乗代 雄介(のりしろ ゆうすけ、1986年 - )は、日本の小説家東京都葛飾区在住[1]

乗代 雄介
(のりしろ ゆうすけ)
誕生 1986年6月??
日本の旗 日本 北海道
職業 小説家
最終学歴 法政大学社会学部メディア社会学科卒業
主な受賞歴 第58回群像新人文学賞(2015年)
第40回野間文芸新人賞(2018年)
デビュー作 「十七八より」(2015年)
テンプレートを表示

来歴編集

北海道江別市生まれ。幼少期に東京都練馬区に移る。中学生のとき、「侍魂」などのテキストサイトが流行していたこともありブログ文章を書き始める。ブログのタイトルは、キンクスの曲名に由来する「ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ」。高校時代から、読んだ本の気に入った部分をノートに書き写すという習慣を持つようになる。ブログを創作の原点と考えているという[2]

法政大学社会学部メディア社会学科卒業後、学習塾に勤務。2015年、第58回群像新人文学賞を「十七八より」[3]で受賞。受賞時の職業は塾講師[4]

2018年、『本物の読書家』で第40回野間文芸新人賞受賞。2019年「最高の任務」で第162回芥川龍之介賞候補。

作品リスト編集

単行本編集

  • 『十七八より』(2015年8月、講談社
    • 「十七八より」 - 『群像』2015年6月号
  • 『本物の読書家』(2017年11月、講談社) 
    • 「本物の読書家」 - 『群像』2016年9月号
    • 「未熟な同感者」 - 『群像』2017年7月号
  • 『最高の任務』(2020年1月、講談社)
    • 「生き方の問題」 - 『群像』2018年6月号
    • 「最高の任務」 - 『群像』2019年12月号
  • 『ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ』

単行本未収録編集

エッセイなど
  • 「任務の半ばにある風景」 - 『本』2020年2月号
  • 「サメじゃないから」 - 『はなはなし』第109号
  • 「患者のよろこび」 - 『はなはなし』第110号

脚注編集

  1. ^ 芥川賞候補に江別出身・乗代雄介さん
  2. ^ 作家の読書道 第217回:乗代雄介さん
  3. ^ タイトルは世阿弥風姿花伝」からの引用。
  4. ^ 毎日新聞 2015年9月9日 東京夕刊

外部リンク編集