団結小屋

沖縄県伊江島にある団結道場。
米軍の土地収用反対闘争の拠点であった。

団結小屋(だんけつごや)とは、労働争議社会運動において、その「闘争」の現地に設けられた半常設の拠点。

目次

概要編集

 
埼玉新都市交通伊奈線の反対運動で使用された団結小屋跡。地権者宅上空の空中権を収用した。

労働争議社会運動が起きた場合、支援者たちはテントを現地に設営して、その闘争を支えた。しかし闘争が長期化した場合、テントのような仮設拠点ではなく、半常設の闘争拠点が求められた。これが「団結小屋」である

団結小屋は、現地に程近い民家を借りたり、現地に直接プレハブ小屋を建てることによって設けられる。「○○現地闘争本部」といった名称が多い。

団結小屋は、その闘争の「司令部」という役割の他に、活動家が常時寝泊りが出来る宿泊施設という機能も兼ね備えている。また部外者に、この闘争の意義を伝えるプロパガンダの場としても使われることもある。

団結小屋が用地買収の対象の土地である場合、一坪共有地として対抗することもある。その場合、買収のために、交渉・行政代執行などを行う必要がある。土地を取得しても団結小屋が残っている場合は、さらに裁判などで明け渡しや建物撤去の強制執行を行う必要がある。

成田空港問題における団結小屋編集

 
 
天神峰現地闘争本部
 
横堀現地闘争本部
 
横堀鉄塔
 
岩山鉄塔
 
木の根ペンション
 
天浪団結小屋
 
 
駒井野団結小屋
 
農民放送塔
成田国際空港周辺の団結小屋

成田空港問題でも、日本の新左翼三里塚闘争の一環として、成田空港予定地やその近くに団結小屋を数多く設営した。

これらの団結小屋の特徴として、飛行機の離着陸を妨害するために、外観を鉄塔状にしたものが多く、あたかも城郭における櫓のような建築物であった。中には高さ20mの鉄塔を装備して4層フロアを持つ構造物もあった。

1971年(昭和46年)の第一次代執行および第二次代執行でも設営された団結小屋を排除した。

1978年(昭和53年)、日本国政府はこれらの団結小屋を規制するため、新たに新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法(成田新法、現・成田国際空港の安全確保に関する緊急措置法)を成立させた。

成田新法第3条では、規制すべき団結小屋を次のように定義している。

  • 多数の暴力主義的破壊活動者の集合の用
  • 暴力主義的破壊活動等に使用され、又は使用されるおそれがあると認められる爆発物、火炎びん等の物の製造又は保管の場所の用
  • 新東京国際空港(2004年4月1日以降は成田国際空港)又はその周辺における航空機の航行に対する暴力主義的破壊活動者による妨害の用

日本国政府は成田新法に基づき、多くの団結小屋を閉鎖に追い込んでいった。撤去活動に際しては新左翼は2000本の火炎瓶を準備して抵抗することもあり、日本国政府は警察の機動隊や放水車、重機を投入して対応した。

空港敷地内で未買収地の団結小屋は、2016年(平成28年)現在、空港用地内に5棟、保安用地に2棟が残存する[1]

なお、三里塚芝山連合空港反対同盟(以下、反対同盟)が呼ぶ、同じく団結の名の付く「団結道路」(団結街道)は、一坪共有地ではなく一般共有地である[2]

天神峰現地闘争本部編集

 
成田新法で使用禁止処分となった天神峰現地闘争本部

反対同盟によって成田国際空港B滑走路予定地西側に1966年昭和41年)12月に建てられた[3]。場所は千葉県成田市天神峰、敷地面積は約113平方メートルであった。当初は木造平屋建てだったが、後に増築され、鉄筋モルタル3階建てとなった。

1989年(平成元年)に成田新法に基づいて使用禁止となり、鉄条網で封鎖されたうえ、警察によって厳重に警備された。成田国際空港会社が2003年(平成15年)に地権者からの買収を完了し、翌2004年(平成16年)に反対同盟北原派を相手取り建物の撤去と敷地明け渡しを求めて提訴した[4]

2002年(平成14年)にB滑走路は暫定滑走路として供用を開始されたが、平行誘導路の一部がこの建物を避けるため大きく『へ』の字に湾曲した。2002年12月1日には、この箇所で航空機同士の接触事故が発生している。

2010年(平成22年)2月25日、千葉地方裁判所は反対派が土地使用の根拠とした『地上権』は認められないとし、建物撤去と敷地明け渡しを命じる民事訴訟判決が下った。[5]。なお、『団結街道』と呼ばれていた団結小屋に続く市道も、B滑走路西側誘導路の新設・線形改良によって空港用地に取り込まれる為、廃道となる[6]

2011年(平成23年)5月20日に、東京高等裁判所は反対派の控訴を棄却し、建物撤去と土地明け渡しの仮執行宣言を付す判決を出した[7]8月6日早朝より仮執行によって強制撤去が行われた[8]

撤去後、湾曲箇所の誘導路の線形改良工事が施されたが、反対派の耕作地があるため、2017年現在も平行誘導路の湾曲部が残されている。

横堀現地闘争本部編集

 
横堀現地闘争本部

空港第2ターミナル南東の芝山町香山新田、周りを誘導路で囲まれた空港用地内に存在していた。空港第2ターミナルの南側展望デッキより眺めることができたが、施設は塀で完全に囲まれ、外側からは建物等を目視できない状態になっていた。

三里塚・芝山連合空港反対同盟によって1982年(昭和57年)に建設され、1983年(昭和58年)の同盟分裂後は、熱田派の闘争拠点となった[9]1998年(平成10年)以降は使われておらず、2007年(平成19年)にはNAAが空港敷地外からアクセス出来ない状態にした[10]

横堀現地闘争本部の撤去をNAAが求めた裁判で、撤去と土地の明け渡しを命じた判決が確定[11][12]2017年(平成29年)5月30日深夜から31日未明までに強制撤去された[13][14][15]。撤去時、内部からは「横堀反対同盟」と書かれた看板等も発見された[15]

横堀鉄塔編集

 
現在も活動中の横堀鉄塔

「横堀大鉄塔」とも。空港敷地内の芝山町香山新田の空港用地内のC誘導路(旧横風用滑走路、C滑走路)の隣接地に存在する。この建物が存在するため、隣接する誘導路は迂回する形をしている。すべての方角は空港敷地内で囲まれており、建物へは地下道を通って到達する。鉄塔周辺の半分はフェンスで囲まれている。外観から「像の檻」と呼ばれることもある。

鉄塔内に沖縄県出身の彫刻家金城実の制作した「抗議する農民」と言う像が存在する[16]。空港第2ターミナルの南側展望デッキより眺めることができる。

鉄塔と同じ敷地内に「案山子亭」と言う小屋(反対同盟熱田派の本部を兼ねる)や、他界した活動家の碑が存在する[17]。また、鉄塔に隣接して一坪共有地(横堀一坪共有地)が存在しており、衛星写真などから見ると土地がくぼんでいることが確認できる[18]

岩山鉄塔編集

 
岩山鉄塔の鉄塔跡

反対派では「岩山大鉄塔」、「岩山記念館」とも呼ぶ。なお、成田国際空港の安全確保に関する緊急措置法(成田新法)による成田空港周辺の団結小屋等に対する使用禁止命令では通称「岩山団結小屋」としている。

1972年(昭和47年)に建てられた鉄塔は、A滑走路を離着陸する飛行機を阻害することを目的としており、高木仁三郎の提案に反対同盟青年行動隊が賛同して実現した[19]。なお鉄塔周辺の岩山部落の住民らは、鉄塔撤去のための道路敷設に必要な用地提供を切り札にして新東京国際空港公団と交渉を行い、集団移転した[20]1977年(昭和52年)に撤去が行われる。

鉄塔の撤去後も、鉄塔跡が残ったため、A滑走路南側の進入灯を計画通りに造れず、開港後も4,000mの滑走路を3,250mしか使用できなかった[21]。その後、進入灯設置基準が900mから720mへ変更されたことを受けて750mの進入灯を造り、2012年12月より本来の4,000mの滑走路の運用になった。

2011年6月20日、鉄塔跡とそこに続く道路を鉄板フェンスで囲む工事を行った[22]

三里塚野戦病院編集

千葉県山武郡芝山町朝倉字山王台にある。2012年(平成24年)8月12日に、中心的な建物のプレハブ2階建てが全焼した[23]成田国際空港の安全確保に関する緊急措置法(成田新法、旧「新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法」)第3条第1項の規定に基づく使用禁止命令によって、「岩山団結小屋」とともに使用禁止になっている[24]

木の根ペンション編集

成田市木の根の、空港敷地内のC誘導路(旧横風用滑走路、C滑走路)の隣接地に存在する。誘導路に囲まれた場所に存在するが、トンネルとトンネルの間から千葉県道・茨城県道44号成田小見川鹿島港線に接続している。「私有地立ち入り禁止」の看板が立っており、アクセスを試みるだけで警備員に呼び掛けられることがある[25]

名称に同じく、地名の木の根の名が付き、既に撤去されている「木の根団結砦」とは別建物である。

芝山鉄道芝山鉄道線建設予定地に存在していたことから、反対同盟(熱田派)によって2000年(平成12年)に約50メートル離れた現在の一坪共有地に移転した[26]。ペンションを含む敷地は、空港の監視塔によって警備が行われている。

例年、7月および8月にレイブイベント「タイガー&ドラゴン」を開催している[27]

ボランティア団体「地球的課題の実験村」も活動に使用している[28]

脚註編集

  1. ^ 成田空港~その役割と現状~ 2016年度 (PDF)”. 成田国際空港会社. 2017年2月26日閲覧。
  2. ^ 成田空港~その役割と現状~ 2016年度 資料編 2 (PDF)”. 成田国際空港 (企業) (2016年). 2017年3月7日閲覧。
  3. ^ 成田空港内の団結小屋、強制撤去に着手
  4. ^ 成田空港:空港反対派団結小屋訴訟あす判決 地上権の有無が争点に/千葉毎日jp 2010年2月24日
  5. ^ 成田空港:団結小屋の撤去命令、地上権を認めず…千葉地裁毎日jp 2010年2月25日
  6. ^ 成田空港 新誘導路、許可へasahi.com 2010年5月25日
  7. ^ 団結小屋撤去、仮執行認める=成田空港誘導路、湾曲解消へ―東京高裁asahi.com 2011年5月20日
  8. ^ 成田空港反対派「団結小屋」の強制撤去始まるasahi.com 2011年8月6日
  9. ^ “成田の反対派拠点撤去へ 団結小屋1棟、31日にも”. 産経新聞. (2017年5月30日). http://www.sankei.com/photo/story/news/170530/sty1705300001-n1.html 2017年5月31日閲覧。 
  10. ^ “成田空港内の団結小屋、30日深夜に撤去へ”. 読売新聞. (2017年5月30日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20170530-OYT1T50020.html 2017年5月31日閲覧。 
  11. ^ “成田、反対派の小屋撤去確定 空港会社が勝訴”. 北海道新聞. (2016年7月22日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0296019.html 2016年7月26日閲覧。 
  12. ^ “成田、反対派の小屋撤去確定 空港会社が勝訴”. 47NEWS. (2016年7月22日). http://www.47news.jp/news/2016/07/post_20160722185312.html 2016年7月26日閲覧。 
  13. ^ “成田空港の建設反対派拠点「団結小屋」が強制撤去”. テレビ朝日. (2017年5月31日). https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170531-00000003-ann-soci 2017年5月31日閲覧。 
  14. ^ “成田空港 団結小屋は残り6棟に 「横堀」を強制撤去”. 東京新聞. (2017年6月1日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201706/CK2017060102000199.html 2017年6月1日閲覧。 
  15. ^ a b “ヘルメット、看板… 闘争の歴史物語る用具 団結小屋強制撤去”. 千葉日報. (2017年6月1日). https://www.chibanippo.co.jp/news/national/412370 2017年6月1日閲覧。 
  16. ^ 成田成田空港の黒歴史に挑戦”. 2017年2月26日閲覧。
  17. ^ 横堀大鉄塔・案山子亭”. 2017年2月26日閲覧。
  18. ^ 横堀一坪共有地”. 2017年2月26日閲覧。
  19. ^ 鼎談 高木仁三郎さんを追悼して 2』、2017年4月閲覧。
  20. ^ 朝日新聞成田支局『ドラム缶が鳴りやんで―元反対同盟事務局長石毛博道・成田を語る』四谷ラウンド、1998年、66p
  21. ^ そのため、滑走路南側750mにディスプレイスド スレッシュホールドが設けられていた。
  22. ^ 岩山記念館周囲のフェンス張り弾劾!”. 三里塚芝山連合空港反対同盟 (2011年6月22日). 2017年8月11日閲覧。
  23. ^ “三里塚野戦病院 一部の建物全焼 芝山”. 千葉日報. (2012年8月14日). http://www.chibanippo.co.jp/news/national/96262 2017年3月6日閲覧。 
  24. ^ “成田空港周辺の団結小屋等に対する使用禁止命令” (プレスリリース), 国土交通省航空局, (2016年9月16日), http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku07_hh_000096.html 2017年3月6日閲覧。 
  25. ^ 成田成田空港の黒歴史に挑戦”. 2017年2月26日閲覧。
  26. ^ 三里塚現地日誌”. 革命的共産主義者同盟全国委員会. 2017年2月26日閲覧。
  27. ^ タイガー&ドラゴン”. 2017年7月8日閲覧。
  28. ^ 木の根プール”. 地球的課題の実験村. 2017年3月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集