メインメニューを開く

大河原 孝夫(おおかわら たかお、1949年12月20日 - )は日本映画監督千葉県出身

おおかわら たかお
大河原 孝夫
生年月日 (1949-12-20) 1949年12月20日(69歳)
出生地 日本の旗 日本 千葉県
職業 映画監督
活動期間 1973年 -
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1973年早稲田大学教育学部卒業後東宝に別セクション採用で入社。入社後異動し、黒澤明本多猪四郎森谷司郎浦山桐郎監督らに師事する。

1987年、自らの筆によるシナリオ『超少女REIKO』が第13回城戸賞で準入賞し、1991年、自らメガホンをとり完成させる。当該作品にて本格的に監督デビューし、特撮を中心に活躍する。1997年の『誘拐』は映画賞を多数受賞するなど高い評価を受けたが、21世紀に入ってからは監督作品が途絶えている。

助監督作品編集

監督作品編集

インタビュー編集

  • 『俺とゴジラ』[1]
    • 「第六回 監督 大河原孝夫氏」

(2018年2月2日・前編、2月9日・後編)

    • 前編:助監督時代と森谷司郎監督
    • 後編:平成ゴジラ創造と川北紘一特技監督

出典・参考文献編集

  • 『日本映画人名事典・監督篇』キネマ旬報社、1997年。ISBN 4873762081
  • 『ゴジラ2000 ミレニアム 超全集小学館、1999年。ISBN 4-09-101471-2
  • 『平成ゴジラクロニクル』キネマ旬報社、2009年。ISBN 4873763193
  • 『映画の賞辞典』日外アソシエーツ、2009年。ISBN 4816922237
  • 『映画賞受賞作品事典 邦画編』日外アソシエーツ、2011年。ISBN 4816923128

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]