メインメニューを開く

亀井光代

亀井 光代(かめい みつよ、1943年12月8日[1][2][3] ‐ )は、日本女優。本名は同じ[3]

かめい みつよ
亀井 光代
本名 亀井 光代
生年月日 (1943-12-08) 1943年12月8日(74歳)
出生地 日本の旗,関東州(現•中国大連市)生まれ(長崎県育ち)
職業 女優
ジャンル テレビ・映画
主な作品
テレビドラマ
連続テレビ小説たまゆら』(1965年)

大連生まれ[1][3]長崎純心女子高校卒業[1][2][3]

目次

来歴・人物編集

1945年8月18日に長崎県の大村に引き揚げるが、採鉱技師の父親の仕事の関係で、小学校を北海道から九州まで10回変わる[3]。小学校時代は、1年生から4年生まで北海道で過し、小学5年生から再び長崎に戻るが、中学3年から高校卒業まで寄宿舎生活を送る[4]

1962年、長崎純心女子高校を卒業と同時に、NHKの演劇養成所に入り[3]1963年、NHKのテレビドラマ『父の恋人』でデビュー[1]。その後も、NHK連続テレビ小説たまゆら』にレギュラー出演するなど、テレビドラマで活躍した[1]。『たまゆら』では、笠智衆加藤道子の三女役を演じ、素直な演技が好評となる[3]。映画では、『俺たちの恋』や市川雷蔵の遺作となった『博徒一代 血祭り不動』などで清楚な娘を演じた[3]

花登筐脚本の『細うで繁盛記』や『どてらい男』に出演したことが縁で、花登が主宰していた劇団喜劇に1974年より4年間所属していた[5][3]1990年代前半にはホリプロに所属していた[2]

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

  • 俺たちの恋(1965年、松竹
  • 博徒一代 血祭り不動(1969年、大映) - お園
  • 用心棒 兇状旅(1969年、大映)
  • 秘録怪猫伝(1969年、大映) - 小夜
  • 真田幸村の謀略(1979年、東映) - 阿茶局
  • 巣立ちのとき 教育は死なず(1981年、共同映画全国系列会議)

バラエティー番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『読売新聞』1966年11月15日付朝刊、10面、ラジオ・テレビ欄。
  2. ^ a b c 『日本タレント名鑑1993』 VIPタイムズ社、1993年、455頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『日本映画人名事典』女優編 上巻、キネマ旬報社1995年、482頁。ISBN 4873761409
  4. ^ 「亀井光代に十年ぶりの団らん 両親の上京で、水入らずの明るい生活」(『週刊TVガイド』1968年9月20日号、38‐39頁)
  5. ^ 『日本映画俳優全集・女優編』キネマ旬報社(1980年12月)、201頁
  6. ^ 『朝日新聞』1966年3月12日付朝刊9面、ラジオ・テレビ欄。
  7. ^ 『毎日新聞』1966年9月29日付朝刊8面、ラジオ・テレビ欄。

外部リンク編集