岡本 公三(おかもと こうぞう、1947年12月7日 - )は、日本の新左翼系革命家でテロリスト。元日本赤軍メンバーの一人。よど号グループ岡本武は次兄。

経歴編集

生い立ち編集

熊本県葦北郡芦北町生まれ。熊本マリスト学園高等学校卒業。

長兄と次兄の岡本武と同じ進学先である京都大学を二度受験したが失敗し、1968年鹿児島大学農学部に入学[1]1971年、鹿児島大学にやってきた若松孝二足立正生監督の映画『赤軍-PFLP・世界戦争宣言』に共鳴し、上映運動を展開する「赤バス隊」に参加[2]1972年3月、日本赤軍に加わった[3]

テルアビブ空港乱射事件編集

1972年2月29日、日本を出国。ベイルートに渡り3週間、PFLPの施設で自動小銃の射撃訓練を受けた。その後、ドイツフランクフルトなど欧州に潜伏した後、ローマからフランス航空機でテルアビブ空港へ移動した。この時点でもPFLPの指導者の名も所在地も知らない、イスラエルのことも詳しく知らない、ただ、世界革命にお前が必要だという指示に従って行動していただけであった[4]

1972年5月30日奥平剛士安田安之と共にテルアビブ空港乱射事件を実行し26人を殺害、ただ一人逮捕された(奥平、安田は死亡)。このとき、鹿児島大学から放学の懲戒処分を受ける[5]。同年7月13日に岡本はイスラエル裁判にかけられ、職業として「赤軍兵士」を自称した。

また陳述のなかでは民間人を殺害したことについて謝罪せず、 また「事件は当初は3人ではなく丸岡修を含めた4人で行われる予定であったが、丸岡は途中から別行動を取ったために3人で襲撃を行った」と供述している[6]

終身刑と釈放編集

イスラエル政府は当初は死刑求刑を検討していたが、最終的に終身刑が求刑され、終身刑が判決として確定した後に服役。1985年5月にイスラエルとPFLP-GCとの捕虜交換により釈放リビアシリアを経由して、日本赤軍が本拠地としていたレバノンに戻り合流した。

日本警察は釈放直後の5月21日から岡本の逮捕状を取り、5月23日に国際刑事警察機構で国際手配中とした[7]。日本の刑法第5条では外国で服役などの処分を既に受けている場合でも日本でさらに処罰することを認めているが、外国で服役等の処罰を既に受けている場合、日本での刑の執行を軽減したり免除したりすることとなっており、13年間服役している岡本が日本で処罰される場合はこれをどう見るかが焦点となる[8]

その後、1997年にレバノンに潜伏していた岡本を含む日本赤軍メンバー5人が検挙され、禁固3年の判決が確定し、2000年3月出所。岡本以外の4人は禁固刑の執行後、日本に送還された。しかし、岡本についてはイスラエルと対立するレバノン政府は岡本の政治亡命を認めた。

亡命後編集

2000年3月2日に報道陣の前でイスラム教改宗する[9]2002年に、テレビ朝日報道番組ザ・スクープ」が、レバノンに潜伏中であった岡本の独占取材を実施、潜伏先住居内でインタビューを行っている。その中で、被害者への謝罪らしき言葉を述べているが、2001年に壊滅した日本赤軍がまだ存在しているか否かについては、把握できていない様子だった。その一方で、「まだ事件当時の24歳のままの気持ちである」とも語っている。

2003年、岡本は共同通信のインタビューに応じ、「日本に帰って昔の友人たちに会いたい」と望郷の念を語っている。その際の岡本は動作が緩慢で健康に問題がある様子であった。これについてレバノン政府は「イスラエルの獄中で治安機関から拷問を受けた後遺症による精神疾患で、発語などに障害を負った」としている。

現在編集

現時点で、PFLPヒズボラ[10]などイスラエルと敵対する勢力の庇護を受けてレバノンのベイルート郊外アパートに在住している。2010年4月28日に、ベイルートの奥平剛士の墓前で行われた日本のロックバンド頭脳警察のメンバーPANTAによる追悼ライブに姿を見せた[11][12]2011年には、日本の支持者とSkypeで定期的に連絡を取っており、健在であることが伝えられた[13]

日本国内の支援者である、映画監督の足立正生によると、岡本が依然として“アラブの英雄”であることは間違いないという。特にパレスチナ側の支援組織が『岡本が死ぬまで面倒を見る』という姿勢を堅持している。一時期糖尿病を患ったが、現在は健康を維持している。一方、イスラエルでの拷問を原因とする統合失調症については、現地の専門医から「病状の悪化を防ぐことはできても、完全に治ることはない」と釘を指されているという。 [14]

2016年5月14日、滞在先のベイルートで共同通信の取材に応じ、パレスチナに骨をうずめたいと語り、死者の多くがプエルトリコ人だったことに「犠牲者には哀悼の意を表したい」と謝罪の言葉を口にした[15]

2017年4月下旬、ベイルートで毎日新聞の取材に応じ、「一度は(日本に)帰りたいが、普通には暮らせないだろうから帰国にこだわりはない」と語った。また「事件はテロではなく、PFLPと共同で起こした武装闘争だった。武装闘争は今も昔も最高のプロパガンダになる。」と語り、自らのテロ行為への反省と謝罪についてや世界同時革命が起きていない現状について尋ねる記者の質問には答えなかった。岡本を保護しているPFLPは「日本のメディアの本格的な取材に応じるのはおそらくこれが最後」としている[16]

2017年11月21日、岡本に使用させる目的でキャッシュカードを銀行からだまし取ったとして、詐欺容疑で左翼系新聞を発行する人民新聞の社長が逮捕され[17]、その後懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けた[18]

余談編集

  • 兄の岡本武のことを非常に尊敬していたという。
  • 岡本の渡航費用等30万円を支援したのは若松孝二だった[19]。若松プロダクションには岡本が書いた「借用書」が飾られている[20]
  • テルアビブ事件の際に岡本が用いた偽造旅券は写真製版で精巧に偽造されたもので[21]、「ナンバ ダイスケ」という名義であった。これは虎ノ門事件犯人難波大助から取られている。
  • 事件後、岡本の父はイスラエル大使に対し「極刑に処してほしい」との詫び状を書いている[22]
  • 2007年に岡本をモデルとした映画『幽閉者 テロリスト』が製作された。自らもパレスチナに渡り日本赤軍に参加し、2000年に強制送還された映画監督足立正生の35年ぶりの監督作。主演は田口トモロヲ

脚注編集

  1. ^ テルアビブ空港乱射事件・犯人速報石川 荘太郎、2012年7月(2020.1.20 lastaccess)
  2. ^ 「若松孝二と赤軍レッド・アーミー 」原渕勝仁著、世界書院、2016年7月、p123
  3. ^ 「若松孝二と赤軍レッド・アーミー 」p29、32
  4. ^ 「過激に走った秀才兄弟」『朝日新聞』昭和47年6月2日.3面
  5. ^ 鹿児島大学教養部 詳細年表 1972年度(昭和47年度) 鹿児島大学
  6. ^ 「第四の男日本潜入 赤軍ゲリラ」『朝日新聞』昭和47年(1972年)6月6日朝刊、13版、1面
  7. ^ “警察庁、釈放された岡本公三を国際手配”. 朝日新聞. (1985年5月23日) 
  8. ^ “釈放の岡本公三の引き渡しを要求へ 警察庁方針”. 朝日新聞. (1985年5月20日) 
  9. ^ "Red Army guerrillas arrested". BBC.com. 18 March 2000. Retrieved September 6, 2011.
  10. ^ ヒズボラが保護下に置いた「岡本公三」の利用価値 「フォーサイト」 2002年7月号
  11. ^ 【音楽】レバノンにある奥平元赤軍派幹部の墓前で追悼ライブ 頭脳警察のPANTAが開催、岡本容疑者も姿
  12. ^ 頭脳警察・PANTAさん 奥平元幹部の墓前でライブ スポニチアネックス 2010年4月29日
  13. ^ 「元日本赤軍『岡本公三』がレバノンでハマッた『スカイプ』」 、「週刊新潮」2011年10月13日号、P.55-56
  14. ^ テルアビブ空港乱射事件から49年 元日本赤軍「岡本公三」容疑者の今(デイリー新潮)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年5月30日閲覧。
  15. ^ パレスチナに骨をうずめたい・日本赤軍岡本容疑者が謝罪 - 中国新聞(2016年5月14日閲覧)
  16. ^ テルアビブ空港乱射:岡本容疑者「一度は日本に帰りたい」 毎日新聞 2017年5月30日
  17. ^ “レバノンの日本赤軍支援か 口座不正開設容疑で左翼紙社長を逮捕 兵庫県警”. 産経新聞. (2017年11月21日). https://www.sankei.com/smp/west/news/171121/wst1711210099-s1.html 2019年11月10日閲覧。 
  18. ^ “元日本赤軍メンバー支援でカード詐取 「人民新聞」社長に有罪判決 神戸地裁”. 産経新聞. (2018年7月18日). https://www.sankei.com/west/amp/180718/wst1807180049-a.html 2019年11月10日閲覧。 
  19. ^ 決着~岡本公三と若松孝二の40年~
  20. ^ 「若松孝二と赤軍レッド・アーミー 」原渕勝仁著、世界書院、2016年7月、p29
  21. ^ 「3人のパスポート 写真製版で精巧な偽造」『朝日新聞』昭和47年6月2日.3面
  22. ^ 「イスラエル大使にわび状 岡本公三の父」『朝日新聞』昭和47年6月5日.3面

関連項目編集

外部リンク編集