メインメニューを開く

愛宕駅 (千葉県)

日本の千葉県野田市にある東武鉄道の駅

愛宕駅(あたごえき)は、千葉県野田市中野台にある東武鉄道野田線(東武アーバンパークライン)の。駅番号はTD 16。2019年現在、高架化工事が行われており、2020年度に高架化される予定[1]

愛宕駅
仮設駅舎(2019年5月)
仮設駅舎(2019年5月)
あたご
Atago
TD 15 清水公園 (1.1km)
(0.9km) 野田市 TD 17
所在地 千葉県野田市中野台1217
駅番号 TD 16
所属事業者 東武鉄道
所属路線 野田線(東武アーバンパークライン)
キロ程 27.7km(大宮起点)
電報略号 アタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
9,747人/日
-2017年-
開業年月日 1929年昭和4年)9月1日
テンプレートを表示
旧駅舎(2013年10月)
旧駅舎を跨線橋より俯瞰(2006年9月)
旧ホーム(2013年5月)

目次

歴史編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。2018年3月18日から使用されている仮設駅舎は柏方面ホームの柏寄りにあり、大宮方面ホームとは跨線橋により連絡している。旧駅舎は大宮方面ホームの柏寄りにあり、一部2階建ての木造駅舎だったが、仮設駅舎の使用開始後に西口改札口として使用された後、同年9月30日の最終電車後に廃止され、解体された。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   東武アーバンパークライン 上り 春日部岩槻大宮方面
2 下り 野田市船橋方面

利用状況編集

2017年度の1日平均乗降人員9,747人である[5]

近年の1日平均乗降・乗車人員は以下の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員
年度 1日平均
乗降人員[6]
1日平均
乗車人員[7]
2001年(平成13年) 5,144
2002年(平成14年) 4,971
2003年(平成15年) 4,660
2004年(平成16年) 4,524
2005年(平成17年) 8,991 4,495
2006年(平成18年) 9,048 4,560
2007年(平成19年) 9,492 4,667
2008年(平成20年) 9,221 4,639
2009年(平成21年) 9,215 4,643
2010年(平成22年) 9,202 4,629
2011年(平成23年) 9,188 4,598
2012年(平成24年) 9,320 4,661
2013年(平成25年) 9,445 4,727
2014年(平成26年) 9,487 4,749
2015年(平成27年) 9,626 4,812
2016年(平成28年) 9,549 4,794
2017年(平成29年) 9,747

駅周辺編集

周辺は野田市街地の北東端であり、野田市駅に比べて商店街に近接している。駅前には2003年(平成15年)までイトーヨーカドーの店舗があった。現在は、跡地にザ・プライスが出店している。

バス路線編集

埼玉県北葛飾郡松伏町越谷市方面、茨城県坂東市岩井方面の一般路線バスと、コミュニティバスまめバス」の関宿城ルート以外の全ルートが発着する。

駅名の由来編集

駅西側に所在する愛宕神社に由来する。

隣の駅編集

東武鉄道
  東武アーバンパークライン
急行・普通
清水公園駅 (TD 15) - 愛宕駅 (TD 16) - 野田市駅 (TD 17)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東武野田線(野田市)連続立体交差事業”. 野田市 (2017年5月15日). 2017年5月16日閲覧。
  2. ^ 愛宕駅連続立体交差事業に伴う仮設駅舎仮設ホーム使用開始のお知らせ (PDF)”. 野田市. 2018年3月7日閲覧。
  3. ^ 東武野田線(野田市)連続立体交差事業ニュース No.2 (PDF)”. 野田市. 2018年11月29日閲覧。
  4. ^ 愛宕駅連続立体交差事業に伴う西口改札口廃止のお知らせ (PDF)”. 野田市. 2018年11月29日閲覧。
  5. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道
  6. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  7. ^ 千葉県統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集