会田照夫

会田 照夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県春日部市
生年月日 (1947-06-05) 1947年6月5日(69歳)
身長
体重
174 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1970年 ドラフト8位
初出場 1971年
最終出場 1980年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

会田 照夫(あいだ てるお、1947年6月5日 - )は、埼玉県春日部市出身の元プロ野球選手投手)。

アンダースロー投手であった。三男は元プロ野球選手で現在は読売ジャイアンツコーチの会田有志

目次

来歴・人物編集

小学6年から野球を始め、中学3年の時に遊撃手から投手に転向[1]

上尾高校では、1965年夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、大宮高に敗退し甲子園出場はならなかった。高校同期に江田幸一がいる。卒業後は高校時代の監督である野本喜一郎に引き連れられ、当時は東都大学リーグ二部に低迷していた東洋大学に進学。1年生の秋季リーグでは国士舘大戦でノーヒットノーランを記録し、同季に二部優勝。入替戦で芝工大を降し、5年ぶりに1967年春季リーグから一部昇格を果たす。一部でもエースとして奮闘するが初優勝には届かず、1968年春季リーグの3位が最高成績であった。一部リーグでは東洋大の通算全73試合のうち64試合に登板し、21勝32敗、防御率2.59、272奪三振。大学同期には細川昌俊(西濃運輸)らがいる。

卒業後は三協精機に進み、1970年都市対抗では電気化学に補強され出場。1回戦で日本生命に延長12回の熱戦の末に敗れたものの好投を見せた。同年のドラフト会議ヤクルトアトムズから8位指名を受け入団。同期指名には山下慶徳(1位)・若松勉(3位)・杉浦享(10位)・倉持明(12位、入団せず)らがいる。

ルーキーながら1971年から先発に定着。しかし5月20日の対巨人戦で、広野功に代打逆転サヨナラ満塁本塁打を浴びる[1]。同年は6勝を挙げたが、その後は球筋を他球団に研究され長く低迷する。しかし1976年には10勝を挙げ復活、翌年も9勝を記録した。1978年のヤクルト初優勝にも貢献するが、日本シリーズでの登板はなかった。1979年から一軍での登板機会が減少し、同年のイースタンリーグ最多勝を記録するものの、1980年限りで引退した[1]。引退後は家業の材木業を継いだ。

2007年4月26日に、三男の会田有志がプロ初勝利を挙げ、日本プロ野球史上初の父子による一軍での勝利投手となった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1971 ヤクルト 35 20 3 1 0 6 5 -- -- .545 578 138.2 116 18 43 4 11 67 1 0 62 58 3.76 1.15
1972 16 4 0 0 0 0 3 -- -- .000 133 30.1 34 9 12 0 4 13 0 0 27 26 7.71 1.52
1973 21 4 0 0 0 0 4 -- -- .000 197 42.0 57 4 14 1 2 27 0 0 34 27 5.79 1.69
1974 35 5 0 0 0 0 2 1 -- .000 283 68.2 67 10 24 2 2 31 0 0 27 25 3.28 1.33
1975 35 4 0 0 0 1 4 1 -- .200 292 72.0 71 10 23 3 3 51 1 0 26 24 3.00 1.31
1976 41 22 6 2 1 10 9 1 -- .526 723 177.1 161 25 42 0 6 95 1 0 80 71 3.60 1.14
1977 40 29 6 0 0 9 9 0 -- .500 749 174.1 204 25 37 1 5 100 2 0 90 83 4.28 1.38
1978 29 21 2 0 0 3 6 0 -- .333 406 90.2 111 15 29 5 4 34 1 0 65 53 5.26 1.54
1979 8 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 71 13.1 23 5 7 1 0 6 0 0 17 14 9.45 2.25
1980 13 3 0 0 0 0 1 0 -- .000 128 26.1 39 6 10 0 2 17 0 0 21 20 6.84 1.86
通算:10年 273 114 17 3 1 29 45 3 -- .392 3560 833.2 883 127 241 17 39 441 6 0 449 402 4.34 1.35

記録編集

表彰編集

背番号編集

  • 18 (1971年 - 1974年)
  • 12 (1975年 - 1980年)

脚注編集

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、2ページ

関連項目編集