メインメニューを開く

バーディバーディ日本競走馬。勝ち鞍に2010年ユニコーンステークスなどダート重賞2勝。馬名の由来はゴルフ用語「バーディー」から。

バーディバーディ
Birdy-Birdy20100504.jpg
欧字表記 Birdie Birdie
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2007年2月20日(12歳)
登録日 2009年9月24日
抹消日 2014年4月27日
ブライアンズタイム
ホームスイートホーム
母の父 シーキングザゴールド
生国 日本の旗 日本北海道新ひだか町
生産 千代田牧場
馬主 里見美惠子
調教師 池江泰郎栗東)→池江泰寿(栗東)
競走成績
生涯成績 35戦6勝
獲得賞金 2億4991万9000円
テンプレートを表示

目次

戦歴編集

当歳馬セレクトセール2007に上場、津村靖志の名義により6600万円で落札される。

3歳編集

2010年1月に池江泰郎厩舎JRA通算800勝目を同馬でマークした他、3歳2月までに3勝を記録。時期や輸送面等を考慮され辞退となったがUAEダービーへの招待を受ける[1]などダート戦では早くにその実力を発揮した。

バーディバーディは池江から「もともと芝で期待していた馬」と評され[2]、ここまでの勝ち鞍は全てダートながら春先はクラシックローテーションを組まれる。しかしメディア等では「トライアルでも完敗し芝適性は疑問[3]」と報じられ結果もまたその通りに終わる。なお東京優駿にも登録がなされたが芝適性を考慮し出走は見送り、ユニコーンステークスへ向かった。

ユニコーンステークスでは好位の4番手を追走し、直線に入りバトードールとの叩き合いになったが、残り200mでバトードールを一気に突き放し、2馬身半差をつけて快勝した。本番のジャパンダートダービーでは2番手追走も直線で伸びを欠き6着に終わった。秋はマイルチャンピオンシップ南部杯から始動、道中好位を追走するも直線で伸びあぐねて5着に終わった。続く武蔵野ステークスでは中団追走も直線で伸びを欠き6着、ジャパンカップダートでは逃げるトランセンドをマークしながらレースしたが、直線で伸びあぐねて4着だった。東京大賞典ではスマートファルコンの3着に入った。

4歳編集

2011年はフェブラリーステークスから始動、中団から渋太く脚を伸ばしたがトランセンドの3着。その後2月末で池江泰郎厩舎が定年解散となるため、息子の池江泰寿厩舎に転厩。アンタレスステークスでは中団から追い上げるがゴルトブリッツの3着。続く東海ステークスでは好位を追走したが直線で伸びあぐねて6着、オアシスステークスでは後方から渋太く脚を伸ばすも3着だった。帝王賞では4番手のインに位置したがスマートファルコンの3着。秋初戦のエルムステークスでは好位4番手からの競馬となったが3コーナー過ぎで手応えが怪しくなり11着に終わった。マイルチャンピオンシップ南部杯では3番手に控えたが直線で伸びず7着。霜月ステークスでは後方から追い上げて3着となる。ジャパンカップダートでは中団追走も直線では全く伸びず10着に終わった。

5歳以降編集

2012年はマーチステークスから始動、好位追走から直線で逃げるトーセンアドミラルに襲いかかるが残り200mでサイレントメロディとメイショウタメトモにかわされ3着となる。オアシスステークスでは中団の内を追走したが、直線で伸びあぐねて5着だった。東海ステークスでは2・3番手追走も直線で伸びを欠き9着に終わった。アハルテケステークスでは押し出されるように逃げるとナムラタイタンに1馬身1/4差をつけレコード勝ちした[4]。その後は2013年のマーチステークスで勝った馬からハナ差の2着という競馬はあったものの勝利は挙げられず、2014年4月27日付けで競走馬登録を抹消された。引退後は故郷の千代田牧場で種牡馬となる予定と発表されたが[5]、のちにレックススタッドへ移動した[6]

特徴編集

調教助手の大久保諭は「ワンペース(一定のペースを刻み続ける展開)の展開向き[7]」とコメント、芝ではその粘りを欠き直線で馬群に沈んでいたが、ダートでは粘り切り直線押し切る内容を見せている。

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2009 11. 1 京都 2歳新馬 13 3.3 (1人) 6着 浜中俊 55 芝1600m(良) 1:35.8 (36.0) 0.5 シャルルヴォア
12. 12 阪神 2歳未勝利 16 4.6 (1人) 1着 浜中俊 55 ダ1400m(重) 1:25.9 (37.6) -0.2 (マイネルラディウス)
12. 26 中京 樅の木賞 16 15.1 (5人) 2着 津村明秀 55 ダ1700m(良) 1:46.9 (38.1) 0.0 ブルーソックス
2010 1. 31 中京 はこべら賞 16 5.3 (2人) 1着 秋山真一郎 56 ダ1700m(良) 1:45.8 (37.4) -0.3 (パルラメンターレ)
2. 14 東京 ヒヤシンスS OP 12 5.2 (3人) 1着 松岡正海 56 ダ1600m(重) 1:37.4 (36.0) 0.0 ソリタリーキング
3. 21 中山 スプリングS GII 15 57.5 (8人) 11着 松岡正海 56 芝1800m(良) 1:49.8 (36.8) 1.6 アリゼオ
4. 18 中山 皐月賞 GI 18 153.7 (16人) 12着 松岡正海 56 芝2000m(稍) 2:02.1 (37.2) 1.3 ヴィクトワールピサ
5. 4 園田 兵庫CS JpnII 12 1.3 (1人) 1着 松岡正海 55 ダ1870m(良) 1:59.6 (38.9) -0.8 (サンライズクォリア)
6. 6 東京 ユニコーンS GIII 16 1.6 (1人) 1着 松岡正海 57 ダ1600m(良) 1:36.6 (37.2) -0.4 (バトードール)
7. 14 大井 ジャパンDD JpnI 12 1.5 (1人) 6着 松岡正海 56 ダ2000m(重) 2:05.7 (38.1) 0.5 マグニフィカ
10. 11 盛岡 MCS南部杯 JpnI 12 15.0 (3人) 5着 松岡正海 55 ダ1600m(稍) 1:36.3 (36.1) 1.5 オーロマイスター
11. 14 東京 武蔵野S GIII 16 10.2 (5人) 6着 松岡正海 57 ダ1600m(良) 1:37.1 (35.8) 0.5 グロリアスノア
12. 5 阪神 JCダート GI 16 25.8 (10人) 4着 池添謙一 56 ダ1800m(稍) 1:49.1 (36.7) 0.2 トランセンド
12. 29 大井 東京大賞典 JpnI 14 14.1 (5人) 3着 池添謙一 55 ダ2000m(良) 2:01.4 (38.1) 1.0 スマートファルコン
2011 2. 20 東京 フェブラリーS GI 16 7.3 (4人) 3着 池添謙一 57 ダ1600m(良) 1:36.6 (36.0) 0.2 トランセンド
4. 24 京都 アンタレスS GIII 13 3.5 (2人) 3着 幸英明 58 ダ1800m(重) 1:48.8 (36.4) 0.7 ゴルトブリッツ
5. 22 京都 東海S GII 14 5.9 (3人) 6着 幸英明 57 ダ1900m(不) 1:54.7 (35.9) 1.0 ワンダーアキュート
6. 11 東京 オアシスS OP 15 2.5 (1人) 3着 松岡正海 58 ダ1600m(重) 1:35.1 (36.3) 0.1 ナムラタイタン
6. 29 大井 帝王賞 JpnI 11 10.6 (3人) 3着 松岡正海 57 ダ2000m(良) 2:03.1 (37.4) 2.0 スマートファルコン
9. 19 札幌 エルムS GIII 13 5.8 (2人) 11着 三浦皇成 57 ダ1700m(良) 1:45.7 (38.0) 1.5 ランフォルセ
10. 10 東京 MCS南部杯 JpnI 15 35.8 (8人) 7着 N.ピンナ 57 ダ1600m(良) 1:36.0 (37.8) 1.2 トランセンド
11. 20 東京 霜月S OP 16 10.2 (5人) 3着 坂井英光 58 ダ1400m(重) 1:22.8 (36.1) 0.1 ケイアイテンジン
12. 4 阪神 JCダート GI 16 73.6 (12人) 10着 B.プレブル 57 ダ1800m(良) 1:51.3 (37.6) 0.7 トランセンド
2012 3. 25 中山 マーチS GIII 16 14.8 (7人) 3着 松岡正海 58 ダ1800m(重) 1:51.2 (37.6) 0.2 サイレントメロディ
4. 29 東京 オアシスS OP 16 3.7 (1人) 5着 三浦皇成 56 ダ1600m(良) 1:35.8 (36.0) 0.6 ナムラタイタン
5. 19 京都 東海S GII 15 27.4 (9人) 9着 松岡正海 56 ダ1900m(良) 1:57.2 (37.2) 0.8 ソリタリーキング
6. 9 東京 アハルテケS OP 16 7.8 (4人) 1着 北村宏司 58 ダ1600m(重) R1:34.4 (35.8) -0.2 (ナムラタイタン)
11. 11 東京 武蔵野S GIII 16 27.3 (10人) 14着 北村宏司 57 ダ1600m(良) 1:37.6 (36.9) 1.2 イジゲン
12. 24 中山 フェアウェルS OP 16 13.8 (5人) 5着 北村宏司 58.5 ダ1800m(稍) 1:52.8 (39.4) 1.3 グランドシチー
2013 3. 3 阪神 仁川S OP 16 9.8 (5人) 4着 川田将雅 57 ダ2000m(稍) 2:03.5 (37.3) 0.2 ナイスミーチュー
3. 24 中山 マーチS GIII 16 11.2 (6人) 2着 北村宏司 58 ダ1800m(良) 1:52.6 (38.2) 0.0 グランドシチー
4. 13 阪神 アンタレスS GIII 16 10.3 (4人) 7着 北村宏司 57 ダ1800m(良) 1:50.5 (36.4) 0.8 ホッコータルマエ
2014 2. 15 京都 アルデバランS OP 16 19.6 (8人) 9着 C.デムーロ 58 ダ1900m(不) 1:58.1 (39.8) 2.1 エーシンゴールド
3. 15 阪神 ポラリスS OP 16 22.1 (6人) 8着 A.シュタルケ 58 ダ1400m(重) 1:23.8 (35.8) 1.2 キョウワダッフィー
3. 30 中山 マーチS GIII 16 64.0 (10人) 16着 柴山雄一 58 ダ1800m(重) 1:56.3 (42.7) 5.1 ソロル

※タイム欄のRはレコード勝ちを示す。

血統表編集

バーディバーディ血統ロベルト系ヘイルトゥリーズン系) / Graustark 3×4=18.75%, His Majesty 3×4=18.75%, Mr. Prospector 3×5=15.63%, Nashua 4×5=9.38%, Hasty Road 4×5=9.38%) (血統表の出典)

*ブライアンズタイム
Brian's Time
1985 黒鹿毛
父の父
Roberto
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarele
父の母
Kelley's Day
Graustark Ribot
Flower Bowl
Golden Trail Hasty Road
Sunny Vale

*ホームスイートホーム
Home Sweet Home
1999 栗毛
Seeking the Gold Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Con Game Buckpasser
Broadway
母の母
Our Country Place
Pleasant Colony His Majesty
Sun Colony
Maplejinsky Nijinsky
Gold Beauty
  • 祖母の姉にアメリカGI9勝のスカイビューティ
  • 曽祖母のメイプルジンスキーは1988年アラバマステークス、モンマスオークス(アメリカG1)優勝馬
  • 近親に2001年ベッドオーローゼスBCH(アメリカG3)勝ちのカントリーハイドウェイ

脚注編集

外部リンク編集