メインメニューを開く

公園通りの猫たち』(こうえんどおりのねこたち)は、1989年12月23日に公開された中田新一監督の日本映画。製作・配給は東映

公園通りの猫たち
監督 中田新一
脚本 早坂暁
原作 早坂暁
製作 岡田裕介(企画)
坂上順(プロデューサー)
河瀬光(プロデューサー)
出演者 荻野目洋子
五十嵐いづみ
伊藤智恵理
音楽 多賀英典(音楽監督)
森英治
主題歌 荻野目洋子
撮影 奥村正祐
米原良次
藤石修
編集 西東清明
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1989年12月23日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 3億5000万円[1]
テンプレートを表示

目次

解説編集

東京渋谷の公園通りで自由闊達に生きる野良猫たちと、ミュージカルで成功を目指す女の子たちとの交流を描いた作品。実質的な主人公である猫たちは頻繁に登場して奔放に描かれ、女の子たちが街中で踊るシーンなど、ミュージカル的要素が盛り込まれた集団劇でもある[2]

原作は、1990年に第6回講談社エッセイ賞を受賞した早坂暁講談社刊の同名作品。映画化を企画した岡田裕介が、『ドン松五郎の生活』をヒットさせ、『パンダ物語』も手掛けるなど動物ものの経験がある中田新一を起用して正月映画として公開されたが、興行的にも作品の評価としても大失敗に終わったと中田は語っている[3]

主演の荻野目洋子は、1977年に『獄門島』に端役で出演したことがあったが[4]、本作が初の本格的な映画出演であり、1990年2月26日の第27回ゴールデン・アロー賞新人賞(映画部門)を受賞した。

劇中に猫たちが踊るアニメーションのシーンがあり、アニメパートは東映動画東京ムービー新社が制作している。1990年8月27日にVHSビデオにて発売された。

あらすじ編集

カルー・リエ・マユミらは、東京渋谷の公園通りでミュージカルで成功を夢見る、猫が大好きな女の子である。 カルー・マユミは歌と踊りのレッスンに励み、リエは演出家・関のアシスタントとして、日々の生活を送り、公園通りでは野良猫たちも彼女らを支えるように近くにいながら、気ままにたくましく生きている。 関は公園通りで生きる猫たちをミュージカルにしようと提案。 猫が好きなカルーたちは大喜びでレッスンに挑んだ。また、北海道から家出してきた千代という女の子も猫が好きで、ミュージカルに参加することになった。公演日が目前に迫ったそんなある日、「キャット・バスターズ」という怪しい会社が公園通りで猫狩りを始め、子猫たちが捕まってしまうのだった。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:中田新一
  • 原作・脚本:早坂暁
  • 企画:岡田裕介
  • プロデューサー:坂上順、河瀬光
  • 音楽監督:多賀英典
  • 音楽:森英治
  • 撮影:奥村正祐、米原良次、藤石修
  • 美術:桑名忠之、山崎秀満
  • 照明:篠崎豊治、磯山忠雄、山口利雄
  • 編集:西東清明
  • 録音:林鑛一、柿沼紀彦
  • 助監督:長谷川計二
  • 製作協力:サクセス・ロード
  • 製作担当:山田稔
  • ミュージカル演出・振付:関矢幸雄
  • ミュージカル振付:結城敬二、佐久間尚美
  • ミュージカル舞台美術・衣装:神取宏全
  • キャット・クルー:金祐彦、日垣一博、遠藤聖一、岡信介、田村大蔵、千葉弘太郎
  • 特殊撮影:東宝映像美術
  • アニメーション制作:東映動画東京ムービー新社

挿入歌編集

  • 「汚れた靴のイニシャル」(荻野目洋子)
  • 「メインテーマ」(荻野目洋子)
  • 「想い出には早すぎる」(荻野目洋子)
  • 「ノラネコワールド」(大山潤子)
  • 「夜はデンジャラス」(大山潤子)
  • 「ラブ」(大山潤子)
  • 「キャットバスターズ」(吉岡梅吉47才)
  • 「SHAKE YOUR LITTLE BODY」(1/4FAKE)
  • ゴロちゃん」(すぺぺ)
  • 「噛みつきたい」(ムーンドッグズ) ※エンディングテーマ

サウンドトラック編集

出典編集

  1. ^ 大高宏雄『日本映画逆転のシナリオ』WAVE出版、2000年4月24日、201頁。ISBN 978-4-87290-073-6
  2. ^ 山根貞男『映画はどこへ行くか 日本映画時評'89-'92』筑摩書房、1993年、p.34
  3. ^ 中田新一『奔れ!助監督 ~奮闘昭和映画史~』早稲田出版、2010年、p.228
  4. ^ 対談 vol.1 荻野目慶子の巻 / special 荻野目洋子 Official Website

外部リンク編集