メインメニューを開く

志賀 櫻(しが さくら、1949年1月19日 - 2015年12月20日[1])は日本の弁護士(男性、第一東京弁護士会、登録番号33371)。

目次

人物編集

税務訴訟を得意分野とする。大蔵省時代は主計局と主税局に長く勤務している。また、外務省参事官(ロンドン在勤)、OECD租税委員会日本代表を歴任するなど、国際金融の経験も豊富。民間税制調査会の税制改正大綱にも積極的に関与し、国際租税分野の専門家として貢献した。 「税は文明の対価である」という言葉を好んでおり、テレビ出演時やインタビュー、著書などで度々用いていた。

略歴編集

著書編集

  • 『タックス・イーター ―消えていく税金』岩波新書、2014
  • 『日銀発金融危機』朝日新聞出版、2013
  • 『タックス・ヘイブン ―逃げていく税金』岩波新書、2013
  • 『詳解 国際租税法の理論と実務』民事法研究会、2011
  • 『豚肉の差額関税制度を断罪する』パル出版、2011
  • 『法的紛争処理の税務(下巻)第4版』(共編著)民事法研究会、2009

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 第一東京弁護士会『ICHIBEN Bulletin』515号(平成28年2月)51頁。

外部リンク編集