住友不動産六本木グランドタワー

住友不動産六本木グランドタワー
Sumitomo Fudosan
Roppongi Grand Tower
Roppongi Grand Tawer1.JPG
レジデンス棟とオフィス棟
(2016年2月13日撮影)
施設情報
所在地 東京都港区六本木三丁目
12番41号 他[1]
座標 北緯35度39分52.56秒
東経139度44分15.58秒
座標: 北緯35度39分52.56秒 東経139度44分15.58秒
状態 完成
着工 2013年平成25年)10月28日
建設期間 2年5ヶ月(29ヶ月)
竣工 2016年(平成28年)3月末
開業 レジデンス棟 - 2016年(平成28年)4月入居
オフィス棟 - 2016年(平成28年)秋
用途 南街区 - オフィス施設、レジデンス施設、駐車場
北街区 - 商業施設
地上高
高さ オフィス棟 - 230.76m
レジデンス棟 - 109.05m
商業棟 - 9.00m
各種諸元
階数 オフィス棟 - 地下5階、地上40階
レジデンス棟 - 地下2階、地上27階
商業棟 - 地下2階、地上2階
敷地面積 全街区 - 19,200.00m2
南街区 - 17,371.73m2
北街区 - 1,830.00 m²
建築面積 全街区 - 11,010.00m2
南街区 - 9,800.00m2
北街区 - 1,210.00 m²
延床面積 全街区 - 201,820.00m2
オフィス棟 - 171,920.00m2
レジデンス棟 - 27,150.00m2
商業棟 - 2,750.00 m²
構造形式 オフィス棟 - 鉄骨造鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
レジデンス棟 - 鉄筋コンクリート造
商業棟 - 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
エレベーター数 オフィス棟 - 32基
駐車台数 約410台
関連企業
設計 日建設計
構造エンジニア 日建設計
施工 大成建設大林組、建築共同企業体
デベロッパー 住友不動産
所有者 六本木三丁目東地区市街地再開発組合

住友不動産六本木グランドタワー(すみともふどうさんろっぽんぎグランドタワー、Sumitomo Fudosan Roppongi Grand Tower)は、東京都港区六本木三丁目の六本木一丁目駅に近接する旧日本IBM本社ビルや、旧六本木プリンスホテル等の跡地に建設中の市街地再開発事業複合市街施設。オフィス施設、レジデンス施設、商業施設、駐車場等である。

2016年平成28年)、レジデンス棟が3月末竣工、4月より入居開始。オフィス棟も同年秋にオープンした。

目次

概要編集

六本木三丁目東地区は、立地的には東京メトロ南北線六本木一丁目駅に近接し、六本木通り放射1号線に面した好立地にある。再開発都市再生緊急整備地域であり、建物老朽化等の課題を背景に、権利者152余名により2008年(平成20年)「まちづくり検討会」が発足。そこから約8年間の歳月を必要とした。

開発区域内の旧日本IBM本社ビルやヴィラフォンテーヌ六本木アネックス(旧六本木プリンスホテル)跡地を含めた地区面積27,400m2の用地に、南街区にはオフィス棟(40階建、高さ230m)、レジデンス棟(27階建て、総戸数226戸)を、北街区には商業棟(3階建)の3棟の施設で構成されている複合再開発で、総延床面積は約20万m2(約6万坪)の規模である。

特徴としては、事業地が高低差があることや老朽建物が混在している、駅前に見合った開発が疎かだった等の課題があった。再開発により隣接する施設との調和を図り、地形の高低差を生かしたまちづくりと駅前の拠点整備が行われた。歩行者の利便性向上の面から、六本木一丁目駅に西口改札を新設、六本木通りと駅を結ぶ地下連絡通路を整備、通路内に地下鉄駅前広場と地下鉄連絡広場と商業店舗を設け、バリアフリー化のエレベーターを設置した。地域の防災機能向上の面から憩いの場となる広場を設け、災害用トイレスペースと防災用井戸を設置、災害時の一時避難場所として活用する。建物屋上に広場を設け、敷地内に散策路を整備。敷地外周部の区道を拡幅整備し、電線の地中化や歩道状空地を整備している[2]。また、オフィス棟には2016年11月7日よりテレビ東京の本社が入居している。

埋蔵文化財 - 常陸下館藩石川家屋敷跡
敷地内の南東部分は「常陸下館藩石川家屋敷跡」で、埋蔵文化財発掘届の提出が必要で、東京都港区教育委員会との協議を行う。それ以外部分については試掘調査を行い、埋蔵文化財等が確認された場合は、文化財保護法による適正な処置を行う[3]

沿革編集

  • 1971年昭和46年) - 日本IBM本社ビル竣工。
  • 1984年(昭和59年) - 六本木プリンスホテル開業。
  • 2006年平成18年)12月25日 - 六本木プリンスホテル閉業、住友不動産買収。
  • 2007年(平成19年)1月 - ビジネスホテルに改装、ヴィラフォンテーヌ六本木アネックス開業。
  • 2008年(平成20年)3月 - 「六本木三丁目東地区まちづくり協議会」発足。
  • 2009年(平成21年)
    • 1月 - 「六本木三丁目東地区市街地再開発準備組合」設立[2]
    • 10月 - 日本IBM本社、中央区日本橋の箱崎事業所に移転、住友不動産買収。
  • 2011年(平成23年)
    • 9月 - 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」都市計画決定
    • 11月20日 - ヴィラフォンテーヌ六本木アネックス閉業。
  • 2012年(平成24年)
    • 3月23日 - 東京都知事「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」再開発組合設立(事業計画)許可
    • 5月18日 - テレビ東京、六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業のビル内に移転を発表[4]
  • 2013年(平成25年)
    • 3月 - 権利変換計画認可
    • 10月28日 - 六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業の建築工事着手[5]
  • 2016年(平成28年)
    • 3月末 - レジデンス棟 建築工事完了
    • 4月末 - レジデンス棟 入居。
    • 秋 - オフィス棟オープン[2][6]

建築概要編集

  • 所在地 - 東京都港区六本木三丁目2番1号他
  • 地域地区 - 商業地域、防火地域、高度地区、都市再生緊急整備地域
  • 地区計画 - 再開発等促進区を定める地区計画
  • 主要用途
    • 南街区 - 事務所[7]、共同住宅(226戸)[8]、店舗、駐車場、他
    • 北街区 - 店舗、オフィス、他
  • 施行区域面積 - 27,400.00m2
  • 敷地面積
    • 全街区 - 19,200.00m2
    • 南街区 - オフィス棟・レジデンス棟 - 17,371.73m2
    • 北街区 - 商業棟 - 1,830.00m2
  • 建築面積
    • 全街区 - 11,010.00m2
    • 南街区 - 9,800.00m2
    • 北街区 - 1,210.00m2
  • 延床面積
    • 全街区 - 201,820.00m2
    • 南街区 - 199,070.00m2、オフィス棟 - 171,920.00m2、レジデンス棟 - 27,150.00m2
    • 北街区 - 商業棟 - 2,750.00m2
  • 構造・規模
    • 南街区 - オフィス棟 - 地下5階、地上40階、塔屋2階、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
    • 南街区 - レジデンス棟 - 地下2階、地上27階、鉄筋コンクリート造
    • 北街区 - 商業棟 - 地下1階、地上3階、鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
  • 基礎
  • オフィス棟 - 直接基礎
  • レジデンス棟 - 杭基礎
  • 地震対策
  • 建物高さ - オフィス棟 - 230.76m、レジデンス棟 - 109.05m、商業棟 - 9.00m
  • エレベーター - オフィス棟 - 90人乗4基、34人乗28基
  • 建築主 - 六本木三丁目東地区市街地再開発組合
  • 設計者 - 株式会社日建設計
  • 施工者 - 大成建設株式会社・株式会社大林組、建設共同企業体
  • 工期 - 2013年(平成25年)10月28日 - レジデンス棟 2016年(平成28年)3月末、4月末入居予定、オフィス棟 2016年(平成28年)秋予定
  • 公共施設
    • 南街区 - 広場 - 1,400m2、地下鉄駅前広場 - 750m2、地下鉄連絡通路 -幅員5 - 10m、歩道状空地
    • 北街区 - 広場 - 1,000m2、地下鉄連絡広場 - 530m2、地下鉄連絡通路 - 幅員5 - 10m、歩道状空地[10][2]

入居している主な企業編集

交通編集

鉄道[12]

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ 住居表示は東京都港区六本木三丁目2番1号(オフィス棟)、2号(レジデンス棟)
  2. ^ a b c d 六本木三丁目東地区市街地再開発組合の設立認可について - 東京都都市整備局(2012年3月22日)、2016年2月15日閲覧。
  3. ^ 環境影響評価手続きの進捗状況 (PDF) - 東京都環境局(2011年1月5日)、2016年2月15日閲覧。
  4. ^ a b テレビ東京が六本木・再開発地区に引っ越し - 30年ぶりに本社移転 - 六本木経済新聞(2012年5月18日)、2016年2月15日閲覧。
  5. ^ 六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業 住友不動産最大級のプロジェクト 建物本体工事に着手 (PDF) - 六本木三丁目東地区市街地再開発組合(2013年10月28日)、2016年2月15日閲覧。
  6. ^ 六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業 概要、計画内容、主な経過及び予定 - 東京都都市整備局(2015年7月31日)、2016年2月15日閲覧。
  7. ^ 六本木三丁目東地区プロジェクト 施設紹介 - 住友不動産(2014年)、2016年2月15日閲覧。
  8. ^ 六本木三丁目東地区第一種再開発事業施設建築物 住宅棟 - 住友不動産、2016年2月15日閲覧。
  9. ^ 六本木三丁目東地区プロジェクト、免震&制震構造 - 住友不動産(2014年)、2016年2月15日閲覧。
  10. ^ 六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業、再開発組合設立認可 (PDF) - 六本木三丁目東地区市街地再開発組合(2012年3月29日)、2016年2月15日閲覧。
  11. ^ 【移転】住友不動産の新築に特許庁、6300坪を利用 日経不動産マーケット情報、2015年3月2日
  12. ^ 六本木三丁目東地区プロジェクト アクセスマップ - 住友不動産(2014年)、2016年2月15日閲覧。

関連項目編集

近隣施設編集

外部リンク編集