メインメニューを開く

トワ・エ・モワ (Toi et Moi[1])は、日本の歌謡ポップデュオである。

トワ・エ・モワ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 歌謡曲
J-POP
活動期間 1969年 - 1973年
1998年 -
レーベル 東芝音楽工業(1969年 - 1973年)
ファンハウス(1998年)
ユニバーサルミュージック(2003年 - 2008年)
キングレコード(2010年 - )
公式サイト トワ・エ・モワ公式サイト
メンバー 芥川澄夫ボーカルギター
白鳥英美子(ボーカル、ギター)

目次

概要編集

1969年スクールメイツのメンバーだった山室(現・白鳥)英美子と、歌手志望だった芥川澄夫の二人で結成された。

渡辺プロダクション(現ワタナベエンターテインメント)より、「或る日突然」(東芝音楽工業1969年5月10日発売)でデビューしこれが大ヒットとなった。
以後、日本放送協会の『あなたのメロディー』から生まれた「空よ」、1972年札幌オリンピック のテーマ曲である「虹と雪のバラード」、「誰もいない海」「初恋の人に似ている」「地球は回るよ」「愛の泉」など数多くのヒット曲を出し、1960年代後半から1970年代前半にかけて流行した和製ラウンジ系ポップの先駆けとなった。

同世代にフォークソングシンガーが多く、またフォークシンガーとのセッションなどの仕事も多かったために誤解されやすいが、フォーク・グループとして売り出したわけではなく、フォーク的な楽曲も皆無に近い。[独自研究?]この辺りの事情はハイ・ファイ・セットと似通っている。

トワ・エ・モワはその後、1973年6月に解散した。ただし、1985年3月、NHKのあなたのメロディーの最終回に於いて同番組内限定の再結成をするなどの活動記録はあった。

解散から約25年の時を経た1997年8月、『思い出のメロディー』(NHK)に出演して「虹と雪のバラード」を歌った。これを契機として再結成することとなり、翌1998年長野冬季五輪の際、志賀高原長野県)で行われた長野オリンピック記念イベント出演を皮切りとして本格的にトワ・エ・モワとしての音楽活動を再開して現在に至っている。

メンバー編集

ソロで歌っていた二人を事務所が「ソロでは線が細い」と判断し、強制的にデュオに仕立てた。メンバーは難色を示したが結果的にその後のソロ活動への道筋を開くことになった。

  • 白鳥英美子(旧姓山室) メインボーカル。シンガーソングライターの白鳥マイカは娘にあたる。
  • 芥川澄夫 ボーカル、ギター。プロデューサーとしても活躍している。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

ほぼ3か月ヘッドでコンスタントにリリースしていた。大ヒットは1年に1枚のペースだった。

  1. 或る日突然 オリコン4位(週間の最高チャート。以下、同様)(1969.05.10) c/w 恋人のなぎさ
  2. 美しい誤解 35位(1969.09.10) c/w 恋のゆりかご
  3. 愛の理由 80位(1969.11.01) c/w さよならと云わせて
  4. 空よ 13位(1970.03.25) c/w あの橋をわたろう
  5. 初恋の人に似ている 30位(1970.07.25) c/w おいでおいで
  6. 誰もいない海 16位(1970.11.05) c/w 青春のあやまち
  7. 地球は回るよ 25位(1971.03.05) c/w リンゴの花の下で
  8. 愛の泉 20位(1971.06.05) c/w 今こそ二人は
  9. 虹と雪のバラード 7位(1971.08.25) c/w トワ・エ・モワの子守唄
    札幌オリンピックのテーマソング。
  10. 友だちならば 64位(1972.02.05) c/w 明日への出発
  11. 雨が降る日 (1972.07.05) c/w 雨が…
  12. 季節はずれの海 88位(1972.10.05) c/w 雨に追われて
  13. 特別な望みなどないけれど (1973.03.20) c/w 心をこめてさよならを
  14. はじめに愛があった (1973.06.05) c/w 今は
  15. 或る日突然 70位(1993.05.12)(ニューアレンジ,オリジナル音源のヴォーカル・トラック使用によるリミックス)
    リミックス制作は米光亮。ドラマ「嘘つきは夫婦のはじまり」オープニングテーマ。
  16. 虹と雪のバラード(ニューアレンジ,再録音) (1998.01.21) c/w 地球は回るよ(ニューアレンジ,再録音)
  17. はじめに愛があった(ニューアレンジ,再録音) (1998.04.22) c/w 初恋の人に似ている(ニューアレンジ,再録音)
  18. YAKUSOKU -父に送る手紙- (2001.07.04)  
  19. 旅立ちの日に (2006.11.22)
  20. あの素晴らしい愛をもう一度/人生という劇場 (2008.08.06)
  21. この街で (2010.07.21)
  22. 欅ストリート/桜紅葉 (2016.05.25)
  23. イランカラプテ~君に逢えてよかった~ (2017.11.10)

アルバム編集

  • 或る日突然〜トワ・エ・モワの世界(1969年10月1日)
    • A面:或る日突然、恋のゆりかご、二人の会話、見知らぬバス、二人だけの時間、恋人のなぎさ
    • B面:美しい誤解、愛の理由、さよならと云わせて、懐かしい庭、誰かのために、愛の讃美歌
  • あなたと私とトワ・エ・モワ(1969年12月1日)カバーアルバム
    • A面:昭和ブルース、悲しみは駆け足でやって来る、いいじゃないの幸せならば、白い珊瑚礁、禁じられた恋、何故に二人はここに、風は知らない
    • B面:輝く星座、ロミオとジュリエット、西暦2525年、行かないで、ジョンとヨーコのバラード、シェルブールの雨傘、人形の家
  • 空よ(1970年5月5日)
    • A面:空よ、初恋の人に似ている、幼い頃、帰り道を忘れちゃった、バラは知らない、二人が平和をなくす日
    • B面:「ア」がつくもの、もうひとつの世界、バラとリンゴ、あの橋を渡ろう、この瞬間を大切に、おいで、おいで
  • トワ・エ・モワ イン U.S.A.(1970年12月1日) - 1970年9月、ロスアンジェルスでスタジオミュージシャンをバックに録音。「或る日突然」など3曲の英語バージョンや洋楽カバーを収録。
    • 或る日突然(英語盤)、空よ(英語盤)、愛は傷つきやすく、希望、初恋の人に似ている(英語盤)、青春のあやまち、誰もいない海、恋よさようなら、コンドルは飛んで行く、ワールズ、ヴィーナス、アクロス・ザ・ユニバース、イエロー・リバー、ロング・アンド・ワインディング・ロード
  • ユートピア(1971年6月5日)
    • A面:地球は回るよ、愛の泉、誰もいない海、風にさそわれて、ジューン・ブライド、谷間の村
    • B面:虹と雪のバラード、タンポポ舞う頃、今こそ二人は、愛の足跡、美しい夏の日、トワ・エ・モワの子守唄
  • 二人だけの音楽会(1971年12月20日)ライブアルバム
    • 1-A面:誰もいない海、ベリー・ラスト・デイ、さよならと云わせて、トワ・エ・モワ ファミリー紹介
    • 1-B面:中国地方の子守唄、島原の子守唄、花・太陽・雨、夢のカリフォルニア、ある愛の詩
    • 2-A面:空よ、青春のあやまち、会話、
    • 2-B面:雨の日と月曜日は、明日に架ける橋、ブラウド・メアリー、友達ならば、或る日突然、愛の泉、地球は回るよ
  • ユートピア II(1972年7月5日)
    • A面:友だちならば、生きている生きている、美しい星、秋の季節、美しい沈黙、雨が
    • B面:明日への出発、一本のペン、初めての哀しみ、カントリー、雨が降る日、今日から明日へ
  • トワ・エ・モワとあなたのメロディー(1972年10月20日)
    • A面:空よ、ジューン・ブライド、あんな娘がいいな、虹が光っていた、ゆめ、雨の中、愛の泉、柿の実、潮騒がきこえる、いつものように、おへそ、ねんね
  • はじめに愛があった(1973年5月5日)
    • A面:はじめに愛があった、ぼくとみずすましともんしろちょうとつくしんぼ、だからこそ、夜明けがくるさ、雨が・・・・・・、特別な望みなどないけれど
    • B面:結婚讃歌/五月になれば、幸せが逃げていかぬように、夜行列車、夕焼けをおいかけて~春の子供達、今は
  • フェアウェル・コンサート〜はじめに愛があった(1973年8月5日)ライブアルバム
    • 1-A面:誰もいない海、空よ、或る日突然、さよならと云わせて、イエスタデイ、ロメオとジュリエット
    • 1-B面:はじめに愛があった、今は、エリナー・リグビー、イーライス・カミング
    • 2-A面:会話、七つの水仙、夕焼けをおいかけて、愛の園、中国地方の子守唄~島原の子守唄、会話
    • 2-B面:友だちならば、愛の泉、地球は回るよ、ある愛の詩、誰もいない海
  • HARVEST-はじめに愛があった-(1998年5月21日)
  • トワ・エ・モワ メモリアル(1999年9月22日)ベストアルバム
  • トワ・エ・モワ イン U.S.A. プラス(2001年10月10日) - 1990年代にクラブサーキットで評判を呼んだことからアルバム未収録音源を加え再発。
  • 風のリボン(2003年4月23日)カバーアルバム
  • ようこそ~トカチの風にうたう (2007年6月23日) with クニ河内
  • フォーク・ソングス (2008年6月25日) カバーアルバム
  • ブーケ・ド・フルール (2011年8月24日)
    • お早う、笑顔、天までとどけ feat.白鳥マイカ、この街で、そよ風と私、ブルーベルの森 (Brahms Symphony No.3より)、ひらひらと雪が、瀬戸内の詩、心の瞳、時が二人を忘れても、花のワルツ、空に星があるように
  • タイム・フォー・アス (2015年12月15日)

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1970年(昭和45年)/第21回 空よ 11/24 ヒデとロザンナ
1971年(昭和46年)/第22回 2 虹と雪のバラード 11/25 ダーク・ダックス
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

脚注編集

  1. ^ 「トワ・エ・モワ」はフランス語で「あなたと私」という意味である。

関連項目編集

外部リンク編集