メインメニューを開く

中原宏

中原 宏(なかはら ひろし、1923年8月29日 - 1986年9月27日)は、岐阜県岐阜市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ解説者

中原 宏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県岐阜市
生年月日 1923年8月29日
没年月日 (1986-09-27) 1986年9月27日(63歳没)
身長
体重
171 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1943年
初出場 1943年
最終出場 1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

目次

経歴編集

実家は風呂屋。旧制享栄商業学校卒業後、1943年阪神軍へ入団したが、僅か1年で召集され戦地へ赴く。

1946年3月、ソ連抑留が解けて外蒙古から岐阜へ帰郷したところへ岐阜商業野球部OBの村瀬保夫から「岐阜商OBで野球チームを作るが特別に参加して欲しい」と声をかけられ、大日本土木の下請け会社である帝国木工に入社し[1]、チームに参加。同年の第17回都市対抗野球岐阜市代表・大日本土木のエース兼5番打者として出場。全試合を完投して優勝を果たし、戦後初の橋戸賞を受賞した[1]1947年第18回大会にもエースとして出場。2連覇を達成し[1]、久慈賞を受賞[1]

1948年南海ホークスへ入団し、真っ向上段から直角に近く曲り込むドロップを武器に同年は13勝を挙げる[1]。立ち上がりやコントロールが悪く、1949年には当時の日本新記録である1イニング3暴投を記録(現在は最多タイ)。1955年オフに現役を引退。

現役引退後は、南海(1956年 - 1958年1980年 - 1982年1984年 - 1985年二軍投手コーチ, 1961年 - 1965年一軍投手コーチ, 1983年二軍ヘッド兼投手コーチ, 1959年 - 1960年スカウト, 1986年球団顧問)、サンケイ1966年 - 1967年ヘッドコーチ)、近鉄1969年 - 1973年一軍投手コーチ)、阪急1976年 - 1977年二軍投手コーチ, 1978年 - 1979年一軍投手コーチ)でコーチ・スカウトを歴任。また、サンケイのコーチをしていた1967年には監督代行を5月下旬から7月上旬まで務め、当時のチーム記録の9連勝を記録し29試合で16勝12敗と勝ち越した[2]。コーチ業の合間を縫って、朝日放送野球解説者1968年)を務めた。

1986年9月27日死去。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1943 阪神 9 5 1 0 0 1 1 -- -- .500 173 38.2 28 0 28 -- 0 21 0 0 17 12 2.77 1.45
1948 南海 35 25 11 3 0 13 7 -- -- .650 779 193.2 149 4 72 -- 1 54 3 1 60 49 2.27 1.14
1949 46 28 12 0 0 13 13 -- -- .500 1116 253.2 254 22 112 -- 4 112 4 2 151 119 4.22 1.44
1950 33 22 8 1 1 10 12 -- -- .455 758 176.1 172 13 62 -- 2 77 0 1 89 66 3.36 1.33
1951 8 5 1 0 0 4 1 -- -- .800 144 33.0 38 1 14 -- 0 9 2 0 15 13 3.55 1.58
1952 33 23 6 0 1 11 5 -- -- .688 730 178.2 156 15 56 -- 3 84 2 2 67 56 2.82 1.19
1953 26 16 5 4 1 8 5 -- -- .615 498 118.0 129 7 34 -- 2 42 1 0 52 47 3.58 1.38
1954 19 15 4 2 0 7 8 -- -- .467 365 90.1 74 6 32 -- 0 31 1 0 29 27 2.67 1.17
1955 4 4 0 0 0 0 0 -- -- ---- 49 10.1 13 0 8 0 0 4 0 0 5 5 4.09 2.03
通算:9年 213 143 48 10 3 67 52 -- -- .563 4612 1092.2 1013 68 418 0 12 444 13 6 485 394 3.24 1.31

背番号編集

  • 9 (1943年)
  • 6 (1948年 - 1949年)
  • 18 (1950年 - 1955年)
  • 62 (1956年 - 1958年)
  • 60 (1961年 - 1967年)
  • 50 (1969年 - 1973年)
  • 64 (1976年 - 1979年)
  • 82 (1981年 - 1982年)
  • 71 (1983年 - 1985年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e 南海ホークス栄光の歴史―1938ー1988、ベースボール・マガジン社、2012年、P54
  2. ^  [完全保存版] 草創期から支え続けた147人の監督列伝 日本プロ野球昭和の名将、ベースボール・マガジン社、2012年、P96

関連項目編集