メインメニューを開く

市立恵那病院(しりつえなびょういん)は、岐阜県恵那市にある病院である。恵那市病院事業の設置等に関する条例(平成16年10月25条例第239号)により設置された病院であり、2003年(平成15年)、国立療養所恵那病院が恵那市に移譲され、開設された。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 市立恵那病院
Ena Hospital2008-1.jpg
情報
指定管理者 社団法人地域医療振興協会
前身 恵那市立国保恵那病院
傷痍軍人岐阜療養所
→国立岐阜療養所
→国立療養所恵那病院
標榜診療科 内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、老年内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、肛門外科、乳腺外科、整形外科、小児科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、救急科、麻酔科
許可病床数

199[1]


一般病床:199床
機能評価 一般・療養100床以上200床未満:Ver6.0
開設者 恵那市
開設年月日 2003年
所在地
509-7201
岐阜県恵那市大井町2725番地
二次医療圏 東濃
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

概要編集

  • かつての国立療養所恵那病院である。1999年(平成11年)、「国立病院・療養所再編成計画」により移譲が決定し、平成15年12月1日に恵那市が受け継いだ。
  • 指定管理者制度を採用しており、指定管理者は社団法人(現在は公益社団法人)地域医療振興協会である。
  • かつて恵那市の市民病院として、恵那市立国保病院を運営していたが、1967年に廃止している。恵那市の市民病院は36年振りの復活ということになる。
  • 2016年(平成28年)11月21日に旧病棟の隣接地に鉄筋コンクリート4階建て延べ1万6498平方メートルの新病棟を開設した[1]
  • 診察科は2016年(平成28年)11月21日腎臓内科を新設して20科となった[1]
  • 病床数は199床[1]。(一般199床、療ち回復期リハビリテーション52床)

診療科編集

沿革編集

  • 1942年(昭和17年)5月:傷痍軍人岐阜療養所として開設。
  • 1945年(昭和20年)5月:国立岐阜療養所に改称。
  • 1967年(昭和42年)12月:恵那市立国保病院が廃止され、入院患者などは国立岐阜療養所に移動する。
  • 1970年(昭和45年)4月:国立療養所恵那病院に改称。
  • 1999年(平成11年)3月:「国立病院、診療所再編成計画」により、移譲施設に指定される。
  • 2003年(平成15年)12月:恵那市に移譲され、市立恵那病院として開院。
  • 2005年(平成17年)6月:リニューアル完成。
  • 2016年(平成28年)11月21日:新病院に移転[1]

交通機関編集

  • 東鉄バス 「恵那病院」バス停
    • 恵那病院シャトルバス便(恵那駅 - 恵那病院 運賃は100円)
    • 丸池線(恵那駅 - 丸池市営住宅前)

その他編集

  • 2004年(平成16年)10月25日、旧恵那市恵那郡南部の4町1村とが合併し、現在の恵那市となる。これにより、各町村の病院、診療所が恵那市の公設施設となる。恵那市は2つの市民病院(市立恵那病院、国民健康保険上矢作病院)、5つの療養所、1つの歯科療養所を所有している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 森川洋 (2016年11月20日). “新市立恵那病院、あすオープン 新設含め20科目診療”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 岐阜全県版 

関連項目編集

外部リンク編集