新日本航空株式会社(しんにほんこうくう、: New Japan Aviation Co.,LTD.)は、鹿児島県鹿児島空港を拠点として、定期航空路線事業、不定期航空路線事業、遊覧飛行、訓練飛行、航空写真撮影、航空宣伝、航空機格納・整備などの事業を行っている会社である。

新日本航空
New Japan Aviation
IATA
--
ICAO
NJA
コールサイン
Shin Nihon / JAxxxx (機体番号)
法人番号 3340001007271 ウィキデータを編集
設立 1969年7月
拠点空港 鹿児島空港
親会社 有限会社秋定砿油
保有機材数 8機
本拠地 鹿児島空港
代表者 秋定 慈登(代表取締役)[1]
外部リンク http://www.newj.co.jp/
http://www.nja.aero
テンプレートを表示
新日本航空株式会社
New Japan Aviation Co.,LTD.
種類 株式会社
略称 NJA
本社所在地 日本の旗 日本
899-5114
鹿児島県霧島市隼人町西光寺3525-1(鹿児島空港内)
本店所在地 673-0028
兵庫県明石市硯町3丁目1番24号
設立 1969年(昭和44年)7月[2]
業種 空運業
法人番号 3340001007271 ウィキデータを編集
事業内容 定期航空事業、遊覧飛行、宣伝飛行、操縦訓練、航空写真撮影、航空機格納、航空機整備
代表者 秋定慈登(代表取締役)[1]
資本金 8923万9000円
外部リンク http://www.newj.co.jp/
テンプレートを表示

なお、日本航空 (JAL) とは一切関係がなく、2012年度より兵庫県明石市に所在する、有限会社秋定砿油(石油製品卸売販売業)が筆頭株主になっている[3]

概要編集

設立当時より、自家用および事業用操縦士の訓練養成を、鹿児島空港や大利根飛行場仙台空港などで行ってきた。2011年4月より、全ての訓練養成を、鹿児島空港で行っている。

また、鹿児島空港を拠点として、定期航空路線事業のほかに、セスナ機による遊覧飛行、九州・沖縄地域の空港へのチャーター運航を行っている。

2016年(平成28年)より、スカイマークのパイロット養成訓練を受託している。

沿革編集

  • 1965年(昭和40年) - 鹿児島飛行クラブ、旧鹿児島空港(鴨池)に設立
  • 1968年 - 新日本航空株式会社設立
  • 1969年
  • 7月、京葉航空株式会社設立(千葉県)
  • 京葉航空株式会社、社有飛行場を千葉県茂原市に建設
  • 新日本航空株式会社、京葉航空株式会社を買収
  • 京葉航空・本社を東京に移転、主整備基地を松本空港に移設
  • 京葉航空株式会社と合併
  • 東京から鹿児島に本社移転
  • 1985年 - 鹿児島空港に格納庫を建設、主整備基地を松本空港から鹿児島空港に移設
  • 2002年(平成14年) - 但馬飛行場へ主整備基地移転/関東運航所を但馬飛行場に移転
  • 2011年 - 但馬運航所を廃止、新潟運航所を開設
  • 2014年 - 鹿児島-薩摩硫黄島線開設/新潟-佐渡線休止
  • 2016年 - スカイマーク株式会社のパイロット養成訓練を受託

定期航空事業編集

かつては、新潟空港も拠点としていた。2011年7月29日より、旭伸航空が撤退した新潟 - 佐渡線に就航した。所要時間は片道25分で、運航本数は季節により変動していた[4]。しかし、2014年3月28日に、同3月31日をもって新潟 - 佐渡線を無期限で運休すると発表[5]。さらに、同年4月15日には、新潟運航所を閉鎖した事が発表された[6]

2014年8月13日鹿児島空港 - 薩摩硫黄島飛行場へ週一往復を就航[7]。毎週水曜日運航であったが、2015年4月13日からは月曜日を含む週2往復となった。セスナ 172を機材として使用。島民は運賃の割引がある。

2017年9月、同社の単発プロペラ機セスナ172Pが、鹿児島空港から三島村の薩摩硫黄島飛行場に着陸した際に、強い着陸となったため、機体前部の「隔壁」と呼ばれる部分にある前脚の取り付け部に亀裂ができたり、胴体の下側にゆがみが出来たりしたことなどが2019年3月になって明らかになった。乗っていた3人にけがはなかった [8]

保有機材編集

 
新潟空港で撮影された、
Britten-Norman BN-2 Islander
 
同社保有のセスナ172

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

外部リンク編集