北炭生

北炭生(きたずみ せい、1951年10月13日 - )は、日本のフォークシンガー。名前の由来は「北海道の炭鉱町で生まれ育った」から。

北海道美唄市出身。道立美唄南高卒業後上京。さらに男のロマンを求めて旅立ち、沖縄で歌に出会い、「沖縄フォーク村」に参加、作家活動を始める。1975年デビュー。「生きていようね」「こがらし」(EP、テイチク)などのヒットの後、テレビドラマ『八甲田山』のテーマ・「寝た子を起こす子守唄/夢追い人」で北炭ミュージックの地盤を固める。『たむたむたいむ(ラジオ番組)』では、かぜ耕士のあとを受けて、1978年4月からパーソナリティとなる。

目次

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  • 生きていようよね
  • ふるさとへの手紙
  • こがらし
  • 衣替え
  • あのひとはやってくる[1]
  • 明日が見えたら
  • 夜明けのララバイ

アルバム編集

  • ひびわれた鏡(1975年7月1日)
  • 青春への挽歌(1976年3月25日)
  • ページ99
  • 遙かなる旅立ち

ラジオ出演編集

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 資生堂バスボン石鹸の'78歳暮ギフトCMソング。B面の「明日が見えたら」は、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『たむたむたいむ』のテーマ曲である。