メインメニューを開く

名古屋市交通局100形電車

100形(レトロでんしゃ館にて)

名古屋市交通局100形電車(なごやしこうつうきょく100がたでんしゃ)は、かつて名古屋市交通局名古屋市営地下鉄東山線で使用されていた通勤形電車である。

なお、本稿では100形の中間車として製造された500・700形、100・500形をベースに改良された200・600形、700形より改造された250形についても記述する。

概要編集

 
100形運転席(レトロでんしゃ館にて)
 
100形車内(レトロでんしゃ館にて)

100形編集

1957年昭和32年)の東山線名古屋駅~栄町(現・栄駅)間開業に際して登場し、1963年(昭和38年)までに40両が落成した。ボディーマウント構造モノコック車体を採用し、車体塗装は画家杉本健吉により選定された菜種色(黄色、ウィンザーイエロー)でその塗装から「黄電」と呼ばれた。この塗装は名古屋市営地下鉄の普通鋼製車両全般に使われたが、東山線では車体に帯を巻かない車両を用いるため、やがて「黄色が東山線のラインカラー」と意識されるようになった。

全長15.5 m級、幅2.5 m級の片開き3扉車体で、dD4D4D1の扉・窓配置をもつ。3扉で扉間の窓が4個というのは市電車両(路面電車)との共通点である。また、寸法的には東京メトロ銀座線(全長16 m, 幅2.55 m)より一回り小さい規格となる。

床下機器には当時新規製造されていた市電車両と同様に静寂性を重視しており、弾性車輪が採用された。車輪径762 mm, 台車軸距1,800 mmと足回りもコンパクトサイズである。また、特に朝の混雑が激しい藤ヶ丘方の先頭車は、後年戸袋窓の破損防止のためガラスの代わりに車体と(室内側は壁と)同色のボードをはめた。次項の200形にも同じ処置がされている。1988年(昭和63年)までに全車が廃車された。

先行試作車として製造された101号は下之一色線での試験運行時には貫通扉上に方向幕が設置されていたが、営業運転開始時に撤去され、量産車と同様に貫通扉に方向板が設置された。なお方向板の文字は開業時は「縦書き・黄地に紺文字」(1976年頃までには藤ヶ丘駅行は左右に紺色の線[1]、その後に星ヶ丘駅行は紺地に黄文字)だったが、1982年高畑駅まで延伸開業した際に「横書き・紺地に黄文字・英語表記追加」に変更された。

本形式から1975年までに製造された東山線・名城線車両(広義の「黄電」)は、すべて室内照明が天井の両隅すなわち側壁上部に設置され、荷棚(網棚)がなかった。ただし、これは製造当時の地下鉄車両では「乗車距離が短い」などの理由から他車でも省略された例が多く存在し、決して黄電のみに見られた特徴ではない。

500形編集

100形から運転台を取り除いて、簡易運転台を設置した構造の中間車として20両が製造された。

当初奇数の車両番号を有する車両のみが製造され、偶数番号の車両は後の4両編成化の際に製造される予定であった。しかし、その際に製造された中間車は後述する700形となったために奇数車のみの存在であった。1987年(昭和62年)までに全車が廃車された。

100・500形の主電動機出力は製造当初40 kWであったが、1974年(昭和49年)以降48 kWに増強された。駆動方式は直角カルダンである。当初の加減速性能は起動加速度3.0 km/h/s, 常用減速度3.5 km/h/sと現行よりも低かった。なお設計最高速度は78 km/hとされている。

200・600形編集

1964年(昭和39年)に登場した。ボディーマウント構造は保安上難点が多いため通常のボックスマウント構造・セミモノコック車体で、各4両が製造された。製造両数は少ないものの、名城線用の1000形のベースになっている。通風装置は100形がモニター屋根だったのに対し、箱型ベンチレーターが設置された。また主電動機出力は50 kWに増強され、駆動方式はWNドライブとされた[2]1990年平成2年)までに全車が廃車された。

700形編集

1965年(昭和40年)から100・200形の中間増備車として64両が製造され、再びモニター屋根となったが通常のボックスマウント構造である。709号までは片開き扉で簡易運転台付、主電動機出力は50 kWであったが、710号以降は名城線用の1000形電車をベースとした両開き扉で簡易運転台は廃され、主電動機出力は55 kWとされた。 250形に改造された車両を含めて1999年(平成11年)までに全車が廃車された。

なお、710号以降は車体外観こそ800形と同様であるが、制御回路電圧の違い(100・200形の36 Vに対し300形は100 V)から300形編成への挿入は不可能であった。

250形編集

 
250形(ブエノスアイレス地下鉄に譲渡後)

100・200形の廃車に伴い、比較的経年の浅い700形を活用するために登場した先頭化改造車である。日本の地下鉄としては今のところ、中間車が先頭車に改造された唯一の例である。

正面は5000形をベースとした左右非対称の切妻構造(5000形と異なり垂直)になり、東山線の「黄電」としては唯一、正面方向幕が設置された車両である。

1983年(昭和58年)から18両が日本車輌製造豊川製作所にて改造され、引き続き中間車に700形を挿入した編成を組んで使用された。1999年までに全車が廃車された。

他事業者への譲渡編集

保存車編集

107-108が廃車後藤ヶ丘工場で保管されていたが、2000年に日進工場隣接の「レトロでんしゃ館」が開館するに当たり同館へ移設の上公開保存されている。この際に107の戸袋部は金属板から窓ガラスに戻された。

135の前頭部が日進工場内に保管されており、イベント時に公開される。

また、市営交通資料センターには100形の運転台が展示されており、実際に動かすことができる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 名古屋市広報紙『広報なごや』第343号(1976年7月)p.3
  2. ^ 名古屋市営地下鉄の車両は、これ以降全てWNドライブとなっている(鶴舞線に乗り入れる名鉄100系を除く)。

関連項目編集