メインメニューを開く

竹田恒治

日本の皇族、外交官
恒治王から転送)

竹田 恒治(たけだ つねはる、1944年昭和19年)8月3日 - )は、日本旧皇族実業家伊藤忠商事の関係会社の社長を務めた)。竹田宮恒徳王第二男子。皇籍離脱前の身位は恒治王)。実業界を離れた後、在ブルガリア共和国日本国特命全権大使を務めた。岡田茂三越社長)は岳父

恆治王
竹田恆治
竹田宮
続柄 竹田宮恒徳王第二男子
身位 皇籍離脱
敬称 殿下皇籍離脱
出生 (1944-08-03) 1944年8月3日(74歳)
満州国の旗 満州国新京特別市
配偶者 岡田幾美子
子女 竹田恒昭
竹田恒智
父親 竹田宮恒徳王
母親 恒徳王妃光子
役職 実業家、在ブルガリア共和国日本国特命全権大使
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1944年昭和19年)、満洲国新京特別市で生まれる。出生当時、父の竹田宮恒徳王は、関東軍参謀として満洲国に駐在していた。1947年昭和22年)、皇籍離脱

学習院中等部から、慶應義塾高等学校慶應義塾大学法学部政治学科に進んだ。身長が180センチ以上あり、学生時代はラグビーアイスホッケーの選手として活躍した。

1967年昭和42年)、慶應義塾大学を卒業して伊藤忠商事に入社[1]2001年(平成13年)、伊藤忠商事・大洋州総支配人となり、伊藤忠商事の豪州現地法人およびニュージーランド現地法人の社長を兼ねる。伊藤忠商事の理事を経て、2005年平成17年)から2007年平成19年)6月まで中央設備エンジニアリング社の社長を務めた。

2007年(平成19年)から2010年(平成22年)まで、在ブルガリア共和国日本国特命全権大使を務めた。

2013年(平成25年)、日本アイスホッケー連盟の会長候補となるも、連盟の混乱を理由に辞退する[2]

家族・親族編集

岳父
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇竹田宮恒久王
 
昌子内親王北白川宮成久王
 
房子内親王朝香宮鳩彦王
 
允子内親王東久邇宮稔彦王
 
聡子内親王昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇竹田恒徳永久王朝香孚彦盛厚王
 
成子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明仁上皇
 
竹田恒正
 
 
 
 
 
北白川道久
 
 
 
朝香誠彦東久邇信彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現皇室
 
 
竹田家
 
 
 
 
男系断絶
 
 
 
 
朝香家東久邇家



関連項目編集

参考文献編集

  • 竹田恒泰『語られなかった皇族たちの真実』

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

  1. ^ 竹田恒泰著 語られなかった皇族たちの真実 222頁
  2. ^ [1]

外部リンク編集