上條恒彦

日本の歌手、俳優、声優

上條 恒彦(かみじょう つねひこ、1940年3月7日[1] - )は、日本歌手俳優声優長野県東筑摩郡[1]朝日村出身。本名同じ[1]ケイセブン中村屋所属[1]。身長176cm、体重75kg。

かみじょう つねひこ
上條 恒彦
本名 上條 恒彦
生年月日 (1940-03-07) 1940年3月7日(81歳)
出生地 日本の旗 日本長野県朝日村
血液型 O型
職業 歌手俳優声優
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台
配偶者 あり
主な作品
テレビドラマ
3年B組金八先生』シリーズ
アテレコ
リトル・マーメイド
紅の豚
もののけ姫
千と千尋の神隠し
テンプレートを表示

経歴編集

長野県東筑摩郡朝日村生まれ。朝日中学校(現松本市山形村朝日村中学校組合立鉢盛中学校)を経て長野県松本県ヶ丘高等学校を卒業後、1958年4月に上京。大森の雑貨品問屋の住み込み店員を手始めに、新聞配達、サンドイッチマンうたごえ喫茶の歌手など約15種類の職業を経験する。1964年3月、初めて労音で勤務し、のちに歌手としてデビューするきっかけとなる。

1968年に結婚。その後長男の恒(俳優)、次男をもうける。1979年ごろ離婚し、2人の子どもは上條が引き取る。1983年、付き人であった女優で16歳年下の悦子と再婚、4人の男児をもうける。末子・駿は俳優[2]

1969年、NHKのステージ101の初期メンバーとしてレギュラーになるが、年長で別格扱いであった。1971年、グループ「六文銭」と共演した『出発の歌(たびだちのうた)』で、三重県合歓の郷で開催された「ポピュラーソング・フェステバル'71」のグランプリを受賞[3]。次いで11月、第2回世界歌謡祭でグランプリ・歌唱賞を受賞[4]。翌1972年には、第23回NHK紅白歌合戦ヤング101と共に初出場する。また、フジテレビ系列の時代劇『木枯し紋次郎』の主題歌『だれかが風の中で』を歌い、ヒットさせる。9月には「日本歌謡祭」で『橋』が入賞。1973年2月には、沖縄海洋博の歌『珊瑚礁に何を見た』を制作する。同年、『さよならの世界』で第4回世界歌謡祭の歌唱グランプリを受賞。

俳優としても活動し、『3年B組金八先生』の社会教師・服部肇役などは有名。また、丸大食品のウインナー、フランクフルト商品のCMソングを1980年代に担当していた。1985年鳥取県で開催された「わかとり国体」では、大会テーマ曲の『スピリッツ』を秋季大会開会式で歌った。

現在は、長野県諏訪郡富士見町八ヶ岳山麓に居住。妻の著書『八ヶ岳山麓 上條さんちのこどもごはん』(ISBN 978-4784072644信濃毎日新聞社、2015年)に生活の様子が記されている。 アトリエ・ダンカンとの契約満了にともない、2013年5月1日よりケイセブン中村屋に所属。

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

  • 劇団民藝『お尋ね者ホッツェンプロッツ』(1975年)
  • PIPPIN(1975年) - チャールズ 役
  • ラ・マンチャの男 (1977年 - 2005年) - 牢名主、宿屋の主人 役 ※1999年度第25回菊田一夫演劇賞受賞対象作品
  • ロック・ミュージカル ハムレット(1979年) - クローディアス 役
  • スパニッシュミュージカル『バルセロナ物語』 (1991年 - 1992年) - ロセンド・ソロンゴ 役
  • マイ・フェア・レディ (1993年 - 2007年)- アルフレッド・ドゥーリトル 役
  • 屋根の上のバイオリン弾き - 主演 テヴィエ 役(1986年)、ラザール・ウォルフ 役(1982年 - 2005年)
  • 香港ラプソディー (1993年)
  • ABCミュージカル『狸 TANUKI』(1996年)
  • フラメンコ・ミュージカル『ロス・タラントス|ロス・タラントス―バルセロナ物語―』 (1998 - 1999年、2000年) - ソロンゴ 役
  • クリスマス・ボックス(2001年) - ローレンス・フレーク 役
  • 音楽劇『円仁』(2002年) - 主演 円仁 役
  • 世界の中心で、愛をさけぶ (2002年)- 朔太郎の祖父 役
  • 阿国 (ミュージカル)(1990年 - 2007年) - 原三郎左衛門 役
  • 十二夜(2003年) - マルヴォーリオ 役
  • キャバレー(2004年) - ヘル・シュルツ役
  • 椿姫(2004年) - ジョルジュ・デュヴァル 役
  • メタル マクベス(2006年) - レスポール王、元社長 役
  • 紫式部ものがたり(2006年) - 藤原為時 役
  • ウーマン・イン・ホワイト(2007年) - フォスコ伯爵 役
  • 羽衣伝説(2008年) - 吟遊詩人 役
  • ZORRO THE MUSICAL(2011年) - アレハンドロ総督&ジプシー 役
  • しあわせのタネ(2014年) - 重森巌 役
  • マハゴニー市の興亡(2016年9月6日 - 22日、KAAT神奈川芸術劇場) - モーゼ 役 [7]

ミュージックビデオ編集

劇場アニメ編集

吹き替え編集

映画(吹き替え)編集

アニメ編集

特撮編集

ラジオ編集

ナレーション編集

音楽活動編集

作品編集

  • 1969年11月 シングル 雨よふれ / 青空が青かった
  • 1971年1月 シングル 仲間 / さとうきび畑
  • 1971年10月 30cmLP〈誰も知らない私の悩み/上條恒彦ファースト・アルバム〉
    オル・マン・リバー / ジェリコの戦い / シティ・コールドヘブン / 誰も知らない私の悩み / オー・ハッピー・デー / 最上川舟唄 / 雨よふれ / 牧師とどれい / 勝利を我らに / 太陽 / さとうきび畑
  • 1971年11月 シングル 出発の歌 / アルカディア
  • 1972年1月 シングル だれかが風の中で / 橋
  • 1972年2月 30cmLP〈出発の歌/グランプリ上條恒彦〉(1994年にCD化)
    出発の歌 / 風のマーチ / だれかが風の中で / アルカディア / 橋 / 夢をみたよ / ただ愛に生きるだけ / ケ・セラ / ダウン・バイ・ザ・リバーサイド / 我が子は去り行く / こげよマイケル / バラはあこがれ
  • 1972年6月 シングル あなたがいれば / 私の家
  • 1972年8月 30cmLP〈街が海に沈むとき/上條恒彦セカンド・アルバム〉
    はじまりの足音がかけまわる / 街が海に沈むとき / 私の家 / あなたがいれば / おふくろの唄 / 空に小鳥がいなくなった日 / 雨 / 森がよんでいる / ハモニカの歌 / ユートピアを夢みる少年 / ひぐれびわ色影法師
  • 1972年10月 30cmLP〈上條恒彦ベスト20〉
    最上川舟唄 / だれかが風の中で / 雨よふれ / 街が海に沈むとき / 私の家 / 遠い夏の日のウタ / オル・マン・リバー / ジェリコの戦い / ただ愛に生きるだけ / 夢をみたよ / 出発の歌 / はじまりの足音がかけまわる / ケ・サラ / あなたがいれば / 森がよんでいる / 橋 / アルカディア / オー・ハッピー・デー / ハモニカの歌 / ショーは終わった
  • 1972年10月 シングル 故郷へ帰るのはよそう / ゆめ
  • 1972年 シングル 少年と夕陽 / ぼくらはなにもの
  • 1973年1月 シングル 都会の朝 / 銀河鉄道の夜
  • 1973年5月 シングル 珊瑚礁に何を見た / 橋
  • 1973年7月 シングル 昨日はもう過ぎ去って / 舟唄
  • 1973年 30cmLP 〈珊瑚礁に何を見た/上條恒彦サード・アルバム〉
    珊瑚礁に何を見た / 昨日はもう過ぎ去って / 銀河鉄道の夜 / 父が息子に与える歌 / 大地にふせて / 都会の朝 / 神の思いのままに / 舟唄 / 少年と夕陽 / 橋 / 僕は自由 / シャンテ
  • 1973年 30cmLP〈上條恒彦ベスト20〉
    珊瑚礁に何を見た / 昨日はもう過ぎ去って / 都会の朝 / 私の家 / 最上川舟唄 / 舟唄 / 橋 / あなたがいれば / 街が海に沈むとき / 少年と夕陽 / だれかが風の中で / 出発の歌 / 銀河鉄道の夜 / 大地にふせて / アルカディア / オル・マン・リバー / ジェリコの戦い / ケ・サラ / ダウン・バイ・ザ・リバーサイド / ただ愛に生きるだけ
  • 1974年2月 シングル 天下堂々 / さよならの世界
  • 1974年6月 シングル 蒼空 / 花の結婚式
  • 1974年 30cmLP〈歌は限りなく/グランプリ・フェスティバル〉
    さよならの世界 / 出発の歌 / だれかが風の中で / 風のマーチ / 最上川舟唄 / ただ愛に生きるだけ / ケ・サラ / ジェリコの戦い / オル・マン・リバー / こげよマイケル / シティ・コールドヘブン / 我が子は去り行く
  • 1974年 30cmLP〈遠くへ行きたい〉
    遠くへ行きたい / さよならの世界 / 蒼空 / 珊瑚礁に何を見た / 夕陽の丘 / 花の結婚式 / ホリデー / ひとり星の上に / おばあさんの遺言 / オー・ルヴォワール/ 私の家 / ゆめ
  • 1975年1月 30cmLP〈STAGE 橋はいつも〉(2004年にCD化)
    オープニング (出発の歌) / 冬がくる / 「恋人」のテーマ / ホリデー / 花の結婚式 / 我が子は去りゆく / シャンテ / 空腹のうた / 無題(子守唄) / 冬の歌 / 橋はいつも / 出発の歌 / ショーは終った
  • 1976年9月 シングル 橋のうえで / 橋はいつも
  • 1977年3月 シングル 恐竜が街にやってきた(B面は歌:シンガーズ・スリー)
  • 1977年 シングル 愛は傷あと / ガッタイガーの歌
  • 1977年 シングル 怪人二十面相 / 風と僕のバラード
  • 1977年10月 シングル スペース1999のテーマ(B面は演奏:MW)
  • 1978年 シングル 白き氷河の果てに / さらばカラコルムK2
  • 1978年 シングル 風の声/ 白い雲
  • 1978年3月 シングル 果てしなき挑戦 / もうひとつの地球
  • 1979年5月 シングル 鎌倉は子守唄 / 野菜サラダ物語
  • 1979年 30cmLP〈鎌倉は子守唄/上條恒彦オリジナル11〉
    鎌倉は子守唄 / 僕と君と風と / 百日紅 / あの雲のように / 別れるときはいつも / 海を見たくない今は / 野菜サラダ物語 / 欅 / 散歩です風といっしょに / カナリアはその朝 / 樹 / 村で一番大きな銀杏の木
  • 1979年11月 シングル 望郷の歌 / 若き友よ
  • 1980年3月 シングル 男たちの灯 / 俺らの空は鉄板だ
  • 1980年5月 シングル 君は走れ君は歌え / 愛の四季
  • 1982年 30cmLP〈上條恒彦ベストアルバム〉
    出発の歌 / だれかが風の中で / 珊瑚礁に何を見た / 夢をみたよ / 街が海に沈むとき / 私の家 / アルカディア / ジェリコの戦い / 橋 / ケ・サラ / さとうきび畑 / ショーは終った
  • 1984年2月 シングル 雪割草のように / 雪ん子
  • 1994年6月 CDシングル おーい青空 / どすこいわんぱく「めざせ若・貴」
  • 1996年6月 CDアルバム〈冬の森にて〉
    いぬふぐり / サトウキビ畑 / 雨よふれ / ショウは終った / だれかが風の中で / 父が息子に与える歌 / 橋はいつも / わたしが一番きれいだったとき / 冬の歌 / 襟裳岬 / 玄蕃之丞 / 冬の森にて / 雨のベラルーシ / PEACE IN HARMONY / おやすみ
  • 2003年6月 CDアルバム 〈お母さんの写真〉
    お母さんの写真 / オルガンの丘 / 中央線 / 牧場の朝 / 鞦韆 / 真夏の振り子 / 油屋 / 豚の丸焼き背中にかついで / ひとつ やくそく / 椅子 / 秋 / 花あかり / 冬の星座 / 何もいらない / 祝祭 / 見果てぬ夢
  • 2012年11月 CDシングル 夢のあと(2曲目以降はインストゥルメンタル)
  • 2013年9月 CDミニアルバム 〈生きているということは〉
    生きているということは / 最後の授業 / いのちたちへ / この空の下 / 生きているということは~インストゥルメンタル~

CDアルバム(再発売を含む)編集

  • 出発の歌/グランプリ上條恒彦(1994年、キングレコード
  • 冬の森にて(1996年、ファーストサークル)
  • キングCD文庫『上條恒彦 / コレクション』(1999年、キングレコード)
  • スーパーセレクト・上條恒彦 さとうきび畑(2002年、キングレコード)
  • お母さんの写真(2003年、EMIミュージック・ジャパン
  • STAGE 橋はいつも(2004年、キングレコード)
  • 上條恒彦 全曲集(2011年、キングレコード)
  • 生きているということは(2013年、 徳間ジャパン

主題歌・タイアップ編集

みんなのうた編集

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1972年(昭和47年)/第23回 出発の歌-失われた時を求めて- 15/23 欧陽菲菲
1973年(昭和48年)/第24回 2 シャンテ 12/22 ザ・ピーナッツ
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集