メインメニューを開く

山脇学園短期大学(やまわきがくえんたんきだいがく、英語: Yamawaki Gakuen Junior College)は、東京都港区赤坂四丁目10番36号に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は赤短[注釈 1]。 2008年5月12日閉学が決定され、2009年度以降の募集を取りやめた。2011年3月に学んでいた学生が全て卒業したことを受け、60年の歴史に幕を告げた。

山脇学園短期大学
山脇学園校舎
山脇学園校舎
大学設置 1950年
創立 1903年
学校種別 私立
設置者 学校法人山脇学園
本部所在地 東京都港区赤坂四丁目10番36号
北緯35度40分29.4秒 東経139度43分59.5秒 / 北緯35.674833度 東経139.733194度 / 35.674833; 139.733194座標: 北緯35度40分29.4秒 東経139度43分59.5秒 / 北緯35.674833度 東経139.733194度 / 35.674833; 139.733194
学部 家政科
食物科
英語科
ウェブサイト 山脇学園短期大学公式サイト
テンプレートを表示

目次

概観編集

大学全体編集

学校法人山脇学園により設置されていた日本私立短期大学である。現在もある山脇学園中学校・高等学校と併設して、青山通りから坂道を上って直ぐの東京都港区赤坂にキャンパスがあった。学科体制は3学科で、国の短期大学制度が発足した初年1950年昭和25年)に設置された伝統ある短大のひとつであった。

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

山脇学園短期大学における建学の精神は「女性の本質を磨き、時代に適応する教養高き女性を育成する」となっていた。

教育および研究編集

山脇学園短期大学は、明治期に設置された山脇高等女学校家事専攻科の伝統を受け継いで設置された短大であったことから、家政系の学科にとりわけ伝統があった。ほか、英語科も設置され、国際交流のサポートや海外での語学研修に力を入れていた。「フライアテンダント講座」があった。

学風および特色編集

山脇学園短期大学は、家政・食物・英語の3学科が設置されておりいずれも女性を対象とした学科であった。この学科体制および呼称名は全国の短大でも珍しい例だといえる。故に、古風のイメージが強い。ほか、伝統的行事として新入生オリエンテーションでのダンスイベントが実施され、パートナーは慶應義塾大学の男子学生であった。

沿革編集

基礎データ編集

所在地編集

  • 東京都港区赤坂四丁目10番36号

象徴編集

カレッジマークはハート型の模様に富士山の絵が描かれたものとなっている。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 家政科
  • 食物科
  • 英語科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • 家政専修が設置されていた。

取得資格について編集

教職課程

資格

附属機関編集

  • 図書館
  • 資料館:被服に関する資料が中心に所蔵されていた。
  • 国際文化センター

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

山脇学園短期大学においてこれまで活動してきたクラブ活動には、ESSダンステニス・チアリーディングなどがあった。

学園祭編集

山脇学園短期大学の学園祭は「山脇祭」と呼ばれる。山脇祭実行委員会により運営され、クラブや研究発表などが行われている。過去には、「ビストロお好み焼き対決」と題したイベントが催されたこともあった。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

教職員編集

  • 山脇秀輔:初代学長
  • 山脇馨:2代目学長
  • 中川信吾:3代目学長

卒業生編集

施設編集

キャンパス編集

設備編集

  • 学生食堂
  • 講堂

編集

山脇学園短期大学には「ドーミー赤坂レディース」と称した学生寮があった。

対外関係編集

他大学との協定編集

アメリカ編集

ポーランド編集

姉妹校編集

卒業後の進路について編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 赤坂にあることから
  2. ^ a b c 5月1日時点での学生数。

出典編集

  1. ^ a b c 出典:『全国学校総覧
  2. ^ a b c 昭和42年度版33頁より。
  3. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)59頁より。
  4. ^ プロフィール”. JKN=局アナnet. 2018年9月12日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

公式サイト編集