メインメニューを開く

小田急山のホテル(おだきゅうやまのホテル、Hotel de Yama)とは神奈川県箱根町にある、1948年昭和23年)に開業した小田急グループ小田急リゾーツ)のホテルである。

小田急山のホテル
芦ノ湖からホテルを望む
芦ノ湖からホテルを望む
ホテル概要
正式名称 小田急山のホテル
設計 大成建設
施工 大成建設
運営 小田急リゾーツ
所有者 小田急リゾーツ
階数 地下1 - 地上4階
レストラン数 2軒
部屋数 92室
敷地面積 135,609 m²
建築面積 4386.8 m²
延床面積 10,714 m²
駐車場 100台
開業 1948年6月1日
改装 2015年4月21日[2]
最寄駅 桃源台駅
最寄IC 芦ノ湖大観インターチェンジ
所在地 〒250-0522
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80
位置 北緯35度12分16.7秒 東経139度1分17.8秒 / 北緯35.204639度 東経139.021611度 / 35.204639; 139.021611座標: 北緯35度12分16.7秒 東経139度1分17.8秒 / 北緯35.204639度 東経139.021611度 / 35.204639; 139.021611
公式サイト 公式サイト
補足 特記のない限り、日本ホテル名鑑2009年版による[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

箱根神社に隣接した芦ノ湖畔にあり、全客室が芦ノ湖に面している。立地している土地は元来1911年に建てられた岩崎小弥太の別邸である。なお、現在の建屋は1978年に建て替えられたものである。敷地内には、約15万平方メートルの庭園があり[1]、岩崎が力を入れて収集した30種約3,000株のツツジや300株のシャクナゲが植えられている[3][4]。また、2002年には閉園となった、小田急グループの向ヶ丘遊園からバラも移植された。

沿革編集

 
1948年(昭和23年)当時の建屋

(特記のない限り、山のホテルの歴史[5]による)

  • 1911年(明治44年)7月 - 箱根町元箱根に木造で岩崎小弥太の別邸が竣工。当時の敷地面積は約33万平方メートル。
  • 1912年(明治45年)1月 - 火災で焼失。
  • 1913年(大正2年)9月 - ジョサイア・コンドルの設計で石造り2階建の洋館を再建。建物面積は約160平方メートル。
  • 1923年(大正12年)9月 – 関東大震災により建物が崩壊。
  • 1924年(大正13年) - コンドル設計をほぼ復元する形で木造の建屋を再建する。
  • 1943年(昭和17年)2月 - 敷地の半数以上を成蹊学園に譲渡。譲渡面積は約20,000平方メートル[6]
  • 1947年(昭和22年) - 運営主体である国際観光株式会社(現在の小田急リゾーツ)が設立。
  • 1948年(昭和23年)6月1日 - ホテル開業。
  • 1955年(昭和30年) - 小田急グループ傘下となる。
  • 1958年(昭和33年) - 本館改築工事を行い、定期観光客用のレストハウスが竣工。
  • 1978年(昭和53年)5月1日 - 6か月間の建て替え工事を行い、営業再開。現在の建物の形となる[7]
  • 2002年(平成14年) - 旧向ヶ丘遊園からバラ500本を庭園に移植。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 新宿駅西口から御殿場駅桃源台駅を経由する小田急箱根高速バスの直通バスが運行開始[8][9]
  • 2006年(平成18年) - 1階の客室を改装し、リラクゼーション施設「スパ・モンターニュ・バイ・デイスパ」を開業[10]
  • 2011年(平成23年) - プリンスホテル傘下であるザ・プリンス箱根(当時)との提携連泊プランを期間限定で発売[11]
  • 2015年(平成27年)4月21日 - 客室等を改装しリニューアルオープン[2]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『日本ホテル年鑑』オータパブリケイションズ、2009年。全国書誌番号:00050491ISBN 9784903721170
  2. ^ a b 山のホテルの歴史”. 小田急リゾーツ. 2015年10月12日閲覧。
  3. ^ “美の競演 箱根・小田急山のホテルのツツジがほぼ満開”. 朝日新聞 朝刊神奈川版: p. 2. (2000年5月18日) 
  4. ^ “芦ノ湖、いつもの彩り 警戒続く一方、にぎわう観光客 箱根”. 朝日新聞 朝刊: p. 1. (2015年5月11日) 
  5. ^ 山のホテルの歴史”. 小田急リゾーツ. 2015年10月12日閲覧。
  6. ^ 箱根寮”. 成蹊学園. 2015年10月12日閲覧。
  7. ^ “小田急グループ、国際観光の「山のホテル」完成で箱根地区の建て替え完了。”. 日経産業新聞: p. 9. (1978年4月17日) 
  8. ^ “コラム 西武鉄道と小田急の連携で箱根は復活するか:復活せよ!国内旅行地域発の集客改革"街づくり"発想で成功した「オブセ」の神話 37”. 週刊東洋: p. 37. (2014年1月24日) 
  9. ^ 小田急箱根高速バスの歴史”. 小田急箱根高速バス. 2015年10月12日閲覧。
  10. ^ “小田急山のホテル、「癒やし」がテーマ、新施設を開業。”. 日本経済新聞 神奈川版: p. 26. (2006年8月11日) 
  11. ^ 小田急&西武、宿泊で"握手":山のホテルとザ・プリンスが、2施設連泊プラン”. タウンニュース. 2015年10月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集