スパーキングサマーカップ

スパーキングサマーカップ神奈川県川崎競馬組合川崎競馬場ダート1600mで施行する南関東SIII重賞競走である。正式名称は「日刊スポーツ賞スパーキングサマーカップ」。

スパーキングサマーカップ
開催国 日本の旗 日本
主催者 神奈川県川崎競馬組合
競馬場 川崎競馬場
創設 2004年8月11日
2019年の情報
距離 ダート1600m
格付け 南関東SIII
賞金 1着賞金1,400万円
出走条件 サラブレッド系3歳以上オープン・地方交流
負担重量 別定(本文に記載
出典 [1]
テンプレートを表示

副賞は、日刊スポーツ新聞社賞、神奈川県畜産会会長賞、管理者賞(2019年)[2]

概要編集

2004年創設。

2007年から地方競馬全国交流競走として行われている[3]

条件・賞金等(2019年)編集

出走資格
サラブレッド系3歳以上。地方全国交流であり、他地区所属馬の出走枠は4頭以下と定められている。
  • スパーキングサマーチャレンジの優勝馬に本競走の優先出走権がある[1]
負担重量
別定。3歳53kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減を基本に、本年8月16日までの総収得賞金額が3歳は4000万円、4歳は5000万円、5歳は6000万円、6歳以上は7000万円毎に1kgの負担増となる(負担重量の上限は牡・せん58kg、牝馬56kg)[1]
賞金額
1着1,400万円、2着490万円、3着280万円、4着140万円、5着70万円、着外手当15万円[1]
優先出走権付与
本競走の優勝馬には日本テレビ盃の優先出走権が付与される[1]

歴代優勝馬編集

回数 施行年月日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2004年8月11日 ユニークステータス 牡5 船橋 1:40.7 張田京 山浦武 新木鈴子
第2回 2005年8月18日 マクロプロトン 牡4 船橋 1:40.7 内田博幸 坂本昇 東森茂
第3回 2006年7月21日 イシノダンシング 牡6 川崎 1:39.8 左海誠二 武井榮一 佐藤孝
第4回 2007年7月24日 ルースリンド 牡6 船橋 1:40.8 内田博幸 矢野義幸 金子光男
第5回 2008年8月20日 ベルモントサンダー 牡7 船橋 1:40.3 石崎駿 出川克己 (有)ベルモントファーム
第6回 2009年8月19日 マルヨフェニックス 牡5 笠松 1:39.9 尾島徹 柴田高志 野村春行
第7回 2010年8月20日 ディアーウィッシュ 牡6 船橋 1:41.5 今野忠成 出川克己 依田貢
第8回 2011年8月19日 ベルモントルパン 牡7 船橋 1:39.2 石崎駿 椎名廣明 (有)ベルモントファーム
第9回 2012年8月22日 クラーベセクレタ 牝4 船橋 1:40.3 戸崎圭太 川島正行 (有)サンデーレーシング
第10回 2013年8月21日 トーセンアドミラル 牡6 船橋 1:39.4 川島正太郎 川島正行 島川隆哉
第11回 2014年8月20日 トーセンアレス 牡7 浦和 1:40.7 張田京 小久保智 島川隆哉
第12回 2015年8月19日 ブルーチッパー 牝5 大井 1:41.5 真島大輔 荒山勝徳 青山洋一
第13回 2016年8月24日 ブルーチッパー 牝6 大井 1:42.1 森泰斗 荒山勝徳 青山洋一
第14回 2017年8月23日 ケイアイレオーネ 牡7 大井 1:41.3 的場文男 佐宗応和 亀田和弘
第15回 2018年8月22日 ウェイトアンドシー セ7 浦和 1:42.5 今野忠成 小久保智 (株)レックス
第16回 2019年8月22日 トキノパイレーツ 牡4 川崎 1:40.6 町田直希 八木正喜 田中準市

出典:南関東4競馬場公式「スパーキングサマーカップ競走優勝馬 」http://www.nankankeiba.com/win_uma/56.do

他地区所属馬の成績編集

回次 馬名 所属 着順
第4回(2007年) キングスゾーン 名古屋 2着
ミツアキタービン 笠松 3着
ムーンバレイ 名古屋 9着
オグリホット 笠松 10着
第5回(2008年) ケイエスゴーウェイ 高知 7着
クィーンロマンス 笠松 8着
グレースガール 笠松 11着
パラダイスブルー 笠松 13着
第6回(2009年) マルヨフェニックス 笠松 1着
ノゾミカイザー 名古屋 8着
ニシノデュー 笠松 11着
ケイエスショーキ 高知 13着
第7回(2010年) キングスゾーン 名古屋 5着
コロニアルペガサス 笠松 8着
第8回(2011年) トウホクビジン 笠松 10着
グランシュヴァリエ 高知 11着
第9回(2012年) リワードレブロン 高知 11着
チュニジアンブルー 高知 12着
第10回(2013年) トウホクビジン 笠松 5着
第11回(2014年) トウホクビジン 笠松 7着
ゴールドソレイユ 笠松 11着
第12回(2015年) コスモフィナンシェ 水沢 8着
リワードレブロン 高知 9着
マイネヴァイザー 盛岡 12着
第13回(2016年) タッチデュール 笠松 11着
第14回(2017年) ミッキーヘネシー 高知 4着
トキノベラトリクス 笠松 11着
イッツガナハプン 高知 除外
第15回(2018年) イッツガナハプン 高知 7着
ミッキーヘネシー 高知 11着
ノースウッド 金沢 12着
第16回(2019年) サクラエール 高知 13着

出典・脚注編集

  1. ^ a b c d e 令和元年度 第 7 回川 崎 競 馬 競 走 番 組 (PDF)”. 川崎競馬公式Webサイト. 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ 川崎競馬出走馬一覧表令和1年度第7回川崎競馬第2日8月22日(木) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年8月20日閲覧。
  3. ^ 第11回スパーキングサマーカップ(SⅢ)”. 川崎競馬倶楽部ブログ (2014年8月21日). 2015年8月13日閲覧。

関連項目編集

上記の2つはどちらも同じく日刊スポーツ新聞社が優勝杯を提供している南関東重賞競走。