メインメニューを開く

怒りの河』(いかりのかわ、原題:Bend of the River)は、1952年制作のアメリカ合衆国西部劇映画

怒りの河
Bend of the River
監督 アンソニー・マン
脚本 ボーデン・チェイス
原作 ビル・ガリック
製作 アーロン・ローゼンバーグ
出演者 ジェームズ・スチュアート
アーサー・ケネディ
ジュリー・アダムス
ロック・ハドソン
音楽 ハンス・サルター
撮影 アーヴィング・グラスバーグ
製作会社 ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1952年2月13日
日本の旗 1952年11月22日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $3,000,000[1]
テンプレートを表示

ウィンチェスター銃'73』に続いてアンソニー・マン監督、ジェームズ・スチュアート主演で製作された。

目次

あらすじ編集

グリン・マクリントックはかつては無法者だったが、今はオレゴン州へ移動する開拓団の道案内人を務めている。

ある日、グリンは縛り首にされかけている1人の男を救った。彼は無法者として悪名高い、エマーソン・コールという男だった。

グリン一行はポートランドに到着したが、コールは土地の顔役ヘンドリックスの賭場に居着いてしまう。

冬が迫って来た頃、開拓団長のジェレミーとグリンはヘンドリックスと契約した食料がなかなか来ないのを不審に思い、ポートランドに様子を見に行った。すると、ポートランドは砂金景気に湧いており、開拓団に売られるはずの食料は砂金掘りの人足たちに売られかけていた。

グリンは食料を奪取するが、コールはグリンを殺そうと謀る。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ 'Top Box-Office Hits of 1952', Variety, January 7, 1953

外部リンク編集