メインメニューを開く

信義線(しんぎせん)は、台湾台北市中正区にある中正紀念堂駅信義区にある象山駅を結ぶ台北捷運路線板南線松山線と並走して市内を東西に横断する。淡水線とあわせて淡水信義線として直通運転を実施している。また、象山駅以東の延伸も計画中である。

信義線
信義線台北101/世貿駅
信義線台北101/世貿駅
基本情報
路線網 台北捷運
起点 中正紀念堂駅
終点 象山駅
駅数 7
開業 2013年11月24日
運営者 台北捷運公司
路線諸元
路線距離 6.4 km
軌間 1,435 mm
電化方式 直流750V
最高速度 80 km/h
路線図
路線図
テンプレートを表示
信義線
各種表記
繁体字 信義線
簡体字 信义线
拼音 Xìnyì Xiàn
注音符号 ㄒㄧㄣˋ ㄧˋ ㄒㄧㄢˋ
発音: シンイーシェン
台湾語白話字 Sìn gī sòaⁿ
日本語漢音読み しんぎせん
英文 Xinyi Line
テンプレートを表示

目次

路線データ編集

概要編集

信義線開業までは台北の地下鉄で東西路線は板南線のみであった。東西方向の移動の利便性向上と台北駅での乗り換えの混雑を緩和するために計画された路線である。2013年11月24日に象山駅まで部分開業し淡水信義線として、淡水線に直通運転している。また、象山駅以東の延伸も計画中である。

歴史編集

  • 7月6日 - 民権西路駅 - 象山駅間で週4日・1日4時間程度の試運転開始。
  • 10月13日 - 台北市政府による初期審査開始。
  • 10月25日 - 総合試運転開始。
  • 11月8日 - 交通部への初回開業審査申請。
  • 11月13日 - 審査での指摘項目を改善し、交通部へ最終審査申請。
  • 11月15日 - 交通部が開業を認可。
  • 11月24日 - 中正紀念堂駅 - 象山駅間が開通、淡水線と直通運転。

駅一覧編集


番号
駅名 接続路線・備考 所在地
日本語 繁体字中国語 英語
R08 中正紀念堂駅 中正紀念堂站 Chiang Kai-Shek Memorial Hall Station   緑線G10新店線小南門線
  紅線淡水線

  万大樹林線LG01

台北市 中正区
R07 東門駅 東門站 Dongmen Station
  橘線O06新荘線 中正区
大安区
R06 大安森林公園駅 大安森林公園站 Daan Park Station   大安区
R05 大安駅 大安站 Daan Station   棕線BR09文山線
R04 信義安和駅 信義安和站 Xinyi Anhe Station  
R03 台北101/世貿駅 臺北101/世貿站 Taipei 101/World Trade Center Station   信義区
R02 象山駅 象山站 Xiangshan Station
R01 広慈/奉天宮駅 廣慈/奉天宮站 Guangci/FengtianTemple Station 建設中
  • 背景色がかつ斜字体で示す駅は未開業の駅。
  • 信義松徳駅(旧R04駅)は地元住民の反対で用地取得が出来なかったことと、象山駅が685mしか離れていないことから建設中止となった[6]

使用車両編集

運行形態編集

ほぼ全列車が淡水線との直通運転を実施している。運行時間は6:00から24:00頃までで淡水駅 - 象山駅北投駅 - 大安駅の系統が交互に走行している。淡水線と新店線が直通運転を行っていた頃は23:00以降を除き北投駅 - 象山駅の系統で運転されていた。23:00以降は殆どの列車が台北車站 - 象山駅の区間運転となっていたが、終電間近の数本を除き淡水駅行きの列車に接続し中山以北への乗り換えが可能なよう考慮されていた。

列車は全て各駅停車で、日中は概ね8~10分間隔(平日のラッシュ時は約6分間隔)で、23:00以降は運転本数が減少する。時刻表は存在しないが、全ての駅のホームと改札周辺などに、行先別に次の列車到着までの残り時間を刻々と示す案内表示が設けられている。

脚註編集

外部リンク編集