志賀 櫻(しが さくら、1949年1月19日 - 2015年12月20日[1])は日本の弁護士(男性、第一東京弁護士会、登録番号33371)。血液型はB型[2]

人物編集

税務訴訟を得意分野とする。大蔵省時代は主計局主税局に長く勤務している。また、外務省在イギリス大使館参事官、OECD租税委員会日本代表を歴任するなど、国際金融の経験も豊富。民間税制調査会の税制改正大綱にも積極的に関与し、国際租税分野の専門家として貢献した。「税は文明の対価である」という言葉を好んでおり、テレビ出演時やインタビュー、著書などで度々用いていた。

高校、大学の同期である鳩山邦夫は「博覧強記のうえにスポーツ万能。ひとりの人間として、とても敵わない[3]」「当然、事務次官になるだろうと思っていたけれど、途中で退官して弁護士になった。あのくらい優秀だと、役所ではかえってダメなのかもしれない[4]」と述べている。

略歴編集

同期編集

東京教育大学附属高等学校 1967年卒業編集

大蔵省 1971年入省編集

著書編集

  • 『タックス・オブザーバー ―当局は税法を理解しているのか』エヌピー通信社、2015
  • 『タックス・イーター ―消えていく税金』岩波新書、2014
  • 『日銀発金融危機』朝日新聞出版、2013
  • 『タックス・ヘイブン ―逃げていく税金』岩波新書、2013
  • 『詳解 国際租税法の理論と実務』民事法研究会、2011
  • 『豚肉の差額関税制度を断罪する』パル出版、2011
  • 『法的紛争処理の税務(下巻)第4版』(共編著)民事法研究会、2009

参考文献編集

  • 『大蔵省名鑑』時評社、昭和62年

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 第一東京弁護士会『ICHIBEN Bulletin』515号(平成28年2月)51頁。
  2. ^ 『日本の官庁,その人と組織:大藏省』政策時報社、1993年発行、46頁
  3. ^ 世の中、上には上がいる〜私が見た「大秀才」たち⑤ 現代ビジネス
  4. ^ 世の中、上には上がいる〜私が見た「大秀才」たち⑥ 現代ビジネス
  5. ^ 『東大人名録,第1部』1986年発行、51頁
  6. ^ 『職員録 第1部』大蔵省印刷局、1976年発行、476頁
  7. ^ 『職員録 第1部』大蔵省印刷局、1979年発行、488頁
  8. ^ 『職員録 第1部』大蔵省印刷局、1980年発行、483頁
  9. ^ 『職員録 第1部』大蔵省印刷局、1986年発行、503頁

外部リンク編集