メインメニューを開く

恵北駅(けいほくえき)は、北海道宗谷支庁稚内市大字声問村字恵北にかつて存在した、北海道旅客鉄道(JR北海道)天北線廃駅)である。電報略号ケホ。天北線の廃線(廃止)に伴い、1989年(平成元年)5月1日に廃駅となった。

恵北駅
けいほく
Keihoku
樺岡 (9.1km)
(5.5km) 声問
所在地 北海道稚内市大字声問村字恵北
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 天北線
キロ程 136.3km(音威子府起点)
電報略号 ケホ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1922年大正11年)11月1日
廃止年月日 1989年平成元年)5月1日
備考 天北線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の恵北駅と周囲約500m範囲。上が南稚内方面。かつては相対式ホーム2面2線、駅舎横に引込み線、駅裏側に副本線をもつ一般駅だったが、既に無人駅になっていて、側線は全て撤去され、本線は駅裏側(島ホーム側)の浜頓別側の分岐が撤去されて引込み線化され、駅舎ホーム側に棒線化されている。声問川(かつては幕別川と言われた)と大沼の泥炭地帯が駅裏に広がり、周囲に耕作地は少ない。駅正面山向こうの早くから耕地開拓された増幌川流域集落への玄関口であり、その山から伐採された木材の出荷駅でもあった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

目次

駅構造編集

廃止時点で、1面1線の単式ホームと線路を有する地上駅であった。ホームは、線路の東側(南稚内方面に向かって右手側)に存在した[1]

無人駅(簡易委託駅)となっていたが、有人駅時代の木造駅舎が残っていた。駅舎は構内の東側に位置し、ホーム中央部に接していた。

駅名の由来編集

当駅が所在していた地名、「字恵北」より。

また、駅附近を流れる声問川は、元の名は幕別川であった[2]

駅周辺編集

歴史編集

駅跡編集

   
線路は撤去され百周年の記念碑が残る。

2001年(平成13年)時点では空き地となっており、かつての駅前商店が残存していた(2014年末にて閉店)[3]。2008年(平成20年)時点では旧駅前に現役時代からあったの大樹が残り、開拓の記念碑である「恵北開基百年記念碑」が建立されていた[4]。2010年(平成22年)時点でも同様であった[5]

隣の駅編集

北海道旅客鉄道
天北線
樺岡駅 - 恵北駅 - (臨)東声問駅 - 声問駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)191ページより。
  2. ^ a b 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)17ページより。
  3. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVIII』(JTBパブリッシング2001年8月発行)42ページより。
  4. ^ 書籍『追憶の鉄路 北海道廃止ローカル線写真集』(著:工藤裕之、北海道新聞社2011年12月発行)28ページより。
  5. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)19ページより。

関連項目編集