メインメニューを開く

川崎敬三の料理ジョッキー

川崎敬三の料理ジョッキー』(かわさきけいぞうの りょうりジョッキー)は、日本教育テレビ(現・テレビ朝日)で1971年4月5日 - 1975年3月28日[2][1][注 1]に平日の帯番組として生放送された雪印乳業(現・雪印メグミルク)グループ一社協賛の料理番組である。

川崎敬三の料理ジョッキー
TV Asahi 1961.jpg
「川崎敬三の料理ジョッキー」の生放送が行われたNET社屋(写真は番組開始前の1961年のもの)
ジャンル 料理番組
出演者 川崎敬三
ほか
制作 日本教育テレビ(NET)
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1971年4月5日 - 1975年3月28日[1]
放送時間 平日 9:30 - 9:45
放送分 15分

特記事項:
雪印乳業グループ一社提供。
テンプレートを表示

放送時間は平日9:30 - 9:45。

概要編集

パーソナリティーを務めた川崎敬三は、俳優業の傍ら、趣味として料理を楽しみ、東京スポーツのインタビューで「男は外で働くもの。家に帰ればひっくり返っています。料理は道楽ですよ」と述べており、「なんでもこなせる万能タレント」を目指していた。この番組ではプロの料理人から家庭でもできる料理を川崎や視聴者にレクチャーしたものであった。[3]

放送局編集

無印:NET系単独系列局

資料編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ この日は、平日にNETが毎日放送とネットを組んだ最後の日であり、この3日後の1975年3月31日に「腸捻転解消」が行われ、在阪準キー局のネットが毎日放送から朝日放送に変わった。

出典編集

  1. ^ a b 参考:「朝日新聞縮刷版ラジオ・テレビ欄
  2. ^ 作品歴:「TV番組(抄)」作曲家・宮崎尚志の世界
  3. ^ 川崎敬三さん インタビューで見せた役者魂 - 東京スポーツ(放送当時の写真あり)


NET 平日9:30 - 9:45枠
前番組 番組名 次番組
川崎敬三の料理ジョッキー
お茶の間映画劇場
(9:30 - 10:55)
【夏は『夏休みまんが大会』】
【ここから関東ローカル枠】