吉田 和幸(よしだ かずゆき)は、日本の元アマチュア野球選手である。ポジションは内野手二塁手)。

吉田 和幸
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 1949年
選手情報
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

来歴・人物編集

報徳学園高校では二塁手、一番打者として甲子園に3回出場。1966年夏の選手権は、1年上のエース前田正広(中大新日本製鐵広畑)の好投もあり勝ち進む。準々決勝は平安高門野利治との投手戦を1-0で制し準決勝に進むが、この年に春夏連覇を達成する中京商に惜敗。1年上のチームメイトに荒武康博がいた。

1967年春の選抜は同期の森本敏明(三菱重工神戸)がエースとなる。1回戦で若狭高川藤幸三を打ち崩し大勝。準決勝に進むが、エース吉良修一を擁する津久見高に延長10回敗退。同年夏は県予選決勝で、藤村雅美吉岡邦広らがいた三田学園を降し、夏の選手権に連続出場を果たす。しかし2回戦で東奥義塾に敗れた。他の高校同期に四番打者の安田広輝(法大本田技研鈴鹿)がいる。同年のドラフト会議西鉄ライオンズから10位指名されたが入団を拒否[1]

駒澤大学に進学。東都大学野球リーグでは1968年春季リーグで優勝を経験するが、自身の活躍の場はなかった。1971年秋季リーグではエース杉山重雄の活躍もあって日大に次ぐ2位となり、ベストナイン(二塁手)に選出される。

卒業後はクラレ岡山に入社。1972年都市対抗に二塁手、一番打者として出場[2]。しかしクラレ岡山の業績不振もあって野球部は解散、神戸製鋼に移籍した。1977年都市対抗では五番打者として起用される。増岡義教(三菱重工神戸から補強)、登記欣也の二本柱が好投、決勝では増岡が熊谷組を完封し優勝を飾る[2]。同年の社会人野球日本選手権でも準決勝に進み、住友金属森繁和に完封を喫するが、通算11打数6安打で首位打者賞を獲得、大会優秀選手に選出された[3]

現役引退後は神戸製鋼や福井工業大学で監督を務めた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 過去のドラフト 第3回(1967年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月25日閲覧。
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 「日本社会人野球協会会報1977」日本社会人野球協会 1978年

関連項目編集