メインメニューを開く

寺村 友和(てらむら ともかず、1974年4月22日[1] - )は、千葉県千葉市稲毛区出身[1]の元プロ野球選手投手)。台湾での登録名は山崎 友和(やまざき - )。

寺村 友和
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県千葉市稲毛区
生年月日 (1974-04-22) 1974年4月22日(45歳)
身長
体重
180 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 ドラフト2位(逆指名)
初出場 NPB / 1999年5月16日
CPBL / 2005年3月16日
最終出場 NPB / 2003年4月7日
CPBL / 2005年4月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

来歴編集

プロ入り前編集

小学校時代は、ヤングジャイアンツに所属(小島よしおも所属)

中学時代は、千葉ジャガーズに所属し、高橋由伸は1年後輩に当たる。

千葉商高から、本田技研を経て、1997年度ドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズから2位指名を受けて入団[1]

プロ入り後編集

プロ入り後は球威はあるものの制球難に苦しみサイドスローに転向したものの結果は出なかった。

2000年オフに山崎貴弘との交換トレードでヤクルトスワローズへ移籍。移籍1年目に先発 中継ぎとして、2勝をマーク。

2003年に金銭トレードで大阪近鉄バファローズへ移籍したが、1年で退団。

2005年、台湾・誠泰コブラズに入団した[1]が開幕してすぐ戦力外通告を受けた。

引退後編集

引退後は様々な職業につき[1]松永浩美が主催する埼玉県三郷市の野球教室「松永浩美ベースボールアカデミー (M.B.A)」の投手コーチを務め、2011年11月に大東文化大学の野球部のコーチに就任[1]

人物編集

イースタン・リーグで1球勝利投手になったことがある。

ロッテ時代の1999年8月31日(対ダイエー戦)で、村松有人の強烈なピッチャー返しを捕球した際にボールがグラブに挟まって取れなくなったため、グラブごとそのまま一塁手初芝清に投げ、打者をアウトにするという好プレーを見せた[1]

ヤクルト時代の2001年8月15日の対横浜ベイスターズ戦(神宮球場)で4-0の時に石井一久に代わって登板、試合を三振で締めくくったが最後の1球で思い切り転倒してしまった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1999 ロッテ 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 75 17.1 16 2 8 0 0 7 0 0 7 5 2.60 1.38
2000 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 11 2.1 5 1 0 0 0 3 0 0 3 3 11.57 2.14
2001 ヤクルト 19 3 0 0 0 2 1 0 -- .667 147 33.1 36 3 11 1 0 15 1 0 17 16 4.32 1.41
2002 17 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 102 23.0 23 4 8 0 1 25 1 0 14 11 4.30 1.35
2003 近鉄 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 23 4.2 5 1 5 0 0 4 0 0 4 3 5.79 2.14
2005 誠泰 5 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 70 13.2 24 2 6 0 1 11 1 0 14 14 9.22 2.20
NPB:5年 50 3 0 0 0 2 1 0 -- .667 358 80.2 85 11 32 1 1 54 2 0 45 38 4.24 1.45
CPBL:1年 5 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 70 13.2 24 2 6 0 1 11 1 0 14 14 9.22 2.20

記録編集

NPB

背番号編集

  • 16 (1998年 - 2000年)
  • 13 (2001年 - 2002年)
  • 45 (2003年)
  • 99 (2005年)

登録名編集

  • 寺村 友和 (てらむら ともかず、1998年 - 2003年)
  • 山崎 友和 (やまざき ともかず、2005年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 野球を通じて社会の“荒波”乗り越えろ!”. zakzak (2012年2月8日). 2012年2月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集