メインメニューを開く

北爪健吾

日本のサッカー選手

北爪 健吾(きたづめ けんご、1992年4月30日 - )は、群馬県出身のプロサッカー選手Jリーグ横浜FC所属。ポジションはディフェンダーSB)。

北爪 健吾 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キタヅメ ケンゴ
ラテン文字 KITAZUME Kengo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-04-30) 1992年4月30日(27歳)
出身地 群馬県
身長 177cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 横浜FC
ポジション DF
背番号 14
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2017 ジェフユナイテッド千葉 49 (0)
2018- 横浜FC 35 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

前橋育英高校では3年連続で全国高校サッカー選手権に出場。3年生での選手権はCBとしてプレーした[1]。高校の同期には小島秀仁川岸祐輔らがいる。専修大学へ進学後は1年次から右サイドバックのレギュラーを務め、全日本大学サッカー選手権制覇や関東大学サッカーリーグ戦4連覇を達成。自身も大学2年から4年まで全日本大学選抜に選ばれる[2]など活躍した。

2015年、ジェフユナイテッド市原・千葉に加入[3]。第6節の京都サンガF.C.戦にて先発出場し、デビューを飾った。

2017年12月28日、横浜FCに完全移籍することが発表された[4]。2018年4月28日、J2第11節・対徳島ヴォルティス戦でプロ入り後リーグ戦初得点を挙げ、勝利に貢献した。8月25日、J2第30節・対松本山雅FC戦で後半30分に得点を挙げた[5]。この得点がJ2リーグ通算17,500得点目を記録した[6]

エピソード編集

  • 2018年9月3日、J2第32節・対東京ヴェルディ戦にて、前半5分に井林章のロングフィードに対し、右足でクリアを試みるもキックミスとなり、オウンゴールを記録した[7]。このオウンゴールは世界でも報じられ、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は「デル・ピエロ級の魔法だが…自己憐憫」と報じた[8]。また、数日経っても反響は止まず、オランダのスポーツメディア「Sportnieuws」は「先週末、日本のケンゴ・キタヅメがゴールを決めた。自軍のゴールキーパーの背後に偶然のパス…しかし美しい」と記した。また、スイス紙「ブリック・アム・アーベンド」はオウンゴールについて「日本人が16メートルの夢のボレー弾。残念ながら自軍のゴールに」と伝えている[9]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 千葉 4 J2 11 0 - 2 0 13 0
2016 24 0 - 3 0 27 0
2017 14 0 - 1 0 15 0
2018 横浜FC 14 35 5 - 0 0 35 5
2019 -
通算 日本 J2 84 5 - 6 0 90 5
総通算 84 5 - 6 0 90 5

その他の公式戦

タイトル編集

選抜歴編集

脚注編集

関連項目編集