メインメニューを開く

株式会社群馬バス(ぐんまバス)は、群馬県高崎市を中心に乗合バス貸切バスを運行する会社で、不動産業、旅行業も営む。また前橋・高崎地域のバスで利用できる群馬県共通バスカードぐんネット加盟事業者でもある。

株式会社群馬バス
Gunma-bus co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 群バス
本社所在地 日本の旗 日本
370-0073
群馬県高崎市緑町3-2-3
設立 2001年4月12日
業種 陸運業
法人番号 5070001008881
事業内容 乗合バス事業
貸切バス事業
旅行業
不動産業
駐車場運営管理業
損害保険代理業
広告代理業
物品販売業
ビル清掃業
代表者 代表取締役社長 大島 義一郎
資本金 8000万円
売上高 22億円(2016年3月期)
従業員数 289人
主要子会社 群馬旅行
外部リンク http://www.gunbus.co.jp/
テンプレートを表示

事業所編集

  • 本社:群馬県高崎市緑町3-2-3
    • 総務部・旅行営業部・不動産部・事業部・旅行センター
  • 総合バスセンター(乗合・貸切):群馬県高崎市箕郷町西明屋95-1
    • 乗合バス部・運転指導部
  • 貸切バスセンター(貸切):群馬県高崎市箕郷町下芝177
    • 貸切バス部
  • 榛名営業所(乗合・貸切):群馬県高崎市下室田町290-1
  • 本庄営業所(貸切):埼玉県本庄市児玉町吉田林145-1
  • 東京営業所(貸切):東京都八王子市鑓水2-173

会社沿革編集

新会社と旧会社は2001年(平成13年)を境に登記・資本関係が連続していないが、ここでは両社を連続して記す。

  • 1942年(昭和17年)6月11日:群馬合同バス株式会社設立。当時の車両数75輌、営業免許325.7粁、従業員170名。
    • 以下の会社統合により設立
      • 上毛中央自動車株式会社(路線:高崎~前橋、高崎~伊勢崎、前橋~伊勢崎、富岡~秋畑村大字梅木平、富岡~妙義~松井田駅)
      • 満島商事合資会社(路線:高崎~松井田、高崎~清水、安中駅~秋間、安中駅~後閑、倉田村権田~鳥渕村川浦、松井田駅~妙義葡萄園、安中~磯部)
      • ハヤブサ自動車商会(路線:前橋駅~群馬総社駅~上野田)
      • 上毛自動車株式会社(路線:伊勢崎~太田)
      • 平林自動車商会(路線:松井田町~細野村大字土塩、松井田町~坂本)
    • 群馬合同バス株式会社設立後も、 1942年8月鉄道省発表の「乗合自動車事業統合に関する要綱」の影響もあり、以下の群馬県内乗合自動車事業者の買収・吸収を進める。
      • 富士見乗合自動車商会(路線:前橋細ヶ沢町~富士見村石井一本松)
      • 十王自動車株式会社(路線:伊勢崎~山田郡大間々町、大間々~佐波郡境町)
      • 西群馬自動車株式会社(路線:前橋~南新波~板鼻)
      • 榛名合同自動車株式会社(路線:ヤセオネ~榛名湖畔~榛名神社、高崎~室田~榛名、高崎~箕輪~松之沢)
      • 共愛自動車商会(路線:箕郷~前橋)
  • 1945年(昭和20年)10月1日:群馬バス株式会社に社名変更。
  • 1950年(昭和25年)9月6日:会社分割により群馬中央バスが創立。伊勢崎を中心とする一部路線を譲渡。
  • 1957年(昭和32年)6月24日:東京急行電鉄の系列入り[1]。当時の車両数110輌、営業免許405粁、従業員約380名。
  • 1961年(昭和36年)3月1日:群北自動車交通株式会社を系列化。
  • 1961年(昭和36年)5月16日:三和タクシー株式会社を買収系列化。
  • 1963年(昭和38年)12月25日:群馬県下初のワンマン運行を前橋市内循環線で開始。
  • 1967年(昭和42年)8月1日:伊香保ケーブル鉄道株式会社を合併。
  • 1971年(昭和46年)11月10日:株式会社群バスボウル設立。
    • 1972年(昭和47年)3月1日:高崎市日高町に群バス日高ボウル(ボウリング場)オープン。
      • 1980年(昭和55年)1月:株式会社群バスボウル解散。
  • 1972年(昭和47年)10月1日:群バス不動産株式会社設立。
  • 1976年(昭和51年)4月15日:高崎市旭町に群バスビル竣工。
  • 1978年(昭和53年)6月30日:高崎駅前案内所を改築し、ドムドムハンバーガー高崎店をオープン。
  • 1979年(昭和54年)7月20日:前橋駅前案内所跡地に、ドムドムハンバーガー前橋店を新築オープン。[2]
  • 1990年(平成2年)4月26日:高崎駅西口ウエストワンビル竣工。


  • 2001年(平成13年)4月12日:従業員らが出資した株式会社群馬バス設立。
  • 2001年(平成13年)10月1日:群馬バス株式会社が株式会社群馬バスにバス事業を譲渡。群馬バス株式会社は上毛施設株式会社に社名変更(これにより株式会社群馬バスは東急グループを離脱)。
  • 2003年(平成15年)5月:埼玉児玉支所開設
  • 2004年(平成16年)6月:本店所在地変更(現所在地)
  • 2005年(平成17年)1月11日:上毛施設株式会社及び100%子会社の群バス不動産株式会社解散[3]
  • 2005年(平成17年)9月:旅行センター開所
  • 2005年(平成17年)10月:本庄営業所竣工・営業所名変更
  • 2006年(平成18年)3月:高渋パイパス線開通
  • 2006年(平成18年)10月:イオン線開通
  • 2008年(平成20年)9月:スターペガサス12人乗り導入
  • 2008年(平成20年)10月:深夜バス運行開始
  • 2008年(平成20年)12月:研修センター開設
  • 2009年(平成21年)1月:下川団地線開通
  • 2010年(平成22年)7月:貸切バスセンター開設
  • 2011年(平成23年)7月:高崎駅西口ペガサス駐車場グランドオープン
  • 2012年(平成24年)6月:スターペガサス22人乗り導入
  • 2012年(平成24年)10月:渋川伊香保線開通
  • 2013年(平成25年)4月:スターペガサス38人乗り導入
  • 2018年(平成30年)6月:前橋駅~日赤病院線新設、亀里JAビル線を日赤病院まで延伸
  • 2018年(平成30年)12月15日:東京営業所開設[4]

営業路線編集

 
箕郷営業所
 
榛名営業所

箕郷営業所(総合バスセンター)編集

 
群馬県農協ビルを脇を走る亀里JAビル-高崎駅東口線

榛名営業所編集

 
権田(権田待合所)

車両編集

路線車は、自社発注の日野いすゞ・導入当時の日産ディーゼル(現:UDトラックス)製の中型車が中心である。1990年代中頃までは富士重工製の車体を好んで架装していた。近年は、日野のレインボーやいすゞのエルガミオといった中型ノンステップバスを導入しており徐々に台数が増えている。また、自社発注車のほか、全国各地の事業者から車両を購入している。塗装は東急バスに準じたデザインが多いが2007年(平成19年)頃より車体上部と下部に青いラインが入るようになった。

観光車は積極的に新車を導入しており、大型スーパーハイデッカーを中心に、3列シート車や12人乗りの特別仕様車「スターペガサス」も保有している。「スターペガサス」は別格扱いのため、車両予約の電話番号が違う。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2004年当時の東京急行電鉄の出資比率は80.5%
  2. ^ 1989年(平成元年)8月31日に閉店。
  3. ^ 子会社解散のお知らせ 東京急行電鉄株式会社 平成16年12月27日付
  4. ^ 東京営業所開設について”. 群馬バス (2018年12月12日). 2019年2月5日閲覧。
  5. ^ 上毛新聞 2009年1月17日付記事

外部リンク編集