メインメニューを開く

内藤 法美(ないとう つねみ、1929年11月16日 - 1988年7月9日)は、東京都出身の作曲家編曲家ピアニスト

内藤法美
生誕 (1929-11-16) 1929年11月16日
出身地 日本の旗 日本, 東京都
死没 (1988-07-09) 1988年7月9日(58歳没)
学歴 第一高等学校卒業
職業 作曲家
編曲家
共同作業者 越路吹雪
公式サイト 内藤音楽事務所

人物編集

1929年(昭和4年)11月16日東京生まれ。

1946年(昭和21年)に、麻布中学校(現:麻布中学校・高等学校)を卒業。同窓生にフランキー堺小沢昭一加藤武仲谷昇らがいる。その後、第一高等学校(旧制一高)にすすんだが大学進学をやめて音楽家となり、1956年(昭和26年)、東京キューバン・ボーイズピアニスト編曲家として入団し活躍した。1958年(昭和33年)に、作・編曲家として独立した。

1959年秋に宝塚歌劇団男役スターとして戦中から戦後にかけて活躍し、宝塚退団後は「日本のシャンソンの女王」の異名をとった越路吹雪と結婚。夫妻に子はなかったが越路とは越路の逝去まで連れ添い、内藤は越路が亡くなるまでリサイタルディナーショーの構成、作曲、編曲、指揮なども手掛けた。

越路の死の直前、病床の越路は意識が朦朧とする中で「法美さんにコーヒーを」と、最期まで最愛の夫である内藤を気遣った。

略歴編集

作曲編集

映画音楽編集

舞台音楽編集

内藤法美を演じた俳優編集

関連人物編集

脚注編集