メインメニューを開く

CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)とは、ルノー=日産アライアンス(現・ルノー・日産・三菱アライアンス)に基づき、日産自動車ルノーが共同開発したプラットフォームを基幹としたFFとFFベースの4WD車用のエンジニアリングアーキテクチャーである[1]

目次

概要編集

基本的に「コックピット」、「エンジン」、「フロントアンダーボディ」、「リヤアンダーボディ」の各モジュールに「電子アーキテクチャー」を加えた5つのモジュールから構成されるのがCMFである。

従来、セグメントごとに設計・開発・製造していたプラットフォームを、複数のプラットフォームに共通したモジュールとして増加させることで、コンポーネントを共有化し、プラットフォームごとの台数を増やすことが出来るシステムとして開発された。これにより、コンパクトカークラスから大型セダンSUVまで幅広く展開させることが可能であると同時に、ルノー=日産アライアンスの特徴であるスケールメリットを活かし、「開発費削減」「部品点数削減」「製造コスト削減」「工期短縮」を効率よく行うことで、すべてのアイテムの経費を軽減させる役割も担う。

設計思想としては、フォルクスワーゲンの「MQB(モジュラー・トランスバース・マトリックス)[2]」やボルボの「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)」ならびに「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」、マツダの「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ・テクノロジー)」とほぼ同じであるが、トヨタ自動車の「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」ならびにダイハツ工業の「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」とはモジュール化の部分以外、やや違った構想である。

尚、CMFは2013年発表のローグエクストレイルを皮切りに、順次、日産(含:インフィニティダットサン)、ルノー、ルノーサムスンダチアの各車種に採用され[3]、2016年に資本業務提携し、ルノー=日産アライアンスの傘下に収めた三菱自動車工業の車種にも2019年頃から採り入れる予定である[4]

フューエルリッドは車両右側にある。

CMF採用車種編集

 
キャシュカイ
 
ルノーサムスン・SM6

CMF-C/D

CMF-A

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ CMF自体はプラットフォームではない。
  2. ^ 本来、MQBとはドイツ語でモジュールキットを意味するModulare Quer Baukastenの頭文字をとったもの。
  3. ^ 【日産 エクストレイル 新型発表】新設計思想「CMF」の第1弾Response.2013年10月24日(2013年12月19日 閲覧)
  4. ^ 日産・三菱自、車台を共通化-19年にも新型SUVから日刊工業新聞2017年3月4日
  5. ^ L47型ルノーサムスン・SM7をベースとした中国向けとは別物

外部リンク編集