メインメニューを開く

倉賀野駅

群馬県高崎市にある東日本旅客鉄道の駅

倉賀野駅(くらがのえき)は、群馬県高崎市倉賀野町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)のである。

倉賀野駅
南口(2006年4月)
南口(2006年4月)
くらがの
Kuragano
群馬県高崎市倉賀野町1797(JR東日本)
群馬県高崎市東中里町65(JR貨物)
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
日本貨物鉄道(JR貨物)
電報略号 ラノ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
1,849人/日(降車客含まず)
-2018年(平成30年)-
開業年月日 1894年明治27年)5月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 高崎線
キロ程 70.3km(大宮起点)
東京から尾久経由で100.8km
新町 (6.1km)
(4.4km) 高崎
所属路線 八高線
キロ程 92.0km(八王子起点)
高麗川から60.9km
北藤岡 (3.6km)
(-km) (高崎)*
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* 全列車が高崎駅まで乗り入れ。
テンプレートを表示
北口(2017年6月)
ホーム(2010年9月)

JR東日本の駅は倉賀野町1797番地に、JR貨物の駅は旅客駅の東側、東中里町65番地にある。

乗り入れ路線編集

高崎線八高線が乗り入れている。このうち、高崎線が当駅の所属線[1]である。八高線は路線としては当駅が終点であるが、列車運行上は高崎線の隣駅である高崎駅が起終点であり、また施設上の分岐点は当駅ではなく、八高線の隣駅である北藤岡駅構内(高崎線に旅客扱い施設なし)となっている。また、高崎線は上野駅発着系統と、新宿駅経由で東海道線に直通する湘南新宿ライン、上野駅・東京駅経由で東海道線に直通する上野東京ラインが停車する。

歴史編集

駅構造編集

島式ホーム2面4線を有する地上駅で、橋上駅舎を有している。

高崎駅管理のJR東日本ステーションサービスが業務を受託する業務委託駅で、みどりの窓口自動改札機が設置されている。早朝・深夜は無人駅となるので、乗車駅証明書発行機が改札前に設置されている。

高崎線と八高線はホームを共用する。ホームは嵩上げされておらず、E233系E231系等のステップのない車両には段差が生ずる。また、到着前の車内放送ではその案内がされる。

発車ベルが整備されているが、高崎線の電車でのみ使用される(八高線の列車では省略される)。

のりば編集

番線 路線 方向 行先 備考
1・2 高崎線
八高線
下り 高崎方面[3] 2番線は事実上臨時用。
3・4 高崎線 上り 熊谷上野新宿方面[3]
湘南新宿ライン)(上野東京ライン
4番線は事実上臨時用。
八高線 高麗川方面[3]
  • 定期旅客列車は1番線(下り)と3番線(上り)のみ使用する。待避線(2番線・4番線)は旅客使用としては臨時用であり、貨物列車が使用するのみである。
  • 高崎線下りから八高線高麗川方面へ乗り換える際、時間帯や列車によっては当駅で短時間乗り継ぎの場合があり、新町駅発車後に車掌が案内を行なう。

貨物駅編集

 
操車場を出発する貨物列車(2008年)

JR貨物の施設は旅客駅の東側にあり、「倉賀野駅貨物基地」の通称がある。基地を貫く1本の側線(主線、全長約2.5km)があり、この主線の先に操車場が設置されている。また、操車場からさらに先へ伸びる引き上げ線(入換線)があり、この線から駅構内へ戻るように多くの側線が分岐している。なお、この主線は岩鼻軽便鉄道の廃線跡を転用したものである。

操車場の北側に1面2線のコンテナホームがあり、南側に日本オイルターミナル高崎営業所(油槽所)の石油荷役線、さらに南に1面1線のコンテナホームがある。また、操車場の駅構内側にはセメントターミナル高崎営業所の荷役線があるが、これは1999年(平成11年)9月以降使用されていない。貨物駅構内の入換作業は、ジェイアール貨物・北関東ロジスティクス(旧・高崎運輸)が担当している。入換に用いる入換動車は他社から転籍されたDE10形ディーゼル機関車が使用される。

かつては、当駅の西側にあった日本たばこ産業高崎工場(2005年閉鎖)やキリンビール高崎工場(2000年閉鎖)への専用線もあった。前者はコンテナ輸送も行っていたが工場閉鎖により廃止され、後者は横浜本牧駅発送の麦芽輸送などに使用されていたが、麦芽輸送の海上コンテナ化により1998年(平成10年)に廃止された。また、貨物基地周辺にある太平洋セメント高崎サービスステーション・日本ケロッグ高崎工場・岩谷産業群馬LPGセンターなどへの専用線もあった。

取扱貨物編集

貨物列車編集

(2014年3月15日現在)[4]

高速貨物列車(コンテナ輸送用)
下り列車(高崎方面行)4本、上り列車(大宮方面行)3本が停車する。下り列車のうち3本が当駅終着で、すべての上り列車が当駅始発である。列車の行き先は、新座貨物ターミナル駅越谷貨物ターミナル駅福岡貨物ターミナル駅秋田貨物駅の4駅。
高速貨物列車(石油輸送用)
いずれも当駅発着で、川崎貨物駅から1往復、根岸駅から2往復発着している。
専用貨物列車
いずれも当駅発着で、川崎貨物駅・千葉貨物駅から1往復ずつ発着している。

このほか臨時列車も設定されている。

1985年時の常備貨車編集

「昭和60年版私有貨車番号表」『トワイライトゾーンMANUAL13』ネコ・パブリッシング、2004年

利用状況編集

旅客編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員1,849人である[旅客 1]。これは、高崎線では最も乗車人員が少ない。また、湘南新宿ラインの列車が停車する駅としても最も乗車人員が少ない。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
1987年(昭和62年) 1,605
1988年(昭和63年) 1,515
1989年(平成0元年) 1,498
1990年(平成02年) 1,509
1991年(平成03年) 1,519
1992年(平成04年) 1,580
1993年(平成05年) 1,624
1994年(平成06年) 1,676
1995年(平成07年) 1,610
1996年(平成08年) 1,578
1997年(平成09年) 1,493
1998年(平成10年) 1,521
1999年(平成11年) 1,533
2000年(平成12年) 1,533 [旅客 2]
2001年(平成13年) 1,486 [旅客 3]
2002年(平成14年) 1,490 [旅客 4]
2003年(平成15年) 1,509 [旅客 5]
2004年(平成16年) 1,491 [旅客 6]
2005年(平成17年) 1,489 [旅客 7]
2006年(平成18年) 1,526 [旅客 8]
2007年(平成19年) 1,559 [旅客 9]
2008年(平成20年) 1,582 [旅客 10]
2009年(平成21年) 1,530 [旅客 11]
2010年(平成22年) 1,536 [旅客 12]
2011年(平成23年) 1,547 [旅客 13]
2012年(平成24年) 1,585 [旅客 14]
2013年(平成25年) 1,640 [旅客 15]
2014年(平成26年) 1,638 [旅客 16]
2015年(平成27年) 1,745 [旅客 17]
2016年(平成28年) 1,808 [旅客 18]
2017年(平成29年) 1,841 [旅客 19]
2018年(平成30年) 1,849 [旅客 1]

貨物編集

「高崎統計季報」によると、2017年度(平成29年度)の発送貨物における車扱は131,288トン、コンテナ扱は160,840トンであった[貨物 1]。また、到着貨物における車扱は1,395,943トン、コンテナ扱は169,351トンであった[貨物 1]

近年の推移は以下のとおりである。

貨物輸送推移
年度 発送 到着 出典
車扱 コンテナ扱 車扱 コンテナ扱
2010年(平成22年) 129,480 134,401 1,371,312 132,568 [貨物 2]
2011年(平成23年) 124,057 130,949 1,304,805 124,374
2012年(平成24年) 134,340 141,311 1,425,681 144,907
2013年(平成25年) 129,732 149,601 1,370,325 160,863 [貨物 3]
2014年(平成26年) 124,392 144,930 1,310,459 160,962
2015年(平成27年) 124,748 148,926 1,321,711 144,817
2016年(平成28年) 126,324 154,033 1,339,484 152,679 [貨物 1]
2017年(平成29年) 131,288 160,840 1,395,943 169,351

駅周辺編集

バス路線編集

系統 主要経由地 行先 運行会社
11 (倉賀野線) 高崎産業技術専門校、商科大学 高崎駅西口 高崎市内循環バスぐるりん
上信電鉄
12 (倉賀野線) 下中居町東
15 (岩鼻線) 群馬の森 昭和病院 高崎市内循環バスぐるりん
群馬バス
16 (岩鼻線) 産業創造館入口、上佐野町 高崎駅東口

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
高崎線
通勤快速・特別快速・快速(「アーバン」含む)・普通
新町駅 - 倉賀野駅 - (高崎操車場) - 高崎駅
八高線(当駅 - 高崎駅間は高崎線)
北藤岡駅 - 倉賀野駅 - (高崎操車場) - 高崎駅

廃止路線編集

岩鼻軽便鉄道
倉賀野駅 - 上州岩鼻駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ 駅の情報(倉賀野駅):JR東日本”. 東日本旅客鉄道. 2019年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月21日閲覧。
  3. ^ a b c 時刻表 倉賀野駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月7日閲覧。
  4. ^ 『貨物時刻表 平成26年3月ダイヤ改正』、鉄道貨物協会、2014年、 135-136頁。
  5. ^ 倉賀野停車場『日本鉄道線路案内記』桜井純一編 (博文館, 1902)

利用状況編集

旅客編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月8日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月24日閲覧。

貨物編集

  1. ^ a b c 高崎統計季報 No.226 (PDF)”. 高崎市. p. 37. 2019年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  2. ^ 高崎統計季報 No.204 (PDF)”. 高崎市. p. 42. 2019年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  3. ^ 高崎統計季報 No.216 (PDF)”. 高崎市. p. 42. 2019年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集