メインメニューを開く

回基駅(フェギえき)は、大韓民国ソウル特別市東大門区徽慶洞朝鮮語版にある韓国鉄道公社(KORAIL)の大前という副駅名がある。

回基駅
駅舎(2018年撮影)
駅舎(2018年撮影)
회기
フェギ
Hoegi
(慶大前)
所在地 大韓民国の旗ソウル特別市東大門区回基路 196 (徽慶洞朝鮮語版 317-101)
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 運転簡易駅
駅等級 3級
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
29,064人/日(降車客含まず)
-2009年-
開業年月日 1980年4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 1号線(京元電鉄線)
(正式には京元線
駅番号 123
キロ程 41.5km
◄122 外大前 (0.8km)
(1.4km) 清凉里 124►
所属路線 京義・中央線
京春線直通含む)
(正式には中央線
駅番号 K118
キロ程 61.6km(***起点)
1.4km(清凉里****起点)
◄K117 清凉里 (1.4km)
(1.8km) 中浪 K119►
備考 *首都圏電鉄1号線の起点として
**京元線の起点として
***京義・中央線の起点として
****中央線の起点として
回基駅
各種表記
ハングル 회기역
漢字 回基驛
平仮名
(日本語読み仮名)
かいきえき
片仮名
(現地語読み仮名)
フェギヨク
英語 Hoegi Station
テンプレートを表示

駅名の由来編集

駅の近くに李氏朝鮮の第10代国王・燕山君の生母である廃妃尹氏の墓地「懐墓(회묘)」がある。墓地名は元々「尹氏之墓(윤씨지묘)」だったが、1504年に燕山君が尹氏を「斉献王后(제헌왕후)」に復位させ「懐陵(회릉)」になることで周りの地域名は「懐陵洞(회릉동)」になった。しかし1506年中宗が彼女の諡号「斉献王后」を剝奪するとともに彼女の墓地名を「懐墓(회묘)」に格下げすることで地域名は「懐墓洞(회묘동)」になった。その以後、画数の多い「懷」を「回」に変え、意味の悪い「墓」を純化して「基」に変えることで「回基」という名が誕生した。

利用可能な鉄道路線編集

韓国鉄道公社
  1号線(京元電鉄線) - 駅番号123
  京義・中央線 - 駅番号はK118
  京春線 - 駅番号はK118

歴史編集

駅構造編集

島式ホーム2面4線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。西側1面2線を1号線が、東側1面2線を京義・中央線が使用している。両線共にフルスクリーンタイプのホームドアが設置されている。

出入口は1番と2番がある。

のりば編集

ホーム 路線 方向 行先
1   1号線(京元電鉄線) 上り 光云大倉洞議政府楊州東豆川逍遥山方面
2   1号線(京元電鉄線) 下り ソウル駅九老仁川水原西東灘方面
3   京義・中央線 下り 徳沼楊平龍門  京春線春川方面
4   京義・中央線 上り 清凉里龍山幸信一山方面

利用状況編集

近年の一日平均利用人員推移は下記のとおり。

路線 乗車人員 注釈
2000年 2001年 2002年 2003年 2004年
  京元電鉄線 25366人 28545人 28962人 32830人 25790人 [1]
路線 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
  京元電鉄線 24678人 26792人 27958人 28812人 29064人 [1]

駅周辺編集

1番出口編集

2番出口編集

隣の駅編集

韓国鉄道公社
  1号線(京元電鉄線)
急行・緩行
外大前駅 (122) - 回基駅 (123) - 清凉里(ソウル市立大入口)駅[2] (124)
  京義・中央線
中央急行
清凉里駅 (K117) - 回基駅 (K118) - 上鳳駅 (K120)
龍山急行・緩行
清凉里駅 (K117) - 回基駅 (K118) - 中浪駅 (K119)
  春川線(清凉里-忘憂間は京義・中央線)
急行・緩行
清凉里駅 (K117) - 回基駅 (K118) - 中浪駅 (K119)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 정보공개 공개자료실 Archived 2011年7月22日, at the Wayback Machine., 코레일 (2005·2009년은 철도정보 일반자료실 Archived 2011年1月8日, at the Wayback Machine.)
  2. ^ ソウル交通公社管轄駅。

関連項目編集

外部リンク編集