部長、大日本産業報国会厚生部長を歴任する。後に政治的転向と批判されるが、国民生活の安定と労働者擁護の姿勢は貫いていた[11]

戦後は公職追放となり弁護士業に専念。極東国際軍事裁判に備えて、岸信介の家族と、実弟の佐藤栄作からの依頼により、岸信介の弁護を担当している[12]。追放解除後、昭和26年(1951年)、第二東京弁護士会会長および日本弁護士連合会副会長に就任し、東大病院輸血梅毒事件の弁護、昭和電工事件では西尾末広の弁護などを行う[13]

昭和27年(1952年)、第25回衆議院議員総選挙において旧東京3区目黒世田谷が地域であった)から衆議院議員に返り咲くと、社会党右派の重鎮として活躍。昭和30年(1955年)、鈴木茂三郎河上丈太郎らと左右社会党の統一を成し遂げる。「寝業師」と揶揄されながらも左派党員と誠実に交渉を重ね、悲願の統一実現を陰で支えた[5]

「三輪投げ」と呼ばれる豪快な投げ技で鳴らした柔道家だったが、統一に伴う心労などが重なり、昭和31年(1956年)11月14日、肺臓癌により東大病院において死去。享年61。日本社会党党葬が営まれた。混迷を深める現在の政治状況において、社会民主主義あるいは民主社会主義の観点からの社会党右派、そして三輪寿壮の再評価が求められている[14]

エピソード編集

 
1955年

岸信介は、親友である三輪と連絡を取り合って二大政党制を目指し1955年、三輪は社会党再統一、岸は保守合同自由民主党結成)を成し遂げた(55年体制)。しかしその翌年、三輪は世を去った。岸は三輪の葬儀において自ら買って出て弔辞を読み、「本当に残念だ。これで政権を渡す相手がいなくなった」と嘆いた。孫の安倍晋三も『美しい国へ』(文藝春秋、2006年)の中で、岸政権下で初めて成立した国民年金法の背後に、社会保障政策に尽力したライバル・親友の三輪の存在があったのではと指摘する[14]

翻訳編集

親族編集

子に建築家の三輪正弘、医学者の三輪史朗がいる。孫の三輪建二は『祖父三輪寿壮』をまとめている。

伝記編集

  • 『三輪寿壮の生涯』三輪寿壮伝記刊行会編 三輪寿壮伝記刊行会、1966年。
  • 三輪建二『祖父 三輪寿壮―大衆と歩んだ信念の政治家』鳳書房、2017年。

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第七十一回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1937年、2頁。
  2. ^ 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』1962年、p.484
  3. ^ 『修猷館同窓会名簿 修猷館235年記念』(修猷館同窓会、2020年)同窓会員11頁
  4. ^ 『第一高等学校一覧 第19年度(昭和16年至17年)(附録)』(第一高等学校編、1941年)188頁
  5. ^ a b c 三輪建二『祖父三輪寿壮』(鳳書房、2017年)より
  6. ^ H・スミス『新人会の研究』(東京大学出版会、1987年)、古川江里子「新人会」筒井清忠編『大正史講義』(ちくま新著、2021年)より
  7. ^ 『民主社会主義』No.54 三輪寿壮追悼特別号(1957年)より
  8. ^ 坂野潤治『日本政治「失敗」の研究』(光芒社、2011年)より
  9. ^ 入江曜子『思想は裁けるか:弁護士・海野普吉伝』(筑摩書房、2011年)より
  10. ^ 尾崎秀実著、今井清一編『新編 愛情はふる星のごとく』(岩波書店、2003年)より
  11. ^ 間宮悠紀雄「弁護士三輪寿壮と公職追放特免申請書」(改革者、2018年9月)より
  12. ^ 塩田潮『「昭和の怪物」岸信介の真実』(ワック、2006年)より。
  13. ^ 西尾末広・中村菊男『西尾末広 思い出の人』(民主社会主義研究会議、1968年)より
  14. ^ a b 鯨岡仁『安倍晋三と社会主義』(朝日新書、2020年)より

参考文献編集

  • 内務省警保局編『思想要注意人名簿』1922年頃。
  • 「自分も社労族の端くれですー70年目の首相 アベノミクス2)」朝日新聞 2015年11月21日
  • 坂野潤治『近代日本の構造ー同盟と格差』講談社現代新書、2018年
  • 間宮悠紀雄「弁護士三輪寿壮と公職追放特免申請書-書評 祖父三輪寿壮」『改革者』2018年9月
  • 山𦚰直司「書評 祖父三輪寿壮ー大衆と歩んだ信念の政治家」『共生科学研究』14号、2018年
  • 鯨岡仁『安倍晋三と社会主義』朝日新書、2020年
  • 古川江里子「新人会」筒井清忠編『大正史講義』ちくま新著、2021年
  • 古賀市・古賀市教育委員会『わたしたちのこが:ふるさと古賀を知るガイド』2021年

関連項目編集

外部リンク編集