メインメニューを開く

恋空』(こいぞら)は、美嘉ケータイ小説でありデビュー作。2005年から執筆が開始され[1]2006年には書籍化された。また2007年漫画化、映画化に続き、2008年にはテレビドラマ化もされた。 サイト上で連載されていたころはノンフィクションを標榜していたが、2008年現在では「事実を元にしたフィクション」ということになっている[2]

携帯Webサイト魔法のiらんどに掲載され、同サイトのBOOKランキングで160日連続で首位を獲得した[3]。2006年10月7日に書籍化され、上下巻を合わせた初版発行部数は30万部。2007年1月の時点で上下巻を合わせた発行部数は140万部を突破、2010年には200万部を突破した[4]。ケータイ小説界においてYoshiの『Deep Love』やchacoの『天使がくれたもの』に次ぐものである。特に女子中高生や20代の女性に支持を得た[5]。物語の舞台は2005年12月までとされている。

2007年10月下旬にはヒロの視点から描かれたサイドストーリー『君空』が発売されている。

また、2016年12月下旬には『「恋空」10年目の真実 美嘉の歩んだ道』が出版。「恋空」執筆のきっかけ、書籍化への決意、「恋空」バッシングの真相など、今だから語れる美嘉の本音を赤裸々に綴った全文描き下ろしの衝撃作。「恋空」に出てくる美嘉の家族、友人からの感動の手紙も収録。

目次

あらすじ編集

主人公・田原美嘉は、身長が低いこと以外は普通の女子高生であった。ある日、ノゾムにPHSの番号を知られたことがきっかけで偶然ヒロ(桜井弘樹)と知り合ってつき合うことになる。

ヒロは美嘉との交際に始めは本気ではなかったが、次第に本気になっていく。アヤとノゾムのカップルとダブルデートをしたり、一緒に授業をサボったりして高校生活を楽しんでいた。

そんな中、美嘉はヒロとの子供を妊娠する。2人は子供を出産することを決めたが、ヒロの元彼女・咲に強く押されて転び、美嘉は流産してしまう[6]。2人は大きなショックを受けるが、また強い絆で結ばれていく。

ところがある日、ヒロは美嘉に突然の別れを告げる。2人はそれぞれ別の相手とつき合うが、後に美嘉は、ヒロが末期のガンを患っており、“美嘉には幸せになってほしい”という願いから別れを選んだのだと知って、大好きな今の彼と別れ、ヒロの元へ走る。

ヒロは、適切な抗がん剤治療の甲斐もあり、髪の毛が抜ける程度の副作用で奇跡的に3年も生きながらえるが、別れの時が来るのを食い止めることはできなかった。

しかし、彼の死後、美嘉は彼の忘れ形見を身篭っていることを知り、今度こそ産み、彼の分まで育てることを決心するのであった。

登場人物編集

田原美嘉(美嘉)
本作の主人公。一人称は美嘉。身長148センチと小柄である。病気のヒロを大学に行きながら看病する。ヒロの病死後、川原で自殺を図ろうとするが、二羽の鳥を見て自殺することを踏みとどまる。
田原勝冶
美嘉の父。厳しいが、すべて美嘉のためを思ってのこと。
田原安江
美嘉の母。子供を産み、母になることの意味を深く説く、娘思いな母親。
田原さおり
美嘉の姉。妹のことをよく考えている。
桜井弘樹(ヒロ)
通称ヒロ。美嘉の恋人。最初は本気ではなかったが、次第に美嘉に惹かれていき、美嘉の恋人になる。しかし自分の命が長くないと知ると、自暴自棄になってシンナー乱交パーティーをやり、美嘉を悲しませないために美嘉との別れを選ぶ。
悪性腫瘍に冒された後から病没するまで日記を書いていた。日記の内容で、美嘉を真剣に愛す描写が全体的にある。
桜井博一
ヒロの父。美嘉の父とは対照的に、美嘉の妊娠、さらにヒロが高校を辞めて働くことを了承していた。
桜井明美
ヒロの母。
桜井ミナコ
ヒロの姉。美嘉のよき心の支え。
ヒロの元彼女。背が高く、メイクがなじんでいる大人っぽい女子生徒として描かれている。ヒロの彼女になった美嘉を妬み、妊娠している美嘉に危害を加え流産させたり、美嘉へのレイプをけしかけるたりと嫌がらせをした。中盤に再登場した時は妊娠していた。その後、立派に母親の役割を果たす咲の姿が伺える。
ノゾム
ヒロの親友で一番の理解者。無免許であるにもかかわらず、車で美嘉を病院まで送ったことがある。サイドストーリー『君空』には、ヒロ同様描かれている。
また、漫画では番外編『NOZOMU』という物語がある。
アヤ
美嘉の親友でノゾムの彼女。派手で美人。
ユカ
美嘉、アヤの友達。彼氏はいない様子。
タツヤ
美嘉の男友達。密かに美嘉のことを想っていたが、ある日それがヒロにばれてしまい、殴り合いの喧嘩をしてしまう。その後、ヒロはその腹いせに窓ガラスを割ってしまうが、ヒロたちによってその犯人になってしまい、高校を退学した。
サリナ
美嘉がヒロと別れた直後、ヒロがつき合いはじめた女。性格は悪く魔性の女。怒った美嘉によってヒロとの仲が悪くなり別れた。
ミヤビ
サリナと別れた後に付き合いはじめたヒロの彼女。そして美嘉の友達。学園祭のバンド演奏をきっかけに美嘉と仲良くなった。美嘉に元彼との思い出を無理に忘れる必要はないと助言していながら、密かにヒロとつき合っていた。美嘉とヒロの間の子供の写真を捨てろと言ってヒロと口論になり、破局。
福原優
ヒロと別れた後に付き合い始めた、少し年上の美嘉の彼氏。関西出身。美嘉の両親の離婚の危機を救う。美嘉いわく「海のような人で」、優しく包んでくれる。

評価編集

若者特に10代から20代の女性に圧倒的な支持を得て書籍、映像作品共に高い評価を受けた。

真実性編集

魔法のiらんどの編成部部長の草野亜紀夫は、著者の実体験だからこそ読者は共感でき、大ヒットしたのだと述べている[7]

しかし、例えば癌・妊娠に関する記述などについて現実にはありえないという指摘がある[8]本田透は、恋空の内容が客観的には実話ではないと判断せざるを得ないとしながらも、敬虔なクリスチャン聖書の内容を事実と信じるのと同じように、客観的な真理よりも救済を求める読者は物語を事実として受け止めるのだとしている[9]。また、速水健朗も、そういった真実性を批判の論点とするのは筋違いで、むしろそのような一般的には非現実的と思える設定にもかかわらず「事実である(事実を元にしている)」と宣言していることの意味を汲み取るべきだと述べている[8]

書籍情報編集

アスキー・メディアワークス社から文庫版が各々出ている。

漫画編集

COMIC魔法のiらんど双葉社)連載。作画は羽田伊吹

映画編集

恋空
監督 今井夏木
脚本 渡邉睦月
原作 美嘉
製作 森川真行
那須田淳
製作総指揮 濱名一哉
出演者 新垣結衣
三浦春馬
臼田あさ美
中村蒼
波瑠
小出恵介
音楽 河野伸
主題歌 Mr.Children旅立ちの唄
撮影 山本英夫
配給 東宝
公開   2007年11月3日
上映時間 129分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 39億円
テンプレートを表示

2007年11月3日公開の日本映画。製作はTBS東宝ほか。配給は東宝。今井夏木は本作が劇場映画の初監督作品である。主演は新垣結衣

キャスト編集

スタッフ編集

楽曲編集

作品解説編集

主なロケ地編集

撮影は大分県をメインに行われた。

  • 田原美嘉と桜井弘樹(ヒロ)が通う北崚高校:旧大分県立佐賀関高等学校(大分県大分市)ロケ直前に廃校となった。
  • 美嘉とヒロの思い出の川原:伊呂波川の河川敷(大分県宇佐市
  • ラストシーンに登場する電車:JR九州415系電車
  • 美嘉とヒロが自転車二人乗りして走った桜並木:大野川右岸緑地(大分県大分市須賀一丁目)
  • 劇中に出てくる観覧車:千手山公園(栃木県鹿沼市

興行・評価編集

観客動員数約314万人[10]、興行収入39億円[11] のヒットとなった一方、その年度最低の映画を選出する文春きいちご賞では2位にランクインした。

DVD編集

  • 恋空 プレミアムエディション(2枚組) 販売元:東宝 2008年4月25日 ASIN:B0013D39LU
  • 恋空 スタンダードエディション 販売元:東宝 2008年4月25日 ASIN:B0013D39M4

オリジナルサウンドトラック編集

  • 恋空 オリジナルサウンドトラック レーベル:HARBOR RECORDS 2007年10月31日 ASIN:B000YDBV80

オムニバスCD編集

フォトブック編集

テレビドラマ編集

恋空
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日19:56 - 20:54(58分)
放送期間 2008年8月2日 - 2008年9月13日(6回)
放送国   日本
制作局 TBS
ドリマックス・テレビジョン
演出 今井夏木
松田礼人
原作 美嘉「恋空~切ナイ恋物語~」
脚本 渡邉睦月
プロデューサー 加藤章一
出演者 水沢エレナ
三浦翔平
瀬戸康史

松下奈緒
岸谷五朗
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 テレビドラマ連動データ放送
エンディング 福井舞「アイのうた」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
2008年8月16日は北京オリンピック中継のため休止。
テンプレートを表示

TBS系列2008年8月2日から9月13日まで毎週土曜日19:56 - 20:54(JST)に放送された日本のテレビドラマ。全6話。

TBS土曜8時枠の連続ドラマの第2作であり、制作は映画版と同様にTBSが担当した。また、映画版スタッフからは監督の今井夏木、脚本の渡邉睦月などがドラマ版でも引き続き制作に携わった。

全編通して視聴率2桁台を記録した前番組『ROOKIES』に対し、本番組では視聴率は初回から最終回まで1桁台が続いた。

劇中で自転車を二人乗りするシーンが放映されるのに伴い、視聴者への注意喚起を訴えるテロップが表示された[12]

キャスト編集

スタッフ編集

楽曲編集

着うたで50万ダウンロード、オリコンチャートでも3カ月近くチャートした。

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2008年8月2日 2500万人が涙した真実のラブストーリー!
切ない純愛…感動の名作ついにドラマ化
今井夏木 5.6%
第2話 2008年8月9日 ずっと好きだったよ…
せつない初恋に衝撃のゆくえ~涙の急展開
5.9%
第3話 2008年8月23日 ぜったい幸せにするから!
許されない結婚と父の涙…
ヒロを襲う驚愕の真実
松田礼人 6.7%
第4話 2008年8月30日 もう、おまえの涙ふいてやれないから!
ヒロ悲しみの決意
6.3%
第5話 2008年9月6日 ずっと好きだったよ!
二人だけの結婚式…涙の最終章前編
今井夏木 7.6%
最終話 2008年9月13日 私は今でも空に恋をしています…
号泣の最終章終幕衝撃の結末! [13]
6.3%
平均視聴率 6.4%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

8月15日は北京オリンピック中継のため休止。

原作・映画版との違い編集

原作・映画版ではその後が描かれなかった美嘉とヒロの第2子が誕生していること、タツヤが経済的な理由(酒屋を経営している父親が病気で入院した)からもともと高校を中退するつもりであったことが描写されている。

原作との違い編集

  • 原作にある性的描写はカットされ、もしくはごくソフトなものに変更された。
  • 美嘉役を演じる水沢エレナは身長168cmで小柄とはいえず、この設定は無視されている。また、咲役の波瑠は身長164cmであり、美嘉の方が背が高く、美嘉同様設定は無視されている。

映画版との違い編集

現実には不自然であることから、映画では咲に押されて階段から転落して流産するように脚色されていた美嘉の流産が、原作同様咲に強く押されて転び流産するという流れになっている。

TBS系列 土曜8時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
ROOKIES
(2008.4.19 - 2008.7.26)
恋空
(2008.8.2 - 2008.9.13)
ブラッディ・マンデイ
(2008.10.11 - 2008.12.20)

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ 佐々木俊尚 『ケータイ小説家―憧れの作家10人が初めて語る“自分”』 小学館、2008年、15頁。ISBN 978-4093878166
  2. ^ 速水健朗 『ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち』 原書房、2008年、82頁。ISBN 978-4562041633
  3. ^ 本田透 『なぜケータイ小説は売れるのか』 ソフトバンククリエイティブ、2008年、48頁。ISBN 978-4797344028
  4. ^ 『いちご水』 著者略歴。
  5. ^ 杉浦由美子 『ケータイ小説のリアル』 中央公論新社、2008年、167頁。ISBN 978-4121502797
  6. ^ 現実には不自然であることから、映画では押されて階段から落ちて流産するように脚色された。
  7. ^ 『ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち』72頁。
  8. ^ a b 『ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち』167頁。
  9. ^ 『なぜケータイ小説は売れるのか』151頁。
  10. ^ TBSチャンネル - 恋空 | TBS CS 2013年9月22日閲覧 Archived 2013年9月26日, at the Wayback Machine.
  11. ^ 一般社団法人日本映画製作者連盟 - 2007年(平成19年)興収10億円以上番組 2013年9月22日閲覧
  12. ^ 「自転車を二人乗りするシーンがありますが、法律では自転車の二人乗りは禁止されています。この作品では演出上、危険のない場所で安全に配慮して特別に撮影を行っています。絶対に真似しないでください。」
  13. ^ 毎日放送ではプロ野球「阪神×広島」戦中継のため2008年9月14日16:00に振替放送

外部リンク編集