メインメニューを開く

概観編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 大阪夕陽丘学園短期大学における建学の精神は「学園に来たり学ぶ者は、知能・技能より、その第一に良き人間になることを心がけなければならぬ」となっている。
  • 「愛と真実」が教育理念となっている。

教育および研究編集

  • 大阪夕陽丘学園短期大学は現在、服飾および食物に関する専門教育が行われている。
  • イタリアでの海外研修旅行が行なわれている。

学風および特色編集

  • 大阪夕陽丘学園短期大学は、旧来まで女子のみを対象としていたが2009年度より男女共学となった。
  • 「個性を育む自由な学風」・「実践重視のカリキュラム」が売り物とされている。
  • 転学科制度がある。

沿革編集

  • 1939年 株式会社大丸 元社長 里見純吉の発意にもとづき、大丸洋裁研究所をに設立。
  • 1942年 大阪市天王寺区に移転。「大丸洋裁学校」のち「大阪家政学園」と改称し、男女卒業者を対象とする。
  • 1943年 戦時の要請により、保健婦養成施設の指定を受ける。大阪女子厚生学園と改称。
  • 1946年 文化部を新設し従来の保健婦養成部門を厚生部とする。
  • 1947年 財団法人大阪女子厚生学園を設立。
  • 1950年 大阪女子厚生学園厚生部・文化部を廃止、大阪女子学園短期大学を設立。
  • 1951年 財団法人大阪女子厚生学園を学校法人大阪女子学園に組織変更。
  • 1963年 家政科を改組。
    • 被服科
    • 食物科
  • 1972年 学科名を変更。
    • 被服科→被服学科
    • 食物科→食物学科
  • 1999年 被服学科が服飾文化学科に改称。
  • 2003年 服飾文化学科をファッション表現学科に改称。食物学科を専攻分離する。
    • 食物栄養専攻
    • 食生活専攻
  • 2005年 学校法人大阪夕陽丘学園、大阪夕陽丘学園短期大学と改称。
  • 2009年 男女共学となる。学科も改変。食物学科食物栄養専攻を食物栄養学科に、食生活専攻とファッション表現学科を統合しキャリア創造学科に改組。キャリア創造学科には製菓コースとキャリアコースを設置。
    • 食物学科食物栄養専攻→食物栄養学科
    • 食物学科食生活専攻+ファッション表現学科→キャリア創造学科

基礎データ編集

所在地編集

  • 本部キャンパス(大阪府大阪市天王寺区生玉寺町7-72)

交通アクセス編集

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 食物栄養学科
  • キャリア創造学科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし
取得資格について編集
資格
教職課程
  • 栄養教諭二種免許状:食物学科食物栄養専攻にて取得できるようになっている。
  • 過去には、中学校教諭二種免許状の課程(家庭保健)が、食物学科とファッション表現学科の前身である被服学科にて設置されていた。

学生生活編集

学園祭編集

  • 大阪夕陽丘学園短期大学の学園祭は「夕陽祭」と呼ばれ毎年、概ね11月に行われている。そのなかで、催しの一つにファッション表現学科主催のファッションショーがある。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

  • 浜田光雄:初代学長
  • 小谷昭子:現学長

施設編集

キャンパス編集

  • 学内には、本館・北館・東館・記念館が立ち並んでいる。


対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

  • 全学科を含めて、近畿大学ほか多数の大学への編入学実績がある。

関連項目編集

参考文献編集

公式サイト編集