小杉町

日本の富山県射水郡にあった町

小杉町(こすぎまち)は、かつて富山県射水郡に属していたである。

こすぎまち
小杉町
小杉町旗
小杉町旗
廃止日 2005年11月1日
廃止理由 新設合併
新湊市射水郡大島町小杉町大門町下村射水市
現在の自治体 射水市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
射水郡
団体コード 16381-3
面積 41.22km2
総人口 32,892
(2004年10月1日)
隣接自治体 富山市高岡市新湊市砺波市大島町大門町下村
町の木 スギ
町の花 キク
町の花木 ツツジ
小杉町役場
所在地 939-0393
富山県射水郡小杉町戸破1511番地
外部リンク 小杉町Internet Archive
座標 北緯36度42分44秒
東経137度5分58秒
小杉町の県内位置図
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

江戸時代には加賀藩の宿駅である小杉新町として栄えた。富山市高岡市の間に位置しており、近年は両市のベッドタウンとして宅地開発が活発である。

地理編集

射水市として合併した5市町村(新湊市射水郡の全町村)の中で、小杉町のみが山岳を有していた[1]。面積は5市町村で最も大きかった。

隣接している自治体編集

歴史編集

明治の町村制施行時に町制施行したばかりの町のなかでは、小杉町の面積は大きい部類に入る。これはかつての小杉新町が農村地域である三ヶ(さんが)と戸破(ひばり)をつなぐ形で成立し、農村部としての機能を維持しながら、市街地を形成してきたことと関係するといわれる。

沿革編集

災害編集

行政編集

歴代町長編集

氏名 就任 退任
田町久和 1954年5月28日 1958年5月27日
1958年5月28日 1962年5月27日
1962年5月28日 1963年9月7日
林除宅 1963年10月26日 1967年10月25日
渡辺孝 1967年10月26日 1971年10月25日
1971年10月26日 1975年10月25日
1975年10月26日 1979年10月25日
竹内和義 1979年10月26日 1983年10月25日
三上和夫 1983年10月26日 1987年10月25日
1987年10月26日 1991年10月25日
1991年10月26日 1995年10月25日
1995年10月26日 1999年10月25日
土井由三 1999年10月26日 2003年10月25日
2003年10月26日 2005年10月31日

市町村合併編集

射水市への合併の際は、町を二分する騒動となった。小杉町は、2002年8月に行われた住民アンケートを根拠に新湊市を除く射水郡3町1村での合併を主張していた。2003年2月16日の住民投票では新湊市を含めた5市町村合併派が優勢であったが、町議会の意向をうける形で射水郡3町1村合併の方針を維持し、2004年3月9日の議会で射水地区広域圏合併協議会からの離脱を決定した。5市町村合併派住民から土井由三町長をリコールしようとする動きが見られたため、それを回避する目的で2004年8月29日住民投票が行われ、新湊市を含む5市町村の合併賛成の票が多数となった。それを受けて小杉町は合併協議会に再加入し、当初予定の2005年3月31日より遅れて同年11月1日に5市町村で射水市として合併した。

教育編集

小学校編集

中学校編集

高等学校編集

大学・短期大学編集

その他の学校編集

  • 放送大学富山学習センター
  • 富山情報ビジネス専門学校

姉妹都市・提携都市編集

国内編集

海外編集

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

関連人物編集

出身人物編集

名誉町民編集

  • 片口安太郎(1959年11月9日議決)
  • 滝田実(1995年9月26日議決)
  • 郷倉和子(2002年9月19日議決)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 頂上の有無を基準とした場合
  2. ^ 「北陸三県に豪雨禍」『朝日新聞』昭和23年7月26日.2面
  3. ^ 『映画年鑑 1960年版 別冊 映画便覧 1960』時事通信社、1960年。1960年の映画館(北陸・甲信越地方)「消えた映画館の記憶」を参照した。

参考文献編集

  • 『小杉町史』小杉町役場(1997年)

関連項目編集

外部リンク編集