小林七郎

アニメーション美術

小林 七郎(こばやし しちろう、1932年8月30日 - )は、北海道常呂郡置戸村(現置戸町)出身のアニメーション美術監督小林プロダクション元代表取締役。神戸芸術工科大学客員教授。

経歴編集

武蔵野美術大学卒業後、小学校の美術教師を経て1964年東映動画入社、1967年に現代製作集団に移籍。1968年に小林プロダクションを設立。『ど根性ガエル』、『ガンバの冒険』、 『元祖天才バカボン』、『あしたのジョー2』、『ルパン三世 カリオストロの城』、『魔法の天使クリィミーマミ』、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』、『天使のたまご』、『お伽草子』などの作品で美術監督を歴任[1]。また指導者として、男鹿和雄小倉宏昌石垣努水谷利春大野広司秋山健太郎などの美術監督を育て上げた。また、宮崎駿率いるスタジオジブリの作品にも多くかかわっている[2]1986年日本アニメ大賞美術部門最優秀賞、2009年に東京国際アニメフェア功労賞、2011年には長年の功績を称えられ、文化庁映画功労賞を受賞した。

手描きの背景制作に拘っていた小林プロダクションは年々人員を削減し、2011年2月28日[3]に解散。小林が世に出した有名なアニメ作品は数知れず、アニメーション業界において不動の地位を確立した[4]。なお小林は画家としても創作活動を行っている。

参加作品編集

著書編集

  • 『アニメーション美術 ー背景の基礎から応用までー』創芸社(1986年)
  • 『小林七郎画集 空気を描く美術』徳間書店(2002年)

受賞編集

出典・参考文献編集

  • 『魔女っ子倶楽部』バンダイ〈ビークラブ・スペシャル10〉、1987年10月1日、78頁。ISBN 4-891893-26-5

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 脚注4参照。
  2. ^ 脚注4参照。
  3. ^ 『WEBアニメスタイル』アニメ界この1年 ニュースで振り返る2011
  4. ^ 小林七郎著、スタジオジブリ編集「空気を描く美術―小林七郎画集 」(ジブリTHE ARTシリーズ) を紹介したスタジオジブリのホームページには、アニメ演出家出崎統押井守望月智充らのインタビューが載せられている旨の説明がなされ、「小林七郎氏の弟子筋にあたる美術監督男鹿和雄」と紹介したうえで、男鹿のコメントが寄せれていることも同書の内容に記載されている。
  5. ^ 新・エースをねらえ!”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。
  6. ^ 火の鳥2772 愛のコスモゾーン”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。
  7. ^ スペース アドベンチャー コブラ”. トムス・エンタテイメント. 2016年5月22日閲覧。
  8. ^ タイムスリップ10000年 プライム・ローズ”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。

外部リンク編集