メインメニューを開く

大下 宗吾(おおした しゅうご、1978年3月7日 - )は、日本の元お笑い芸人ローカルタレント。現在は北海道札幌市で飲食店を経営する実業家釧路市出身。北海道札幌南陵高等学校卒。身長178cm、血液型はB型。CREATIVE OFFICE CUEに所属していた。

おおした しゅうご
大下 宗吾
生年月日 (1978-03-07) 1978年3月7日(41歳)
出生地 北海道釧路市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 178cn
血液型 B型
職業 タレント
ジャンル テレビ番組ラジオ番組
活動期間 2003年 - 2018年
配偶者 既婚
著名な家族 大下菜織(妹)

妹はモーディアに所属し、モデルとして活動している大下菜織[1]

目次

略歴・人物編集

  • 高校3年生のときに芸人の道を目指し、同級生とのお笑いコンビ「パートアント」を結成。吉本興業札幌事務所のオーディションを受けるも、高校卒業と同時にコンビ解散。商事会社の営業マンやパチプロを経て、「オフィスキューネクストジェネレーション2003」のオーディションを受けて契約。2009年より小橋亜樹とのユニット「大小」としても活動していた。
  • R-1ぐらんぷり2012」に出場し3回戦敗退[1]。1回戦、2回戦、と勝ち進むたびに会場に駆けつける応援者が増え、有名芸人に負けない人気だった。
  • タレント活動と兼ねて行っていたすすきのジンギスカン店の経営に専念するため、2018年3月31日をもってOFFICE CUEを卒業し、芸能界から引退した[2]。その後、2019年2月10日放送のハナタレナックス特別編の全国放送SPにて、札幌市内を巡るすごろく企画中にTEAM NACSメンバーおすすめのジンギスカンの名店として数分ながら紹介され、本人も店主として出演した。ほぼ1年弱ぶりのメディア出演となった。
  • 2019年4月2日、4月9日放送の「おにぎりあたためますか」に経営しているジンギスカン店「成吉思汗 なまら」が取り上げられ店主として出演。2003年のタレントになる直前の映像が流れ、大泉洋戸次重幸に振られ大下自身の十八番であったものまねを久々に披露した。

芸風編集

  • お笑い芸人としては、キャラクターになり切っての一人コントを芸風としていた。主なキャラクターとしては、「カオナシ(千と千尋の神隠し)」「葉原秋男(秋葉原オタク)」「キム・タク(韓国人リポーター)」「菅野ひろし」「大下安すぎ」「いいだめつを」、などがいる。2008年には「あるある婆さん」というキャラクターで『エンタの神様』に出演した。
  • ものまねのレパートリーは親族のまねを合わせると30ほど。主なものは石破茂パク・ヨンハなどで、ゲームソフト『ストリートファイター』の登場人物のものまねもできるらしい。
  • 彼より繰り出されるネタから、彼のことを「大下シュール」と呼ぶこともある。

出演編集

ラジオ編集

テレビ番組編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

CM編集

脚注編集

  1. ^ a b こんな事書いたら兄に怒られるかな(; ̄ェ ̄)”. 大下菜織オフィシャルブログ (2012年2月25日). 2013年4月13日閲覧。
  2. ^ 大下宗吾 (2018年3月30日). “いつも応援して頂いている皆様へ”. CUE DIARY. CREATIVE OFFICE CUE. 2018年4月1日閲覧。