メインメニューを開く

大橋 祥正(おおはし よしまさ、1975年1月6日−)は、日本の映画テレビドラマなどの監督助監督である。

目次

人物・来歴編集

京都府出身。近畿大学理工学部建築学科卒業後、松竹鎌倉映画塾に入学。

映画塾在学中に目の不自由な祖父を記録したドキュメンタリー『ここだ ここだ』で、第21回東京ビデオフェスティバル銀賞を受賞。

以後、映画テレビドラマなど数々の作品に参加。

NHK連続ドラマ『プリンセスメゾン』にて、第33回ATP賞テレビグランプリドラマ部門優秀賞を受賞。

主な作品編集

監督編集

映画編集

  • 夜明けの記憶(2008年)

テレビドラマ編集

ドキュメンタリー編集

短篇編集

  • 同じ場所(2010年)

CM編集

VP編集

ミュージックビデオ編集

DVD編集


助監督編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • NHKスペシャル「東京ミラクル 第1集 美食の街 受け継がれる“築地の魂”」ドラマパート(2018年、NHK総合

ミュージックビデオ編集

CM編集

Vシネマ編集

  • 本気24(2002年、松竹
  • 本気21(2001年、松竹)
  • 仁義24,25,26,27(2000年、松竹)
  • 本気17,18,19,20(2000年、松竹)
  • 本気15,16(1999年、松竹)

アニメーション編集