文翔館(ぶんしょうかん)は、山形県山形市の中心部にある国の重要文化財「山形県旧県庁舎及び県会議事堂[1]」を修復・利活用している施設の愛称。正式名称は「山形県郷土館」。日没から21:30までライトアップが行われている[2]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 文翔館
Yamagata-Bunshokan.jpg
文翔館(第2代山形県庁舎)
文翔館の位置(日本内)
文翔館
文翔館の位置
施設情報
正式名称 山形県郷土館
愛称 文翔館
前身 山形県庁舎・県会議事堂
山形県東南村山地方事務所庁舎
事業主体 山形県
管理運営 公益財団法人山形県生涯学習文化財団(指定管理者
建物設計 田原新之助
開館 1916年大正5年)6月
所在地 990-0047
山形県山形市旅篭町3-4-51
位置 北緯38度15分24.8秒 東経140度20分28.4秒 / 北緯38.256889度 東経140.341222度 / 38.256889; 140.341222
公式サイト www.gakushubunka.jp/bunsyokan/
プロジェクト:GLAM

目次

概要編集

1911年5月の山形市北大火のよって初代庁舎が焼失したため、再建される新庁舎は耐火建築物として建設される方針が固まり、出羽国米沢藩(現:米沢市)出身の中條精一郎設計顧問とし、県工師として東京から招いた田原新之助を設計・監督として頂き[3]、当時の県総予算の4分の一である40万円を投じ[4]1916年6月に第2代の山形県庁舎および山形県会議事堂イギリスルネサンス様式を基調としたレンガ造りで竣工した。

同一人物の設計による同時期の建築ながら、旧県庁舎の外壁に現在の南陽市花崗岩を用いていたことから双方の外観の印象は異なる。なお双方の建物の屋根には宮城県雄勝町(現:石巻市)産の黒色スレートを使用していた[5]。また創建時から稼働する時計塔の機械式大時計は札幌市時計台に次いで国内で2番目に古い[6][7]

昭和40年代に入り、県行政の中心である県庁の機能も複雑多岐にわたるようになり、増設を重ねてきた第2代県庁舎も各部署が分散し、また狭いため、事務効率上の問題が指摘され始めた[8]。このため新県庁舎建設計画が策定され、建設地は開通が予定されていた山形自動車道山形蔵王ICから至近の山形市東郊のあこや地区(松波2丁目)とし、山形県の誕生百年を目前に控えた1975年9月に総工費97億円余りを投じ建設された地下2階、地上16階の第3代県庁舎が完成し執務を開始した[8]

松波に県庁が移転後、旧県庁は山形県東南村山地方事務所庁舎が完成するまで暫定的に同庁舎として使用されたが、旧県庁跡地の利用に関して県は、1973年8月に副知事を会長とする旧県庁跡地利用問題懇談会を設置し利用方法が検討された[9]1975年8月に懇談会は正面本庁舎は歴史資料館として永久保存すること。敷地すべてのうち、南面道路にあたる分を除くほかは、すべて緑地公園とする。などを内容とする利用計画を知事に答申した[10]。その後、山形市議会の市庁舎建設委員会が老朽化していた山形市役所の新庁舎建設用地を旧県庁が跡地が最も適しているし、県当局と折衝する局面もあったが、県は懇談会の計画に沿って旧県庁跡地を整備するという方針を1977年度末に公式に打ち出した[11]

1984年12月28日に旧県庁舎および県会議事堂が、国から重要文化財に指定されたことを受け、1986年7月から保存・公開にむけた修復工事のほか[3]、周辺を緑地公園に整備する事業が着手され、 1995年9月に事業が完了。同年10月1日に「山形県郷土館」(愛称:文翔館)として開館した。

 
文翔館(第2代山形県会議事堂)
 
文翔館(第2代山形県庁舎)および前庭の県政史緑地

文翔館は、議場ホール(約250名収容)、中庭、2つの会議室、8つのギャラリーが貸し出されているほか、文翔館の前庭にあたる南側には、1.6haの面積に日本庭園噴水・石張りの広場などを備えた「県政史緑地[12]」(地図)が整備されている。文翔館と県政史緑地は別の施設であるが、一括して1つの指定管理者が管理・運営をしており[13]、県民活動の場としての利用のほか、コンサートライブ、その他屋外イベントが行われ、中心部の集客装置として機能している。なお、山形テルサを本拠とする山形交響楽団が、文翔館を練習場[14]および小規模なコンサートの会場として利用している。

文翔館の門前はT字路となっており、正面南方向には七日町商店街を初めとした山形市の中心部繁華街が続く。他の東西2方向は県道19号山形山寺線および県道22号山形天童線であり、文翔館は山形市の都市骨格の交通の要衝にあるランドマークとなっている。また、周辺には山形地方裁判所山形市役所山形県県民会館を初めとした山形の主要施設が集まっている(#周辺参照)。

沿革編集

 
初代山形県庁舎(焼失)
 
第2代山形県庁舎(現・文翔館)
 
第3代山形県庁舎(現庁舎)
前史
山形県郷土館(文翔館)の歴史
  • 1913年大正2年)4月 - 初代県庁舎および県会議事堂の跡地に第2代のそれらを着工。
  • 1916年(大正5年)6月 - 第2代山形県庁舎(地図)、および、第2代山形県会議事堂(地図)が落成。
  • 1930年昭和5年)10月 - 第3代山形県会議事堂が落成。第2代の方は改装して事務室として使用。
  • 1975年(昭和50年)9月 - 地下2階、地上16階の第3代山形県庁舎および第4代山形県議会議事堂が市内松波に完成し移転 。旧庁舎は山形県東南村山地方事務所庁舎として使用開始。
  • 1984年昭和59年)
    • 9月 - 鉄砲町二丁目に山形県東南村山地方事務所庁舎の完成によって、同庁舎にとしての利用を終了。
    • 12月28日 - 国の重要文化財に指定[1]
  • 1986年(昭和61年)7月 - 修理工事を開始。
  • 1995年平成7年)
    • 9月 - 修理工事終了。
    • 10月1日 - 「山形県郷土館」(愛称:文翔館)として開館。

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

  • 旧県庁舎
  • 旧県会議事堂

以上は「山形県旧県庁舎及び県会議事堂 2棟」の名称で重要文化財に指定されている。

他に以下の物件が重要文化財の附(つけたり)指定となっている。

  • 渡廊下 1棟
  • 工事関係記録 7冊
  • 設計図 9枚
  • 旧県庁舎棟札 2枚

利用編集

 
文翔館(第2代山形県庁舎)の3階にある正庁
  • 開館時間:9:00 〜 16:30
  • 入場料無料
休館日

アクセス編集

来館者駐車場が満車の場合は、周辺駐車場を利用。

  • 山形県営駐車場(最初の1時間250円。以後100円/30分)
  • 山形市中央駐車場(最初の1時間250円。以後100円/30分)
  • 民間駐車場(500円/10時間や100円/30分など、料金設定は多彩)

ギャラリー編集

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 山形県旧県庁舎及び県会議事堂文化庁国指定文化財等データベース」)
  2. ^ 文翔館ライトアップ社団法人山形市観光協会)
  3. ^ a b 『新版山形県大百科事典』p.683
  4. ^ 『山形市史 現代編』p.486
  5. ^ 『山形市史 現代編』p.486 - 487
  6. ^ “山形のシンボル守る職人 百年の古時計と刻む人生”. 日本経済新聞. (2015年6月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H0X_W5A610C1000000/ 2017年8月16日閲覧。 
  7. ^ “<文翔館>時の守り人 思い熱く”. 河北新報. (2017年6月9日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170609_53051.html 2017年8月16日閲覧。 
  8. ^ a b 『山形市史 現代編』p.484
  9. ^ 『山形市史 現代編』p.485
  10. ^ 『山形市史 現代編』p.487
  11. ^ 『山形市史 現代編』p.488
  12. ^ 県政史緑地(文翔館:旧県庁)(山形県)
  13. ^ 山形県郷土館及び県政史緑地の指定管理者の候補者選定について(山形県)
  14. ^ 山形交響楽団音楽監督の飯森範親氏と結城学長が対談を行いました山形大学
  15. ^ a b 山形県議会の沿革(山形県)

参考文献編集

  • 山形市史編さん委員会 『山形市史 現代編』 山形市、1981年。
  • 山形放送株式会社新版山形県大百科事典発行本部事務局編 『新版山形県大百科事典』 山形放送、1993年。

関連項目編集

外部リンク編集