メインメニューを開く
南長野運動公園 > 南長野運動公園総合球技場

南長野運動公園総合球技場(みなみながのうんどうこうえん そうごうきゅうぎじょう)は、長野県長野市南長野運動公園にあるサッカーラグビー等の球技専用のスタジアムである。施設は長野市が所有し、南長野スポーツマネージメント共同事業体が指定管理者として運営管理を行っている。

南長野運動公園総合球技場
"長野Uスタジアム"
Minaminagano-15032202.JPG
南長野運動公園総合球技場の位置(長野市内)
南長野運動公園総合球技場
南長野運動公園総合球技場の位置(長野県内)
南長野運動公園総合球技場
施設情報
所在地 長野県長野市篠ノ井東福寺字上組北320
位置 北緯36度34分49.27秒 東経138度10分3.2秒 / 北緯36.5803528度 東経138.167556度 / 36.5803528; 138.167556座標: 北緯36度34分49.27秒 東経138度10分3.2秒 / 北緯36.5803528度 東経138.167556度 / 36.5803528; 138.167556
開場 2002年(旧スタジアム)
2015年3月(新スタジアム)
修繕 2014年1月-2015年2月
取り壊し 2013年8月(旧スタジアム)
所有者 長野市
運用者 南長野スポーツマネージメント共同事業体
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 120m×80m
建設費 71億4千万円
設計者 竹中工務店東畑建築事務所・アーキプラン
建設者 竹中工務店・北信土建・千広建設
使用チーム、大会
AC長野パルセイロJリーグ
AC長野パルセイロ・レディース日本女子サッカーリーグ
収容能力
15,491人
アクセス
#アクセスを参照。

目次

概要編集

1998年長野冬季オリンピックのメイン会場となった長野オリンピックスタジアム野球場)を含む南長野運動公園内の一施設として、2002年に完成した。天然芝グラウンド(148m×74m)1面を有し、照明設備4基を備えていたが、大型映像装置は無かった。

その後は日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)クラブであるAC長野パルセイロ(パルセイロ)や日本女子サッカーリーグに所属するAC長野パルセイロ・レディース(パルセイロL)がホームスタジアムとして使用したほか、北信越フットボールリーグアルティスタ東御上田ジェンシャンなど)の公式戦、長野県サッカー選手権大会(天皇杯全日本サッカー選手権大会長野県予選)、全国高等学校サッカー選手権大会の県予選、全国高等学校ラグビーフットボール大会長野県予選、東海学生アメリカンフットボールなどに利用されていた。

元々は収容人員6,000人の小規模な球技場だったが、AC長野パルセイロのJ1参入目標を視野に施設の全面改築を実施。2013年8月に既存施設が取り壊され、2014年1月から工事に着手。2015年3月に全面改築工事が完了した。新スタンドは上から見た姿がアルファベットの「U」字型をしており、古代オリンピックが行われたコロシアムをイメージして設計されている。

2016年4月1日、指定管理者が電算およびコナミスポーツ&ライフから南長野スポーツマネージメント共同事業体へ変更された[1]

命名権については2015年9月より募集するも企業からの応募がないこともあってこれを中止し、スタジアムの愛称を市民からの公募で決める事となり[2]、2016年11月に愛称を「長野Uスタジアム」(ながのユースタジアム)とする事が発表された[3]。パルセイロのホームゲームでは2017年シーズンよりこの名称が使用される。

改築工事に至る経緯編集

2011年
パルセイロが日本フットボールリーグへ昇格したのに伴い、メインスタンド上段にマッチコミッショナー室や医務室を兼ね備えたプレハブ席を設置した[4]
なお、パルセイロが日本プロサッカーリーグに加盟するためにはJリーグ ディビジョン2開催基準に適合したスタンドの増築が必要となるが、巨額の経費が見込まれるため、具体的な改築計画策定には至っていなかった。また、一部報道によると公園全体の敷地が狭く、都市公園法で定められている建ぺい率等の法規制をクリアすることが困難であるとされ、長野市側はこれまで公式な見解を示さなかった。
11月、長野市によるパルセイロのJリーグ準加盟申請に必要な支援文書中に、「南長野運動公園総合球技場の改修は可能」と盛り込むことが明らかとなったが、改修の時期や50~60億円と見込まれる改修費用の予算取りはこれから検討するとした[5]
パルセイロがJリーグ準加盟を2011年末に申請したものの継続審議となったが、これはスタジアムのJ規格への整備計画年度が長野市側(2016年度以後)とパルセイロ側(2014年度)とで異なるためであった。その後パルセイロは同年に、2016年シーズン開始までに同競技場を改修する計画を提示した上で再度申請を行い、準加盟が認められた[6][7]
2012年
8月29日、長野市による改修の概算が発表された[8]。予算については当初の60億円程度との試算を上回り、80億円を要することが明らかにされた。これは、当初の計画ではJ2仕様である1万人収容規模としていたが、J1仕様の1万5千人収容規模とすること(芝生の縦方向のサイズを130mに縮小し、その分ゴール裏の座席を新設する)やメインスタンドへの屋根の設置、駐車場の整備等を盛り込んだため大幅に膨らんだ。財源についても国庫支出金38億円を見込み、残りを市債や一般財源にするなどと発表された。
設計・施工については設計施工一体型の公募型プロポーザル方式を採用。工期についても2012年度末までに設計施工者の選定を行い、2013年度末までに設計、現施設の解体を行い工事に着手し、2016年度シーズンからの使用開始を見込むが、業者側からの提案によっては工期が短縮される可能性もあるとした。
2013年
長野市が公募した整備事業プロポーザルに大手ゼネコンを中心企業とした5JVが参加。2月12日に、竹中工務店東畑建築事務所・北信土建・千広建設・アーキプランのJVを設計・施工者に選定した。事業費は71億4千万円。事業費では竹中を下回る提案があったものの、プレキャストコンクリートを積極的に用いる工法を採用することで長野市の当初想定より8ヶ月の工期短縮をはかり2015年シーズンに間に合う工程としたこと、長野の自然環境を考慮したライフサイクルコスト削減につながるプランニングにより高評価を得た[9]。解体工事が2013年8月より実施され、2014年1月より本体工事に着工。2015年2月末までに完成させ、2015年3月に供用を開始する予定[10][11]
収容人員については15000人とするが増設可能であるとされた。屋根は4面全面に設置にするとされた。芝生の生育をしやすくすることを配慮し、南側ゴール裏スタンドは屋根を含めやや低めにセットされ、また南北サイドスタンド下全面に風道を設け、芝の管理に十分な配慮がされたものになる予定である。また太陽光発電を活用し、維持管理費を削減するものであるとされた。[12][13][14] また、3月21日に選定の説明資料が公開され、アウェイ側となる南側サイドスタンド以外の3面を2層式のU字型スタンドとすることや、サイドスタンドは車椅子席を除き立見席とすることとし、収容人員はVIP(84席)、立見席(5154席)、グループ席(144席)、車椅子席(56席)含めて15525人(この他に記者席80席)となる計画であるとの詳細が発表された。[15]
これに先立ち、パルセイロおよびパルセイロLを運営する株式会社長野パルセイロ・アスレチッククラブは本競技場が改修される2013年夏~2014年度の公式戦主催試合を佐久総合運動公園陸上競技場(佐久陸)で代替開催する旨の協定を佐久市と締結した[16]。なお、2013年シーズンについてパルセイロは8月以降のホームゲーム6試合を、パルセイロLは同じくホームゲーム2試合を佐久陸で開催した。
2014年
2月5日、長野県が改修費用の一部として5億円程度の補助をする方針である事が明らかになった[17]。長野市によると[18] 当初計画の71億円から人件費増加、消費税増税等の理由から79億7千万円になったとされ、国からの補助金38億円、市債32億円、寄付金6億円、市の一般財源4億円を財源として見込むものの、寄付金が予定額を2013年末時点で約1800万円と大幅に下回っている[19] など確保の見通しが立っていないことから、1月に加藤久雄長野市長が阿部守一長野県知事に対して要望書を提出した。(その後、パルセイロを支える有志や自治体の広報活動の努力などにより、2014年12月末現在で、1億7千万円を超える寄付金が集まっている)
8月には、当初は立見席とする計画であったサイドスタンドを椅子席に変更することが発表された。建設コスト削減の目的で立見席とする計画であったが、日本サッカー協会との打ち合わせで出た意見(日本サッカー協会が定めるガイドライン「スタジアム標準」への準拠等)などを検討した結果椅子席とすることにした。市の発表では国際大会の招致のためには全席に椅子が必要であること、サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)や男子のアンダー代表の試合開催の可能性があること、2020年東京五輪の際のキャンプ地となる可能性があること、が説明された。これにより全席に椅子が設置されることになるが、完成は計画通り2015年2月末の予定である。[20]
10月には、当球技場に誘致を予定していた2019年ラグビーワールドカップの試合会場の立候補を長野市が断念したと報道された。[21]
12月、2015年5月28日サッカー日本女子代表の国際親善試合が開催されることが発表された。対戦相手、開催時刻は発表時点では未定。2015年6月に行われる2015 FIFA女子ワールドカップの前の最後の国際親善試合として、5月24日開催の香川県立丸亀競技場と共に選ばれた。長野県内での日本代表の試合は、アルウィン2010年5月8日女子アジアカップの壮行試合として行われたメキシコ代表戦以来2回目。[22]
その後2015年2月にキリンチャレンジカップ2015としてイタリア女子代表と対戦することが発表された。[23]
2015年
1月22日に発表されたリーグ戦日程で3月22日の明治安田生命J3リーグ第2節「AC長野パルセイロ vs. SC相模原」戦が南長野球技場の改修後最初の試合となることが決定し、2015年はパルセイロのホームゲーム全試合が南長野での開催となることになった[24]
3月8日、竣工式と内覧会が行われた[25]

アクセス編集

平日11本のうち、運動公園経由は4本のみ。土曜・休日は全便運休。
  • 篠ノ井駅東口からタクシー約10分、徒歩約40分
    • Jリーグ開催時は、篠ノ井駅東口よりシャトルバスが運行される[26]

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 長野市・平成27年度 指定管理者選定結果一覧 (PDF)
  2. ^ AC長野ホームに変わらぬ愛称を 命名権販売中止し市民に募集へ - 信濃毎日新聞、2016年7月6日
  3. ^ 愛称「長野Uスタジアム」に AC長野本拠地 - 中日新聞、2016年11月20日
  4. ^ “パルセイロの本拠地球技場 長野市の改修工事終える”. 信濃毎日新聞. (2011年3月30日). http://www.shinmai.co.jp/soccer/2011/03/post-203.html 2015年3月22日閲覧。 
  5. ^ “南長野運動公園「改修は可能」 長野市がAC長野支援文書に記載”. 信濃毎日新聞. (2011年11月23日). オリジナルの2011年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111215011720/http://www.shinmai.co.jp/news/20111123/KT111122ATI090015000.html 2015年3月22日閲覧。 
  6. ^ “Jリーグが長野パルセイロの準加盟を承認”. 日刊スポーツ. (2012年7月24日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20120724-988159.html 2012年7月24日閲覧。 
  7. ^ “AC長野、J準加盟承認 昇格へ1条件クリア”. 信濃毎日新聞. (2012年7月24日). http://www.shinmai.co.jp/soccer/2012/07/post-435.html 2012年7月24日閲覧。 
  8. ^ 南長野運動公園総合球技場 整備事業について”. 長野市 (2012年8月29日). 2012年8月31日閲覧。
  9. ^ “五輪見据えた前哨戦-竹中工務店、南長野総合球技場改修で工期14カ月「急速施工」”. 日刊建設工業新聞. (2014年12月10日). http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0920141210ceam.html 2015年3月22日閲覧。 
  10. ^ 竹中JVを選定/南長野サッカー場設計施工”. 長野経済新聞 (2013年2月15日). 2013年12月25日閲覧。
  11. ^ AC長野本拠地でお別れイベント”. 信濃毎日新聞 (2013年7月30日). 2013年12月25日閲覧。
  12. ^ 長野市南長野運動公園整備事業について”. AC長野パルセイロ (2013年2月13日). 2013年2月13日閲覧。
  13. ^ 長野市の南長野運動公園改修 完成は15年2月末予定”. 信濃毎日新聞 (2013年2月13日). 2013年2月13日閲覧。
  14. ^ 南長野運動公園総合球技場整備事業設計者及び施工者選定に係るプロポーザル 最優秀者の決定について”. 長野市 (2013年2月14日). 2013年2月15日閲覧。
  15. ^ 南長野運動公園総合球技場整備事業設計者及び施工者最優秀案の説明資料について”. 長野市 (2013年3月21日). 2013年3月22日閲覧。
  16. ^ 佐久でAC長野戦開催 球技場改修の間 協力協定結ぶ”. 信濃毎日新聞 (2013年1月25日). 2013年2月15日閲覧。
  17. ^ AC長野ホーム球技場に5億円補助 県、予算案に計上へ”. 信濃毎日新聞 (2014年2月6日). 2014年2月18日閲覧。
  18. ^ 「南長野運動公園総合球技場」整備事業の設計結果について”. 長野市 (2014年1月6日). 2014年3月12日閲覧。
  19. ^ 『信濃毎日新聞』2014年2月12日付朝刊
  20. ^ 広報ながの平成26年8月号”. 長野市 (2014年7月31日). 2014年9月15日閲覧。
  21. ^ 19年W杯ラグビー試合会場 長野市、立候補見送りへ”. 信濃毎日新聞 (2014年10月30日). 2014年11月13日閲覧。
  22. ^ なでしこ、5月に長野で親善試合 連覇狙うW杯の開幕直前に”. 信濃毎日新聞 (2014年12月11日). 2014年12月28日閲覧。
  23. ^ なでしこジャパン(日本女子代表) 対 イタリア女子代表【5/28(木)@長野】 キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社の特別協賛が決定”. JFA.jp (2015年2月5日). 2015年2月9日閲覧。
  24. ^ 2015明治安田生命J3リーグ日程が決定しました。(第1節~第20節 ) - 2015年1月22日 AC長野パルセイロ公式サイト
  25. ^ 南長野運動公園総合球技場が竣工”. 日本サッカー協会 (2015年3月9日). 2015年3月22日閲覧。
  26. ^ チケット/観戦 AC長野パルセイロ 2015年3月25日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集