メインメニューを開く

島根県立大社高等学校(しまねけんりつ たいしゃこうとうがっこう, Shimane Prefectural Taisha High School)は、島根県出雲市大社町北荒木に所在する公立高等学校

島根県立大社高等学校
Shimane Prefectural Taisha High School 2018-1-4.jpg
過去の名称 島根県簸川尋常中学校
島根県立第三中学校
島根県立杵築中学校
島根県立大社中学校
島根県立大社第一高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 島根県の旗 島根県
併合学校 島根県立大社第二高等学校
設立年月日 明治31年(1898年
共学・別学 男女共学
分校 佐田(2015年3月閉校)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
体育科
学期 2学期制
高校コード 32116J
所在地 699-0722
島根県出雲市大社町北荒木1473番地
北緯35度22分50.7秒東経132度42分7.5秒
外部リンク 公式サイト
公式サイト(佐田分校)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

歴史
1898年明治31年)に開校した「島根県簸川[1]尋常中学校」(旧制中学校)を前身とする。数回の改称を経て1948年(昭和23年)の学制改革により、新制高等学校「島根県立大社第一高等学校」となる。翌1949年(昭和24年)に高等女学校を前身とする「島根県立大社第二高等学校」と統合され、現校名の「島根県立大社高等学校」となり、男女共学を開始した。2008年平成20年)に創立110周年を迎えた。
設置課程・学科
全日制課程 2学科
分校
佐田分校(さだ、所在地:〒693-0506 島根県出雲市佐田町反辺1938、地図
  • 全日制課程 普通科
校章
楠木氏旗印である菊水を変形させ、出雲大社の社章である六角形におさめ、中央に「高」の文字を置いている。
校歌
作詞は竹友藻風、作曲は下總皖一による。歌詞は2番まであり、校名は歌詞に登場しない。
同窓会
「いなさ会」と称している。

沿革編集

旧制中学校・新制高等学校(男子校)時代
  • 1898年(明治31年)- 「島根県簸川[1]尋常中学校」が設置される。
  • 1900年(明治33年)- 中学校令の改正により、「島根県立第三中学校」に改称(尋常が除かれる)[2]
  • 1902年(明治35年)- 杵築町(現・出雲市大社町)鹿城丘に移転[3]
  • 1907年(明治40年)- 「島根県立杵築[4]中学校」に改称。
  • 1926年大正15年)- 「島根県立大社中学校」に改称。
  • 1947年昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施、新制中学校の発足)
    • 旧制中学校の生徒募集を停止。
    • 新制中学校を併設し(名称:島根県立大社中学校併設中学校、以下・併設中学校)、旧制中学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として併設中学校に収容。
    • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 旧制中学校3・4年修了者はそのまま旧制中学校に在籍し、4・5年生となる(4年で卒業することもできた)。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 新制高等学校島根県立大社第一高等学校」(男子校)が発足。
    • 旧制中学校卒業生(5年修了者)を新制高校3年生、旧制中学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業生(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
    • 併設中学校は新制高校に継承され(名称:島根県立大社第一高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に旧制中学校へ入学した3年生のみとなる。
  • 1949年(昭和24年)3月31日 - 併設中学校を廃止(修業年限の旧制4~5年から新制3年への移行が完了)。
実業学校・高等女学校・新制高等学校(女子校)時代
  • 1920年(大正9年)- 「島根県簸川郡立杵築実業学校」が設置される。
  • 1926年(大正15年)- 「島根県立大社実業学校」に改称。
  • 1929年(昭和4年)- 「島根県立大社高等実業女学校」に改称。
  • 1936年(昭和11年)- 「島根県立大社高等家政女学校」に改称。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 「島根県立大社高等女学校」に改称。
  • 1947年(昭和22年)4月1日- 学制改革(六・三制の実施、新制中学校の発足)
    • 高等女学校の生徒募集を停止。
    • 新制中学校を併設し(名称:島根県立大社高等女学校併設中学校、以下・併設中学校)、高等女学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として併設中学校に収容。
    • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 高等女学校3・4年修了者はそのまま旧制中学校に在籍し、4・5年生となる(4年で卒業することもできた)。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 新制高等学校島根県立大社第二高等学校」(女子校)が発足。
    • 高等女学校卒業生(5年修了者)を新制高校3年生、高等女学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業生(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
    • 併設中学校は新制高校に継承され(名称:島根県立大社第二高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に旧制中学校へ入学した3年生のみとなる。
  • 1949年(昭和24年)3月31日 - 併設中学校を廃止(修業年限の旧制4~5年から新制3年への移行が完了)。
新制高等学校(男女共学)
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 高校三原則に基づく島根県内の公立高校再編により、上記2校が統合され、「島根県立大社高等学校」(現校名)となる。
  • 1973年(昭和48年)4月1日 - 体育科を新設。
  • 1977年(昭和52年)- 碧雲寮が完成。
  • 1978年(昭和53年)- 浜山新体育館が完成。
  • 1980年(昭和55年)- 浜山新校舎へ移転を完了。
  • 1983年(昭和58年)4月1日 - 島根県立出雲農林高等学校から佐田分校が移管される。
  • 1998年(平成10年)- 創立100周年記念式典を挙行。有朋舘が完成。
  • 1999年(平成11年)- 島根県立大社中学校第44・45期卒業証書授与式を挙行。
  • 2009年(平成21年)- 弓道場が完成。
  • 2015年(平成27年)3月31日 - 佐田分校が閉校

学校行事編集

学園祭
「鹿城祭」(ろくじょうさい)

部活動編集

運動部
文化部

著名な出身者編集

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 読みは「ひかわ」。かつて存在した簸川郡を参照。
  2. ^ 第一中学校は島根県立松江北高等学校の前身、第二中学校は島根県立浜田高等学校の前身。
  3. ^ 沿革-島根県立大社高等学校”. 島根県立大社高等学校公式サイト. 2018年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月15日閲覧。
  4. ^ 読みは「きづき」。

関連項目編集

外部リンク編集