メインメニューを開く

九州電機短期大学(きゅうしゅうでんきたんきだいがく、英語: Kyushu Electrics College[3])は、福岡県北九州市小倉南区蜷田若園1-2-24に本部を置いていた日本私立大学である。1965年に設置。大学の略称は電短。学生募集は2005年度まで[4]翌年度より学生募集を停止し、2008年2月28日 正式廃止[5]2007年度に、同法人は北九州電気専門学校を開校し、法人名を学校法人ぜんりょう学園に改称した。

九州電機短期大学
大学設置 1965年
創立 1957年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人九州電機学園
本部所在地 福岡県北九州市小倉南区蜷田若園1-2-24
学部 テクノプランニング学科
  電気科→電気電子科[1]
    第一部[1]
    第二部[2]
  情報システム科[1]
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 九州電機短期大学の学是は「質実剛健・自主独立」。

教育および研究編集

  • 当初は、電気に関する専門教育に特化していたが、1995年度より情報処理に関する専門教育も執り行うようになった。

学風および特色編集

  • 北九州市内にある短期大学と単位互換制度を行っていた[6]#他大学との協定を参照。
  • 北九州市内では唯一の理工系短大であった。
  • 女子を対象としたコースがあった(情報システム科女子コンピューターコース。かつては電気科第一部に置かれていた)。

沿革編集

  • 1957年 九州電気学校が創設される。
  • 1965年 九州電機工業短期大学(きゅうしゅうでんきこうぎょうたんきだいがく)として開学。電気科第一部を置く(学生数:男81、女0[7])。
  • 1967年 第二部が設置される[8]
  • 1973年 九州電機短期大学と改称。
  • 1994年 電気科を電気電子科に改組(学生数:男109、女4[9])。同時に情報システム科を増設(学生数:男55、女53[9])。
  • 2004年 電気電子科・情報システム科をテクノプランニング学科に統合。
  • 2005年3月31日をもって電気電子科・情報システム科を廃止[5]
  • 2005年度をもって学生募集を終了[4]
  • 2008年2月28日 正式廃止[5]

基礎データ編集

所在地編集

  • 福岡県北九州市小倉南区蜷田若園1-2-24

象徴編集

  • 九州電機短期大学のカレッジマークには篆刻化された縦文字の「大」と「学」との間に「EEC」の横文字を記したものとなっていた。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • テクノプランニング学科
    • 電気科→電気電子科
    • 情報システム科[1]

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

研究編集

  • 『電子情報通信学会総合大会講演論文集』[3]

学生生活編集

学園祭編集

  • 九州電機短期大学の学園祭は「足立祭」と呼ばれていた[6]

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 九州電機短期大学の同窓会は「五行会」と称する[10]

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

施設編集

キャンパス編集

  • 1966年には、鉄筋5階建が新築された[6]
  • 図書館・学生ホール・多目的ホールほか。図書館の所蔵資料数はおよそ18,000冊となっていた[6]

学生食堂編集

  • 九州電機短期大学には学生食堂(学食)が2箇所あった[6]

編集

  • 九州電機短期大学には指定民間寮があった。「コーポふみ」をはじめ多数の寮が用意されていた[6]

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

附属学校編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 募集は2003年度入学生まで。2005年4月1日廃止。
  2. ^ a b 募集は1988年度入学生まで。1992年1月27日廃止。
  3. ^ a b CiNiiより
  4. ^ a b テクノプランニング学科のみ。
  5. ^ a b c 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』293頁より。
  6. ^ a b c d e f g h i j 『2000 TECHNO COLLEGE 九州電機短期大学』より。
  7. ^ 昭和41年度版『全国学校総覧』、以下『総覧』38頁
  8. ^ 昭和43年度版『総覧』43頁に二部の記載なし。
  9. ^ a b 1995年度版『総覧』88頁
  10. ^ 五行会より。

関連項目編集

関連サイト編集