小佐野 彈(おさの だん、1983年昭和58年)5月21日 -)は、日本歌人小説家実業家である。国際興業グループ創業者の小佐野賢治大伯父にあたる。東京都世田谷区出身で、現在は台湾台北市在住[1][2][3][4]同性愛者であることを公表しており、セクシュアリティに関する作品が多い。慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。

小佐野 彈
(おさの だん)
誕生 小佐野 弾
(1983-05-21) 1983年5月21日(38歳)
日本の旗東京都世田谷区
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育

修士(経済学)

慶應義塾大学2009年
最終学歴 慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学
ジャンル 短歌小説
主な受賞歴 短歌研究新人賞(2017年)
池田晶子記念わたくし、つまりNobody賞(2019年)
現代歌人協会賞(2019年)
デビュー作 『メタリック』(2018年)
親族 小佐野賢治
所属 かばん
テンプレートを表示

来歴・人物編集

幼稚舎から慶應義塾に通う。慶應義塾中等部在学中に同性愛に気づき、「自分を認めたい」「認めたくない」と心の中で葛藤する。学校帰りに立ち寄った書店で俵万智の著した不倫を赤裸々に詠んだ『チョコレート革命』に出会い、たまっていくアンビバレントな気持ちを短歌なら吐き出せるとして、作歌を始める[5][6]

慶應義塾湘南藤沢高等部を経て、2007年慶應義塾大学経済学部卒業。大学院進学後に台湾にて抹茶のカフェチェーンを起業[5][6]。台湾三田会の副会長を務めている。

友人に勧められ、2014年、短歌誌『かばん』に入会[6]

2017年、同性愛が主題の連作である「無垢な日本で」で第60回短歌研究新人賞受賞[5]

2018年5月、第一歌集『メタリック』を刊行[6]、翌2019年、同歌集で第63回現代歌人協会賞受賞[7]

2019年、「車軸」(『すばる』2019年2月号)で小説デビュー。

2019年池田晶子記念わたくし、つまりNobody賞受賞[8]

2019年6月、『車軸』(単行本)が発売。

2020年、『ホスト万葉集』(俵万智野口あや子共編 講談社短歌研究社)が発売。

作品リスト編集

単行本編集

歌集
小説
共著

雑誌掲載作品編集

短歌
  • 「赤鬼」 - 『文學界』2018年1月号
  • 「メタリック」 - 『短歌』2018年4月号
  • 「新人賞受賞歌人競詠5首・作歌信条」 - 『短歌』2019年1月号
  • 「銀河一族」 - 『短歌研究』2019年7月号
  • 「甘い火」 - 『短歌ムック ねむらない樹』vol.3 (2019年8月)
  • 「糸を吐く口――銀河一族II」 - 『短歌研究』2019年10月号
  • 「告白は蜜――銀河一族Ⅲ」 - 『短歌研究』2020年2月号
  • 「政商の人生・前編――銀河一族Ⅳ」 - 『短歌研究』2020年6月号
  • 「彗星」(新作10首+エッセイ) - 『短歌研究』2020年9月号
  • 「政商の人生・後編――銀河一族Ⅴ」 - 『短歌研究』2021年1月号
  • 「末弟――銀河一族Ⅵ」 - 『短歌研究』2021年4月号
小説
  • 「車軸」 - 『すばる』2019年2月号
  • 「我とひとしき人しなければ」 - 『yom yom』2019年8月号 - (連載中)
  • 「したたる落果」 - 『文學界』2021年1月号
随筆
  • 「ドラマ気分」 - 『群像』2017年12月号
  • 「ほとばしるもの」 - 『短歌』2019年5月号
  • 「境界線に置くことば」 - 『yom yom』2019年6月号
  • 「本名で、自分をさらけ出す覚悟のある歌は強い」 - 『エコノミスト』2019年10月15日号
  • 「うたびとの業」 - 『すばる』2020年3月号
  • 「「日本」の歌」 - 『短歌研究』2020年3月号
  • 「百年越しに生まれた/新・北極星」 - 『文學界』2020年5月号[9]
  • 「Column」 - 『小説 野性時代』2020年5月号

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「短歌研究」2017年9月号。
  2. ^ 小佐野彈の虹の短歌日記
  3. ^ “短歌研究新人賞:小佐野彈さんの「無垢な日本で」 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20170810/dde/014/040/014000c 2018年8月14日閲覧。 
  4. ^ 小佐野一族、巨額の相続資産めぐる争い | ゆかしメディア|『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで | 1” (日本語). YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア). 2018年8月14日閲覧。
  5. ^ a b c 「小佐野彈さん 初の歌集 メタリック刊行 心のありのままだけ書く」『日本経済新聞』夕刊 2018年7月3日
  6. ^ a b c d 「若手歌人 初の歌集 小佐野彈さん 石井僚一さん」『読売新聞』夕刊 2018年7月9日
  7. ^ “第63回現代歌人協会賞”. 朝日新聞デジタル. (2019年4月24日). https://www.asahi.com/articles/DA3S13991518.html?iref=pc_ss_date 2019年5月11日閲覧。 
  8. ^ “(黒板)第12回「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」”. 朝日新聞デジタル. (2019年2月1日). https://www.asahi.com/articles/DA3S13873904.html?iref=pc_ss_date 2019年5月11日閲覧。 
  9. ^ 李琴峰『ポラリスが降り注ぐ夜』書評。

関連項目編集

外部リンク編集