メインメニューを開く

平賀 マリカ(ひらが マリカ、5月31日 - )は、日本のジャズシンガー東京都出身。

平賀マリカ
出生名 平賀 真利子
生誕 5月31日
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 駒澤大学文学部英米文学科 卒業
ジャンル ジャズ
職業 歌手
担当楽器
公式サイト 平賀マリカ official website

目次

来歴編集

1977年駒澤短期大学英文科卒業後、駒澤大学文学部英米文学科に編入学し卒業。大学では軽音楽サークルに所属。

大学在学中にジャズボーカルをマーサ三宅に師事[1]OL時代、マーサ三宅の勧めで「アマチュア・アジア音楽祭」予選に出場、1位となり日本代表に。1981年、香港で開催された「アマチュア・アジア音楽祭」本選で金賞を受賞、その後プロ入り。[2]。ボイストレーニングを伊藤君子に師事。その後ニューヨークにてジャムセッション、ボーカルレッスンを経て帰国。2001年自身初のジャズ・スタンダード集CD『My Shining Hour(マイ・シャイニング・アワー)』をリリース。 ピアノトリオに4トロンボーンセクションを駆使したアレンジでスタンダードを歌うアルバムは話題を呼び、スイングジャーナル誌上で女性ボーカルCDセールストップ10入りを果たす。

2003年度第19回日本ジャズヴォーカル賞 優秀歌唱賞を受賞。2004年4月中野坂上ハーモニーホールにて受賞記念コンサートを開催 [3]

2006年エリック・アレキサンダー(sax)、ハロルド・メイバーン(p)トリオとの共演アルバム『フェイス』が《スイングジャーナル選定ゴールドディスク》を獲得しブレイク。

2007年に『クロース・トゥ・バカラック』でデビット・マシューズ(p, arr)率いるマンハッタン・ジャズ・クインテットと共演。新たなバカラック・スタンダードとして高い評価を受け、国内制作のボーカルアルバムとしては最高の栄誉である【第41回スイングジャーナル主催ジャズ・ディスク大賞ボーカル賞】を受賞[4]

2008年ボサ・ノヴァ誕生50周年のメモリアル・アルバムとして『バトゥカーダ~ジャズン・ボッサ~』を発表。マイケル・フランクス(vo)、フィル・ウッズ(sax)、ケニー・ギャレット(sax)、ランディー・ブレッカー(tp)と共演。

2009年に『シング・ワンス・モア~ディア・カーペンターズ~』を発表。二作とも【ジャズ・ディスク大賞ボーカル賞】を受賞。史上初となる同賞3年連続受賞の快挙を達成。

2012年、『シングス・ウィズ・ザ・デューク・エリントン・オーケストラ』をリリース。伝説的ビッグバンド、デューク・エリントン楽団と共演。夏には台北インターナショナル・ジャズフェスティバルに招聘され出演。

2015年ヘンリー・マンシーニジョニー・マンデルのオリジナルを再構成した『マンデルシーニ 』を発表。

ホールコンサート、ジャズ・フェスティバル、ラジオパーソナリティ、音楽専門誌上でのルポ執筆等、多岐に渡る活動を展開する日本のジャズシーンを代表する実力派ヴォーカリスト [5][6][7][8][9][10][11]

歌手・作曲家・音楽プロデューサー大澤誉志幸は大学で同じ軽音楽サークル「駒澤フォーク村愛好会」の洋楽グループであった。「どこかでジャズを習えないか」という平賀の問いに、大澤が「ジャズボーカル教室を知ってる」と即答、マーサ三宅の教室を紹介した [12]

受賞編集

Discography編集

CD編集

アルバム編集

  1. My Shining Hour』2001.
  2. Faith』2006.9.6《スイングジャーナル選定ゴールドディスク》
  3. My Shining Hour』2007.5.23 ※リマスタリング
  4. Close to Bacharach』2007.6.20
  5. Batucada~Jazz’n Bossa~』2008.11.19
  6. モア・ロマンス』2008.5.21
  7. Sing Once More~Dear Carpenters~』2009.11.25
  8. MONA LISA ~トリビュート・トゥ・ナット・キング・コール~』2011.2.16
  9. Sings With The Duke Ellington Orchestra』2012.4.25
  10. Close to Bacharach Special Edition』2015.4.8[18]
  11. Mandelcini(マンデルシーニ )』2015.4.8[19]
  12. Vintage』2017.7.26 [20][21]

DVD編集

  1. Emotion Live at STB139』2013.7.24

メディア出演編集

テレビ編集

出典・脚注編集

  1. ^ jazzvocalalliance. “Pass the Baton!平賀マリカ 2016.11”. 2018年12月11日閲覧。
  2. ^ JZ Brat. “平賀マリカ”. 2018年12月11日閲覧。
  3. ^ Jazzsmile. “平賀 マリカ(Vo)”. 2018年12月11日閲覧。
  4. ^ SPACE SHOWER MUSIC. “平賀マリカ(Marica Hiraga)”. 2018年12月11日閲覧。
  5. ^ Billboard-Live. “平賀マリカLive-2011/4/10”. 2018年12月11日閲覧。
  6. ^ BLUE NOTE TOKYO. “平賀マリカ/アーカイブ2011/6/8”. 2018年12月11日閲覧。
  7. ^ 宮間利之ニューハード&平賀マリカ(vo) 2012年10月7日”. 2018年12月11日閲覧。
  8. ^ Porte Theater. “BLUE NOTES with 平賀マリカ2018/7/22”. 2018年12月11日閲覧。
  9. ^ 大隅寿男(ds)クインテット with 平賀マリカ(vp)2018年10月6日”. 2018年12月11日閲覧。
  10. ^ enjoy tokyo. “平賀マリカ(vocal)&守屋純子(piano)トリオ・スペシャルライヴ 2018/10/31ジャズスポットJ”. 2018年12月11日閲覧。
  11. ^ ジャズ資料館. “ミュージシャン ライブ情報”. 2018年12月11日閲覧。
  12. ^ komazawalblink_vol.4.pdf. “KOMAZAWA特別セッション・2014.5.p13”. 2018年12月11日閲覧。
  13. ^ jazzcd. “第41回(2007年度)スイングジャーナル ジャズ・ディスク大賞”. 2018年12月11日閲覧。
  14. ^ jazzcd. “第42回(2008年度)スイングジャーナル ジャズ・ディスク大賞”. 2018年12月11日閲覧。
  15. ^ jazzcd. “第43回(2009年度)スイングジャーナル ジャズ・ディスク大賞”. 2018年12月11日閲覧。
  16. ^ JAZZ LIVEHOUSE NARU. “vo平賀マリカ”. 2018年12月11日閲覧。
  17. ^ ジャズワールド. “日本ジャズヴォーカル賞”. 2018年12月11日閲覧。
  18. ^ itunes.apple.. “Musicプレビュー /295064830 平賀マリカ”. 2018年12月11日閲覧。
  19. ^ TOWER RECORDS ONLINE. “アーティスト詳細”. 2018年12月11日閲覧。
  20. ^ SPACE SHOWER MUSIC. “DISCOGRAPHY”. 2018年12月11日閲覧。
  21. ^ ORICON NEWS. “平賀マリカ”. 2018年12月11日閲覧。
  22. ^ ORICON NEWS. “NHK金曜バラエティー「マンハッタン・ジャズ・クインテット 平賀マリカ ジャズがやって来た!ニューヨークの薫り」”. 2018年12月11日閲覧。
  23. ^ 平賀マリカ公式ブログ. “NHK-BS2に出演します。”. 2018年12月11日閲覧。

 

外部リンク編集