メインメニューを開く

北湯沢駅

北海道伊達市に存在した胆振線の廃駅

北湯沢駅(きたゆざわえき)は、北海道有珠郡大滝村字昭園(現・伊達市大滝区)にあった日本国有鉄道(国鉄)胆振線廃駅)である。電報略号キユ。胆振線の廃線に伴い1986年(昭和61年)11月1日に廃駅となった。

北湯沢駅
きたゆざわ
Kita-Yuzawa
蟠渓 (4.4km)
(2.8km) 優徳
所在地 北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 胆振線
キロ程 27.5km(伊達紋別起点)
電報略号 キユ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1940年昭和15年)12月15日
廃止年月日 1986年(昭和61年)11月1日
備考 胆振線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1976年の北湯沢駅と周囲約500m範囲。下が伊達紋別方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

1980年(昭和55年)10月まで運行されていた急行いぶり」の停車駅であった。

歴史編集

  • 1940年(昭和15年)12月15日 - 胆振縦貫鉄道伊達紋別駅 - 徳舜瞥駅(後の新大滝駅)間開通に伴い優園停留場(ゆうえんていりゅうじょう)として開業。旅客のみ取扱い。
  • 1944年(昭和19年)7月1日 - 胆振縦貫鉄道が戦時買収により国有化。線路名を胆振線に改称。同時に駅に昇格、及び改称。同線の北湯沢駅となる。荷物取扱い開始。
  • 1971年(昭和46年)10月1日 - 荷物取扱い廃止。
  • 時期不詳[注 1] - 無人(簡易委託)化。
  • 1986年(昭和61年)11月1日 - 胆振線の廃線に伴い廃止となる。

駅名の由来編集

旧駅名の優園(ゆうえん)は、当駅の所在地近辺の地名[注 2]より。

駅構造編集

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。ホームは線路の西側(倶知安方面に向かって左手側)に存在した[1]転轍機を持たない棒線駅となっていた。

無人駅(簡易委託駅)となっていたが、有人駅時代の駅舎が残っていた。駅舎は構内の西側に位置しホーム中央部分に接していた[1]。駅舎入口はホームに対し90度の角度で設置されていた。ホームは駅前広場と地続きで、で仕切っていた[1]

利用状況編集

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は25人[1]

駅周辺編集

駅跡編集

2001年(平成13年)時点では旧駅附近に温泉ホテル(「湯元名水亭」、「湯元第二名水亭」 後にそれぞれ「緑の風リゾート きたゆざわ」、「きたゆざわ 森のソラニワ」と改称)が建築され[3]、2010年(平成22年)時点でも同様で[4]、ホテルに通じる道路となっている。緑の風リゾートきたゆざわの玄関付近には、「旧国鉄胆振線 北湯沢駅跡地」という標柱がある。

隣の駅編集

日本国有鉄道
胆振線
蟠渓駅 - 北湯沢駅 - 優徳駅

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1981年(昭和56年)4月時点では無人駅であった(書籍『コロタン文庫36 国鉄駅名全百科 56.4訂補版』(小学館1981年10月発行)55ページより)。
  2. ^ 駅所在地の東に「優園」の地名あり(書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)7ページより)

出典編集

  1. ^ a b c d e 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館、1983年7月発行)92ページより。
  2. ^ a b 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)
  3. ^ a b 書籍『鉄道廃線跡を歩くVIII』(JTBパブリッシング2001年8月発行)71ページより。
  4. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング、2010年4月発行)155ページより。

関連項目編集