メインメニューを開く

有限会社千代田牧場(ちよだぼくじょう)は、北海道日高郡新ひだか町にある競走馬生産牧場である。現在の代表者は飯田正剛であり、飯田家名義で馬主でもあるオーナーブリーダー

来歴編集

1945年、正剛の祖父飯田武が千葉県山武郡千代田村(現・芝山町)にて馬産を開始する。

1960年頃から、国外から繁殖牝馬を導入し出すようになる。

1966年、静内本場開場。生産の拠点を北海道に移し、千葉では育成と休養メインの体制に移行する。また、この頃千代田牧場の基礎繁殖牝馬でもあるビューチフルドリーマー系の1962年のオークスオーハヤブサを導入している。

1975年、1973年ダービー菊花賞3着のイチフジイサミが春の天皇賞を制して、八大競走初勝利。

1976年フジビゼン最優秀3歳牝馬を受賞。

1981年ビクトリアクラウンが最優秀3歳牝馬を受賞。

1982年、ビクトリアクラウンがエリザベス女王杯を制し、最優秀4歳牝馬を受賞。

1986年ニッポーテイオー最優秀スプリンターを受賞。

1987年、ニッポーテイオーが秋の天皇賞とマイルチャンピオンシップを勝ち、2年連続の最優秀スプリンターと最優秀古馬を受賞。また、半妹のタレンティドガールがエリザベス女王杯を勝ち、千代田牧場生産馬による兄妹G1制覇も達成した。

1993年、静内本場に日本初の屋根付き坂路が完成。

2002年スマイルトゥモローオークスを制してクラシック初制覇。また、ピースオブワールドが無敗で阪神ジュベナイルフィリーズを勝ち、最優秀2歳牝馬を受賞。

2012年カントリー牧場の閉鎖に伴い、カントリー牧場の育成施設を購入。カントリー分場として開場。また、ホエールキャプチャヴィクトリアマイルを勝利。

2014年ダノンプラチナ朝日杯フューチュリティステークスを制し、最優秀2歳牡馬を受賞。

エピソード編集

  • 調教師の古賀史生は学生時代本牧場でアルバイトをしていた。また現代表の飯田正剛とは麻布獣医科大学の同級生である。

関連施設編集

  • 静内本場(北海道日高郡新ひだか町)
  • 新冠分場(北海道新冠郡新冠町
  • カントリー分場(北海道日高郡新ひだか町)※旧カントリー牧場
  • 千葉牧場(千葉県山武郡芝山町)

主な生産馬編集

千葉産編集

静内産編集

主な所有馬編集

基本的には代表者の飯田正や飯田正剛名義であるが、それぞれの妻である飯田政子名義や飯田良枝名義でも所有している(勝負服は黄・蛇目散)。なお、タレンティドガールの母であるチヨダマサコは政子の名前から正が命名したものである。

飯田正 名義編集

  • スカッシュソロン
  • ビクトリアクラウン
  • ピースオブワールド
  • シンコウカリド安田修から譲渡)
  • サウンドザビーチ

飯田正剛 名義編集

  • スマイルトゥモロー
  • トレンドハンター
  • スティールパス
  • ベストクルーズ
  • ドリームカムカム

飯田政子 名義編集

  • タレンティドガール
  • シンコウシングラー(安田修から譲渡)

飯田良枝 名義編集

  • ルルパンブルー

外部リンク編集